FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

出会った巨樹

巨樹・巨木・古木・・・ほとんど樹木です。命の大きさ、土地の歴史、人とのつながり・・・

總願寺の巨木たち 

以前訪れた時は、ちょうど火渡り式の日で人も多く、木より火渡り式をじっくり見てしまいました。總願寺をよく知る方からイチョウの巨樹の場所を教えていただき再訪しました。イチョウが多いですが、多様な木が植栽されていました。

●埼玉県加須市
最大イチョウ※(2000)実測(2020)
樹高40m
幹周5.43m約5.7m
推定樹齢300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 龍蔵寺の大イチョウ(約1.3㎞)
●撮影年月日 2020年6月24日

駐車場寄りの大きな石碑が並ぶ後方に、總願寺で最大のイチョウ。
200624總願寺①

200624總願寺②

少し離れたイチョウは幹周3.65mですが、負けないくらいの樹冠です。
200624總願寺③

山門の東手のイチョウも存在感あり。幹周3.26mと2.99mです。
200624總願寺④

200624總願寺⑤

二股のイチョウ。幹周3.23mと1.86mで、5.09mです。
200624總願寺⑧

最大のイチョウの近くのアラカシ。
200624總願寺シイ

タブノキ。
200624總願寺タブ②

斜めのアカマツ。
200624總願寺アカマツ

塀沿いにスダジイが6本並んでいました。
200624總願寺スダジイ

サクラが多く、毎年お花見イベントが開催されます。
200624總願寺ソメイヨシノ

エノキ。中で別のエノキが育ったのか・・・奇妙な幹です。
200624總願寺エノキ


總願寺
真言宗智山派の寺院です。案内板によると、弘法大師の甥の智證大師作の不動明王像が、長暦3年(1319)の大洪水でこの地に流れ着き、村の人々は尊いことと不動堂を建立し、地名も「岡村」から「不動ヶ岡」と改めました。元和2年(1616)に高野山の總願上人がこの地に来られ、總願寺を創建しました。関東三大不動明王の一つとされています。
柴燈護摩(さいとうごま)火渡り式

200624總願寺

200624總願寺山門

住 所 埼玉県加須市不動岡2-9-18
交 通 東武伊勢崎線「加須駅」より約1.9㎞
    加須市観光レンタサイクル

總願寺MAP

スポンサーサイト



Posted on 2020/08/05 Wed. 05:22 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

古城天満宮のイチョウ 

羽生城址の碑が建ち天神郭の推定地とされる古城天満宮に立つイチョウです。社殿すぐそばにありますが、注連縄は無いので御神木ではないようです。

●埼玉県羽生市
●周辺巨樹 田長神社のスギ(約1.9㎞) 薬師堂のイチョウ(約1.9㎞)
●撮影年月日 2020年6月24日

失われた部分があるので、見る方向によっては個性的な姿。
200624古城天満宮①

200624古城天満宮②

3本の株立ちです。
ひとまとめに測ると幹周6.07m。それぞれは4.96m・1.38m 1.3m
200624古城天満宮④


古城天満宮
元慶3年(879)俵藤太秀郷により創建されました。御祭神は菅原道真公。羽生城主の木戸忠朝も菅公を敬い古城天満宮と改称して城の守護神としました。指定文化財に、羽生菅公廟梅樹記の碑、天満宮の額、羽生城跡の碑があります。
200624古城天満宮③

住 所 埼玉県羽生市東5-7
交 通 東武伊勢崎線・秩父鉄道「羽生駅」東口より約1.9㎞
    「羽生駅」東口より羽生市あいあいバス乗車「東町郵便局前」下車約700m

  羽生市あい・あいバス情報(月~金曜 本数少ない)
  はにゅう観光レンタサイクル(羽生駅東口より約700m 羽生市民プラザ内)

古城天満宮MAP

Posted on 2020/08/03 Mon. 06:06 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

田長神社のスギ 

小さい神社ですが、花も植えられ雰囲気良く、東埼玉では珍しい御神木スギが立ってます。写真を撮っていたら、神社を管理されている三村家の方がいらっしゃり、お話を伺うことができました。スギはかつて雷で大きく損傷したそうですが、見事に蘇生した生命力をたたえられていました。

スギに詳しいN様より情報をいただきました。(2020年8月1日)
枝をかなり伸ばして下部はかなり枝打ちされているのでウラスギの血が混じっているそうです。スギは、雪の多い日本海側に分布するウラスギと、雪の少ない太平洋側に分布するオモテスギがあります。

●埼玉県羽生市
案内板(2018)
樹高20m
幹周5.3m
推定樹齢370年

●周辺巨樹 薬師堂のイチョウ(約1.3㎞) 古城天満宮のイチョウ(約1.9㎞)
●撮影年月日 2020年6月21日

200621田長神社大杉②

根元には、弁財天が祀られています。
200621田長神社大杉⑨

上部が荒々しく見えましたが、過去に雷が2回落ちて裂けたそうですが、いつの間にか元通りになったそうです。
200621田長神社大杉④

200621田長神社大杉①


田長神社
菅原道真から分かれた五条為経を父に持つ三村家初代 三村吉左衛門経治が寛永年間に仁科神明宮分社として建立しました。御祭神は天照大御神。三村家は二代に渡り書家で、境内の案内板も直筆、御朱印も承っています。先代は日本の書道発展に貢献したとして、境内に顕彰碑が建立(2017年)されました。

三村家の御先祖は宮大工で、この社殿を手がけたそうです。造りが違い、彫刻も良いです。
200621田長神社大杉⑤

彫刻の狛犬、珍しいことにに頭に角が生えています。
200621田長神社大杉⑦

こちらは頭に宝珠らしきものがついています。
200621田長神社大杉⑧

住 所 埼玉県羽生市本川俣514
交 通 東武伊勢崎線・秩父鉄道「羽生駅」より約1.8㎞

田長神社MAP

Posted on 2020/08/01 Sat. 22:37 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 12

徳性(とくしょう)寺のイチョウ 

6年ぶりに訪れましたら、大きな樹冠のイチョウだったはずが、樹冠無くなっていました・・・大枝が切られたのは最近のようです。

●埼玉県加須市
※(2000)実測(2020)
樹高35m
幹周5.51m約5.6m
推定樹齢300年以上
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2020年6月21日

200621徳性寺イチョウ①

雷を受けた跡が残っています。
200621徳性寺イチョウ②

本堂の真裏です。
200621徳性寺イチョウ③

切られた大枝、やはり大きいです。
200621徳性寺イチョウ④

山門の両側にあるイチョウの巨木も寂しくなってしまいました。
200621徳性寺イチョウ⑤


●撮影年月日 2014年5月17日
行った日は強風で、誰もいないところで巨樹の葉の大きなざわめきの中に一人いるのは、心が洗われるような良い場でした。
140517埼玉 徳性寺の銀杏①

140517埼玉 徳性寺の銀杏②

140517埼玉 徳性寺の銀杏④


徳性(とくしょう)
寺伝では、鎌倉時代の武将小山朝政が崇めた薬師如来像を安置して祈願所としたのが始まりといわれています。
江戸時代に山門や堂宇が完成し、明治6年(1873)に大越学校が開校されました。
市の指定文化財「寺小屋絵馬」は文久438年(1864)の製作で、当時の教育の様子が描かれています。女子教育も行われ、住職(師匠)が全体を統括し、商人などが助手となり手ほどきをしていたそうです。
200621徳性寺イチョウ⑥

住 所 埼玉県加須市大越1984 徳性寺
交 通 東武日光線「柳生駅」・東武伊勢崎線「加須駅」南口よりシャトルバス
    「徳性寺西」下車
    加須市コミュティバス情報(月~土曜 本数少ない)
    加須市観光レンタサイクル

徳性寺MAP

Posted on 2020/08/01 Sat. 07:04 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

永明(ようめい)寺のイチョウとヒバ 

永明寺を訪れる人は、雄大に立つ御神木のイチョウに目を奪われることでしょう。イチョウは雌木で実をつけます。

イチョウの北側は永明寺古墳です。堆積した火山灰から5世紀末~6世紀初頭のものと考えられているそうですが、出土品は6世紀中頃~後半と推定されています。巨樹を巡るイコール社寺を巡っていると、古墳の近くや古墳上に社寺や巨樹があることがあります。今まで自分が遭遇しただけで13か所。古墳を祀るために、後から社寺の創建や樹木の植栽があったのかもしれません。

●埼玉県羽生市
●羽生市指定天然記念物
イチョウ案内板(2016)実測(2020)
樹高約28m
幹周4.92m約4.98m
推定樹齢500年越え

●撮影年月日 2020年6月21日

200621永明寺イチョウ⑤

200621永明寺イチョウ①

200621永明寺イチョウ④


本堂前にヒヨクヒバの御神木。
幹周3.59m(主幹2.14m) 樹高9m(環境省 1988)
200621永明寺ヒバ①

200621永明寺ヒバ②


永明寺
真言宗豊山派。堤の延命寺の末寺です。利根川中流十三佛霊場。
文化財が多く、イチョウ、永明寺古墳、石像仁王像、薬師尊の額、銅像阿弥陀如来立像、木造薬師如来座像があります。 
200621永明寺イチョウ⑥

住 所 埼玉県羽生市下村君2278
交 通 東武伊勢崎線・秩父鉄道「羽生駅」東口より約6.7㎞
    「羽生駅」東口より羽生市あいあいバス「井泉・村君ルート」乗車
    「永明寺前」下車(月~金曜 本数少ない)

    羽生市あい・あいバス情報
    はにゅう観光レンタサイクル
    (羽生駅東口より約700m 羽生市民プラザ内)

永明寺MAP

Posted on 2020/07/31 Fri. 06:39 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

薬師堂のイチョウ 

周囲に高いものが無く見通しが良いので、遠方からでも分かります。社殿の両側にイチョウがあり、主幹はもしかして同じくらいの幹周ではと思われますが、1本はひこばえが多く株立ちになり枝葉が生い茂り、1本は雷を受けたようで、かなり衰えてしまっています。かつては薬師堂を守る立派な2本立てだったことでしょう。

●埼玉県羽生市
●周辺巨樹 田長神社のスギ(約1.3㎞) 古城天満宮のイチョウ(約1.9㎞)
●撮影年月日 2020年6月21日

200621稲子諏訪神社①

200621稲子諏訪神社④

こういう状況なので、幹周測りも正確さに欠けますが、約4.5m。
200621稲子諏訪神社⑤

社殿向かって左側のイチョウ。雷で大きな損傷を受けたようです。
200621稲子諏訪神社⑥

薬師堂
詳細は不明です。隣接して墓地があることから、廃寺になって薬師堂だけが残されたのかもしれません。
200621稲子諏訪神社⑦

住 所 埼玉県羽生市稲子343-1
交 通 東武伊勢崎線・秩父鉄道「羽生駅」東口より約2.6㎞

    はにゅう観光レンタサイクル
    (羽生駅東口より約700m 羽生市民プラザ内)

薬師堂MAP

Posted on 2020/07/30 Thu. 05:58 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

上間久里香取神社のイチョウ 

地域の土地企画整理に伴って整備された神社で、スロープや手すりなどがついたバリアフリーの社殿で、体の不自由な人も参拝できます。整備された中で、昔の名残を残しているかのようにイチョウの巨木が1本あります。

●埼玉県春日部市
●撮影年月日 2020年6月21日

幹周約3.34m。
200621上間久里香取神社①

200621上間久里香取神社②


上間久里香取神社
創建は不明です。御祭神は経津主命(ふつぬしのみこと)。江戸時代は上間久里村の鎮守で、明治時代に神社合祀令で同村の天神社を合祀して村社になりました。地域の土地区画整理事業を契機に、平成14年(2002)に天神社旧地(境外地)の一部を売却し、本殿、幣殿、拝殿及び末社の建築並びに境内整備が行われました。
200621上間久里香取神社③

住 所 埼玉県春日部市千間台東1-23-2
交 通 東武伊勢崎線「せんげん台駅」東口より約350m

上間久里香取神社MAP

Posted on 2020/07/27 Mon. 05:11 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 4

有瀧家のタブノキ 

2019年3月に写真を撮られた人のブログ記事では、強剪定されて葉がわずかしか残されていないタブノキでした。1年と3か月後、あまり期待をしないで訪れましたら、びっしりと葉をつけていました。生命力旺盛です。
タブノキは、黒板塀のあるマンション「たぶの木の家」の敷地内にあるので、遠くから写真を撮らせていただきました。

ここから1㎞程離れて越谷アリタキ植物園があります。植物学者の故・有瀧龍雄氏の個人植物園が市に遺贈されたものです。同じ「有瀧」なので御親族なのでしょう。

●埼玉県越谷市
●越谷市指定天然記念物
案内板(2002)※(1988)
樹高17m13m
幹周3.7m3.85m
推定樹齢400年以上300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 浅間神社のケヤキ(約280m) 久伊豆神社の藤(約1㎞)
      越谷アリタキ植物園のシナサワグルミ(約1㎞)
      中村家のイチョウ(約1.3㎞)
●撮影年月日 2020年6月21日       

以前は、黒塀の前に市指定天然記念物の案内板があったようなのですが、何故か見当たりませんでした。でも市の天然記念物です。
200621有瀧家のタブノキ①

敷地内に入るのははばかれたので遠方から。根元は古木の風情ありそうです。
200621有瀧家のタブノキ②

マンション名は「たぶの木の家」です。
200621有瀧家のタブノキ③


住 所 埼玉県越谷市中町8-2
交 通 東武伊勢崎線「越谷駅」東口より約550m

有瀧家のタブノキMAP

Posted on 2020/07/26 Sun. 05:54 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

忍(おし)諏訪神社の御神木 

立ち寄る予定ではなかった忍諏訪神社の前を通りかかりましたら、「諏訪の大木」という大案内板の文字が飛び込んできました。
大案内板には、神社と杜が守られた経緯が記されていました。

忍城は江戸に一番近い親藩だったので、明治4年(1871)12月明治政府から忍城全ての取り壊しを命ぜられました。2年後、忍城の建物は何一つ残さず取り壊され、杉の大木も次々伐採されていきました。諏訪神社の拝殿のすぐ近くまで伐採が行われていたある日、切っていると突然杉から生血のような赤いものが流れだしました。「ご神木から生血が流れた、切る人にバチがあたる」と、誰も手をだす者がいなくなり、そのために諏訪の森だけは御神木ということで、現在まで残ったのだそうです。

神社には鳥居のそばにイチョウの御神木、拝殿左奥にスダジイの御神木が立っています。

●埼玉県行田市
●周辺巨樹 佐間天神社の欅(約1.3㎞)
●撮影年月日 2020年6月18日

御神木のイチョウ
200618忍諏訪神社①

200618忍諏訪神社②

社殿の後方にスダジイの樹冠
200618忍諏訪神社⑤

立入禁止で、色々な角度から撮影はできませんでした。風格のあるスダジイです。
200618忍諏訪神社④


忍諏訪神社
建久年間(1190~1199)忍三郎・忍五郎家時等一族が居住してきた頃に創建されたとも、成田親泰が延徳3年(1491)に忍城を築城した際に持田村鎮守諏訪社(持田諏訪神社)を遷座したとも伝えられています。御祭神は、建御名方命(たけみなかたのみこと)・八坂刀売命(やさかとめのみこと)の夫婦神。
明治になり、忍城内にあった神社を忍諏訪神社境内に遷座したといわれています。
200618忍諏訪神社⑨

住 所 埼玉県行田市本丸12-5
交 通 秩父鉄道「行田市駅」より約1㎞

忍諏訪神社MAP

Posted on 2020/07/24 Fri. 05:46 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

馬見塚神明社のケヤキ 

社殿向かって左脇に立つ御神木ケヤキです。若い枝が高く伸びて大きく樹冠を作り、幹も立派ですが、裏に回ったら大きく空洞化していました。幹周を測るべく、幹の周りを一周しましたが、クモの巣が行く手を阻み、けっこういい加減な測り方になりました。

●埼玉県行田市
※(2000)実測(2020)
樹高15m
幹周5.6m約5.66m
推定樹齢300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2020年6月18日

200618馬見塚神明社欅①

200618馬見塚神明社欅③

200618馬見塚神明社欅⑥


馬見塚神明社
創建は不明です。馬見塚字上の鎮守であったと伝えられています。御祭神は天照大御神の別名の大日孁貴命(おおひるめのむちのみこと)。 明治42年((1909)神社合祀令で馬見塚の久伊豆社・諏訪社・稲荷社を合祀しました。
「馬見塚」の地名の由来は「風土記稿」によると、昔、村内東部の御堂塚付近に馬市が立ち、塚の上から馬の良否を見分けたとのことです。
200618馬見塚神明社欅⑦

住 所 埼玉県行田市馬見塚731
交 通 秩父鉄道「行田市駅」より約4.2㎞

    行田市観光レンタサイクル
    (行田市駅南口約500m「ぶらっと♪ぎょうだ」)
    行田市 市内循環バス
    (北西循環コース「福祉の里おきな」下車約300m 本数少ない)

馬見塚神明社MAP

Posted on 2020/07/23 Thu. 06:51 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 4

真名板薬師堂の公孫樹 

3本のイチョウが、薬師堂の前で東西に一列に並ぶように立っています。西側の2本が雄木、東側の1本が雌木です。
写真を撮っていたら、隣の墓地にお参りに来られた地元の高年男性が立ち寄られ、色々なお話をしてくださいました。

●埼玉県行田市
●行田市指定天然記念物
案内板(2011)
樹高30m
幹周5.6m・5.3m・3.6m
推定樹齢700年
 
●周辺巨樹  清法寺のまき(約2.5km)
●撮影年月日 2020年6月18日

200618真名板薬師堂①

一番西のイチョウ。昔、雷が落ちて幹が割れ、蛇が住み着いていたそうです。現在は割れ目は小さくなったそう。
200618真名板薬師堂②

隣の斜めに生えたイチョウ。昔はフクロウがいたそうです。もっと樹高があったのですが、危ないので上部を切ったそうです。
200618真名板薬師堂

東のイチョウ。地上1.3mの幹周は3本の中で一番小さいですが、上部の方は太くなっています。
200618真名板薬師堂⑤

3本とも、根元から出てくる若いひこばえの葉は切れ込みが大きい。
200618真名板薬師堂⑥


●撮影年月日 2014年11月17日
11月半ば、紅葉の気配は全くありませんでした。
131117埼玉 真名板薬師堂①

 
真名板薬師堂
江戸時代、新義真言宗花蔵院という寺院がありましたが、明治維新後に廃寺となりました。県指定文化財の銅造伝薬師如来立像が安置されている薬師堂と楼門だけが残されています。薬師如来は両手先がありません。流行り病の時に盗まれたということです。

薬師堂。昔は薬師堂も楼門も漆が塗られていました。
200618真名板薬師堂⑦

楼門。左のこんもりした緑の塊は、真名板高山古墳(埼玉県指定史跡)
200618真名板薬師堂⑧

行田市内最大の板石塔婆(市指定文化財)
200618真名板薬師堂⑨

住 所 埼玉県行田市真名板1532 真名板薬師堂
交 通 秩父鉄道「行田市駅」南口から行田市市内循環バス東循環コース乗車
    「地域文化センター」下車約210m(本数少ない)

    行田市観光レンタサイクル
    (行田市駅南口約500m「ぶらっと♪ぎょうだ」)

真名板薬師堂MAP

Posted on 2020/07/22 Wed. 05:57 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 3

佐間天神社の欅 

境内の樹齢推定400年以上の欅群は、市指定の天然記念物になっていて、一番大きいケヤキが山門のそばに立っています。枝を失っているところに最近増加している強剪定で、このケヤキもかなり寂しくなっていました。

●埼玉県行田市
●行田市指定天然記念物(欅群)
案内板(2011)実測(2020)
樹高30m
幹周5m約5.71m
推定樹齢400年以上

●周辺巨樹 忍諏訪神社の御神木(約1.3㎞)
●撮影年月日 2020年6月18日

200618佐間天神社欅①

200618佐間天神社欅②

200618佐間天神社欅④

2番目に大きいと思われる社殿横のケヤキは、幹周4.17mありました。
200618佐間天神社欅⑤

200618佐間天神社欅⑦


佐間天神社から450m程北の清善寺。山門入って少し行った墓地側のエノキ。幹周は3.34mでしたが迫力ある根で、根の隙間2か所には石造物が祀られていました。
200618清善寺エノキ①


佐間天神社
案内板によると、忍城主の成田氏が忍城築城の折、谷郷、春日社、西を城の没沢の取入口とし、天神坊を出口としたと伝えられています。天神坊を慈眼山安養院の守護神として天神社を勧請しました。御祭神は学問の神 菅原道真公。享保5年12月(1720)京都の唯一神道、吉田殿より「正一位天満天神」の神格を賜りました。
200618佐間天神社欅⑥

住 所 埼玉県行田市佐間1-10-8
交 通 秩父鉄道「行田市駅」より約1.1㎞

行田市観光レンタサイクル(行田市駅南口約500m「ぶらっと♪ぎょうだ」)

佐間天神社MAP

Posted on 2020/07/21 Tue. 06:11 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

智方(ちかた)神社のケヤキ 

鳥居・社殿正面に立つ大ケヤキです。樹齢伝承700~800年で、幹はかなりな損傷ですが、元気に枝葉を伸ばしています。
2000年の環境省調査で、市内の万年寺に幹周6.02m、樹高8mのケヤキが掲載されていましたが、地図で調べても万年寺というお寺はありませんでした。が、智方神社の案内板に、かつては地名の字として、また寺の名前として「万年寺」があったことが書かれていました。

●埼玉県本庄市
※(2000)実測(2020)
樹高8m
幹周6.02m約6.54m
推定樹齢
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 千代田金鑚神社のクスノキとカヤ(約2.2㎞)
●撮影年月日 2020年6月7日


200607智方神社ケヤキ③

根元は芽吹きでいっぱい。
200607智方神社ケヤキ④

すぐそばに1本の若木。新芽が成長したものでしょうか???
200607智方神社ケヤキ⑤


200607智方神社ケヤキ①


智方神社
案内板によると創建は、茂木家が下野の方から万年寺(字)に移住した際に氏神として建立し、村の発展に伴って字全体で祀るようになったという一説があります。『風土記稿』小島村の項に「智方明神社 村民持」と載っていますが、古くは万年寺という寺があって、その寺の持ちであったとする伝えもあります。御祭神は、天児屋根命(あめのこやねのみこと)です。
200607智方神社ケヤキ⑦

住 所  埼玉県本庄市小島179
交 通  JR高崎線「神保原駅」より約1.6㎞

智方神社MAP

Posted on 2020/07/20 Mon. 05:24 [edit]

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

千代田金鑚神社のクスノキとカヤ 

寛永16年(1639)本庄城主小笠原信嶺の孫、忠貴が社殿建立の記念として献木したと伝えられる御神木のクスノキは、県指定の記念物、同時にカヤとモミも植えられましたが、残念ながらモミは平成の初めに枯れてしまったそうです。
境内は巨木が多く、木の解説札がつけられて鎮守の森が大事にされています。

●埼玉県本庄市
●埼玉県指定天然記念物
クスノキ案内板(1985)案内板(2013)
樹高約20m30m
幹周5.1m6m
推定樹齢300年以上およそ400年

●撮影年月日 2020年6月7日

200607千代田金鑚神社①

200607千代田金鑚神社③

すぐそばに、クスノキと同時に植樹されたカヤ。市指定天然記念物です。
200607千代田金鑚神社④

幹周3.47m 樹高25m(環境省 2000)
200607千代田金鑚神社⑥


千代田金鑚神社
創建は欽明天皇二年(541)、御祭神は、天照大御神 (あまてらすおおみかみ)・素戔嗚尊 (すさのおのみこと)・日本武尊 (やまとたけるのみこと)。武蔵七党の一つである児玉党の氏神とし崇拝され、歴代の本庄城主の崇信も厚かったと伝えられています。県指定文化財に社殿とクス、市指定文化財にカヤ、大門、神楽、小笠原忠貴筆建立祈願文があります。
200607千代田金鑚神社⑧

住 所 埼玉県本庄市千代田3-2-3
交 通 JR高崎線「本庄駅」より約1.4㎞

金鑚神社MAP

Posted on 2020/07/19 Sun. 07:31 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

宝蔵寺のマキの大木 

県道131号線(児玉新町線)沿いに立つ宝蔵寺のコウヤマキです。上部は失われ、枝落としもかなりされて、葉が少なくなってしまいましたが、たくましい幹が途中から二股に分かれ、つかず離れずまっすぐ伸びているのが分かります。

●埼玉県児玉郡上里町
●上里町指定天然記念物
※(2000)実測(2020)
樹高15m
幹周5m約5.15m
推定樹齢300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2020年6月7日

200607マキの大木①

200607マキの大木③

200607マキの大木④


住 所 埼玉県児玉郡上里町大御堂 宝蔵寺前
交 通 JR高崎線「本庄駅」・JR八高線「丹荘駅」より朝日バス「神泉総合
    支所」行き乗車「三町四つ角」下車約1km

宝蔵寺MAP

Posted on 2020/07/18 Sat. 05:20 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

神川金鑚(かなさな)神社の旗懸銀杏と多婦の木 

本殿を設けずに、神体山の御室山(御室ヶ獄)を拝する、古代の祭祀を今も伝える神社です。参道を進み、境内に入る手前の向かって右に、旗懸銀杏と呼ばれる御神木が立っています。近くには行かれませんが、樹齢約550年といわれるイチョウで 源義家奥州平定が植えたイチョウの二代目伝えられています。

●埼玉県児玉郡神川町
※(2000)
樹高20m
幹周3.8m
推定樹齢
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2020年6月7日 

200607神川金鑚神社銀杏①

200607神川金鑚神社銀杏②


赤い橋を渡る手前、向かって左のタブノキは幹周はそれほどでもないですが、存在感があります。
200607神川金鑚神社タブ③

根元に石碑があります。大正4年(1915)大正天皇御即位記念に植樹された「多婦の木」です。2020年現在で樹齢105年です。
200607神川金鑚神社シイ①

200607神川金鑚神社シイ②


神川金鑚神社
旧官幣中社で、平安時代中期の延喜式神名帳にも記載されている古社です。
景行天皇41年(111)日本武尊が東征の際に創祀したと伝えられています。御祭神は、天照大神 (あまてらすおおみかみ)・素戔嗚尊 (すさのおのみこと)、配祀神に日本武尊 (やまとたけるのみこと)。
「金鑚」は、古くは「金佐奈」と記され、語源として、砂鉄を意味する「金砂(かなすな)」や産出された砂鉄の塊が昆虫のサナギのようだったことから「金サナギ」が考えられています。

拝殿
200607神川金鑚神社①

中門
200607神川金鑚神社②

多宝塔(国指定重要文化財)
200607神川金鑚神社④

御獄山の「鏡岩」(国指定特別天然記念物)
200607神川金鑚神社⑤

御嶽山の石仏群。江戸時代に盛んだった巡礼で寄進されたもので、現在七十余体が残っています。
200607神川金鑚神社⑥


住 所 埼玉県児玉郡神川町字二ノ宮750
交 通 JR高崎線「本庄駅」・ JR八高線「丹荘駅」より朝日バス「神泉総合
    支所」行き乗車 「新宿」下車約1.5㎞

金鑚神社MAP

Posted on 2020/07/17 Fri. 05:35 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

元新宿八幡神社のイチョウ 

元気で健康的なイチョウです。環境省調査では樹齢300年以上の古木ですが、幹や根の傷みもなく若々しいです。
氏子の方がいらっしゃりお話を伺いました。数年に一度枝おろしをしているそうですが、かかる費用の工面も氏子が減り続けて収入が減る中大変で、いっそイチョウを伐採の意見もあるそうです。
以前、別の神社でも神社や巨木の維持が難しくなっている話を伺いました。地域の古い歴史と共にある神社や伴う巨木が危機的なところが増えています。

●埼玉県春日部市
※(2000)実測(2020)
樹高25m
幹周3.8m約3.88m
推定樹齢300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 藤塚香取神社のケヤキ(約1.6㎞) 秋葉神社の夫婦松(約1.6㎞)
●撮影年月日 2020年6月2日

3年前にかなり枝おろしをしたそうです。
200602元新宿八幡神社①

200602元新宿八幡神社②


元新宿八幡神社
旧粕壁宿は、八幡神社が三社祀られているうちの一社で「元新宿の八幡様」と呼ばれています。
創建は、天正2年(1574)北条氏の家臣関根家図書助が宇佐八幡宮の分霊を勧請し、関根図書助が弓を射り、矢の落ちたこの地を神慮に叶った鎮座地としたとも伝えられています。御祭神は誉田別尊 (ほむたわけのみこと)です。
200602元新宿八幡神社④

200602元新宿八幡神社⑤

200602元新宿八幡神社⑥ 200602元新宿八幡神社⑦

住 所 埼玉県春日部市南3-18-17
交 通 東武伊勢崎線「一ノ割駅」より約1㎞

元新宿八幡神社MAP

Posted on 2020/07/16 Thu. 07:05 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

梅田女體(にょたい)神社の巨木たち 

古利根川と古隅田川に囲まれた低湿地に鎮座する神社です。村内の子どもの夭逝が多かったことを憂いて、子どもの成長を祈願するために創建された神社です。
かつての鎮守の森は強剪定などですっきりしていますが、ちょっと子ども向けのテーマパークの木ようにも思えてきました。

●埼玉県春日部市
●周辺巨樹 最勝院のシイノキ(約400m) 
      八坂香取稲荷合社のイチョウ(約850m)
      春日部八幡神社のイチョウ(約1.1㎞)
●撮影年月日 2020年6月2日

御神木のイチョウ。測った幹周のメモを紛失・・・3mは超えていたかと・・・
200602梅田女體神社①

富士塚脇のイチョウは、葉に覆われまくっていました。
200602梅田女體神社②

境内の一部は「梅田ちびっ子広場」で遊具が設置されています。滑り台脇のケヤキ。木登りしたいと思う子どももいるかも。
200602梅田女體神社③

木の形そのもののタブノキ。
200602梅田女體神社④

かなり枝が詰められているイチョウやケヤキ、元から細長い木なんだと子どもが思い込まないかと少々心配ながら、どことなくユーモラスにも見え、大きな木を身近な存在に育って欲しいと思いました。
200602梅田女體神社⑤


梅田女體神社
創建は延喜元年(901)、当地に住んでいた織部という人が子供の夭逝が多い事を憂えて、国生みと神生みの伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀ったのが始まりと伝えられています。社殿脇の富士塚は、毎年7月1日には富士山の山開きの日から数えて1年以内に産まれた赤ちゃんの成長を願い、赤ちゃんを背負ってこの富士塚を登り、お祓いなどを受ける初山参りが行われます。
200602梅田女體神社⑥

鳥居側は、古利根川の支流である古隅田川がのどかな風情で流れています。
200602梅田女體神社⑦

住 所 埼玉県春日部市梅田1-2-31
交 通 東武伊勢崎線「北春日部駅」より約750m

梅田女體神社MAP

Posted on 2020/07/15 Wed. 05:57 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

城山稲荷神社のケヤキ 

城山稲荷神社は、参道の約80本の桜並木が名所になっていますが、境内の大ケヤキも巨樹なだけでなく、広範囲に伸びた根元の保護のされ方も印象深いです。弘治2年(1556)本庄実忠が本庄城築城の時に献木されたと伝えられています。

●埼玉県本庄市
●埼玉県指定天然記念物
案内板※(2010)
樹高24.5m
幹周6.3m(根回り13.3m)6.9m
推定樹齢およそ400年
※埼玉県『国・県指定等文化財一覧 県指定天然記念物』(2010)

●周辺巨樹 沼和田宝輪寺のカヤとクス(約2.1㎞)
●撮影年月日 2020年5月26日

200526城山稲荷神社①

2012年2月26日の写真(知人H様より)。当時はサルノコシカケが多く生えていたそうです。200526城山稲荷神社-原田さん

現在は、影響の出ていた幹の部分もろとも除去されたので、空洞が増えました。
200526城山稲荷神社⑤

根の保護のため、土もかなり盛られました。
200526城山稲荷神社⑦

柵内には、天保15年(1844)造営され平成11年(1999)に解体された旧社殿の鬼瓦が並んでいます。
200526城山稲荷神社⑧

ケヤキは『ほんじょうかるた』にも登場。「ケヤキの木 歴史を語る 城山稲荷」
200526城山稲荷神社⑨


市指定天然記念物のヤブツバキ。戦国時代に本庄城主の本庄実忠が西本庄の地から椿稲荷明神を勧請したことにちなんで植えられたそうです。幹周1.2m。
200526城山稲荷椿


城山稲荷神社
弘治2年(1556)本庄宮内少輔実忠が、本庄城の守護神とするため、西本庄より椿稲荷明神を城内に勧請したと伝えられています。御祭神は倉稲魂命(うかのみたまのみこと)。天正18年(1590)に城主になった小笠原氏が社殿を再興、天保15年(1844)に再建、現在の社殿は平成12年(2000)に完成したものです。
200526城山稲荷神社⑩

住 所 埼玉県本庄市本庄3-5
交 通 JR高崎線「本庄駅」北口より約1km

城山稲荷神社MAP

Posted on 2020/07/14 Tue. 21:54 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 4

藤塚香取神社のケヤキ 

古利根川そばにある藤塚香取神社は、昭和の初めまで続いた舟運や、それに替わる陸運と藤塚橋の歴史を伝える大きな石碑があります。地域の歴史と共にあるケヤキは、根がしっかり守られて堂々と枝葉を伸ばしていました。

●埼玉県春日部市
●春日部市保存樹木
※(2000)
樹高30m
幹周4.4m
推定樹齢200~299年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 元新宿八幡神社のイチョウ(約1.6㎞)
●撮影年月日 2020年6月2日

200602藤塚香取神社①

根元はドクダミで埋め尽くされています。ちぎったりしなければ匂いもなく可愛い花です。
200602藤塚香取神社②

上部の一部は、枝が落とされて葉が少なめに。
200602藤塚香取神社④

200602藤塚香取神社⑤


一の鳥居側には、ムクノキやエノキの巨木があります。
200602藤塚香取神社⑥


藤塚香取神社
天正6年(1578)光誉上人が下総国一宮香取神宮を勧請したと伝えられています。享保13年(1728)11月、神社管領より正一位香取大明神の神位を授けられました。御祭神は経津主命(ふつぬしのみこと)です。現在の社殿は寛政元年(1789)に造営されました。
200602藤塚香取神社⑦

住 所 埼玉県春日部市藤塚429
交 通 東武伊勢崎線「一ノ割駅」より約850m

藤塚香取神社MAP

Posted on 2020/07/14 Tue. 04:58 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 10

沼和田宝輪寺のカヤとクス 

本堂前にクスノキ、本堂向かって左側の墓地側に市の天然記念物のカヤがあります。カヤの根元周りが山のようで、根回りは10m以上だそう。上部の古木たっぷりの枝葉と下部の若い枝葉と、老いも若きもひとつになって、生命を紡いでいます。

●埼玉県本庄市
●本庄市指定天然記念物
カヤ案内柱※(2000)
樹高27m
幹周4.95m5m
推定樹齢300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 山王堂日枝神社のケヤキ(約650m)
      城山稲荷神社のケヤキ(約2.1㎞)
●撮影年月日 2020年5月26日

200526本庄 宝輪寺③

ひこばえがびっしりで、主幹が見えません。
200526本庄 宝輪寺②

囲いの中の祠の台座は、カヤの根を見立てたものかと思ったり。
200526本庄 宝輪寺④

上部は枯れもありますが、まだまだ旺盛。
200526本庄 宝輪寺⑤


堂々としたクスノキもあります。樹高35m 幹周3.92m(環境省2000年)
200526本庄 宝輪寺⑦

200526本庄 宝輪寺⑥


沼和田宝輪寺
戦国時代末期に開基の古刹です。
200526本庄 宝輪寺⑨

住 所 埼玉県本庄市沼和田869
交 通 JR高崎線「本庄駅」北口より国際十王バス「伊勢崎駅」行き乗車
    「沼和田」下車約700m

宝輪寺MAP

Posted on 2020/07/12 Sun. 06:08 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

山王堂日枝神社のケヤキ 

山王堂日枝神社創建時(1596~1615)に植えられたと伝わるケヤキは、社殿向かって右横に立っています。神社は利根川沿いに鎮座し、明治43年(1910)本殿は破壊され、拝殿は流失した程の大洪水に見舞われましたが、ケヤキは持ちこたえました。

●埼玉県本庄市
●本庄市指定天然記念物
案内板(1986)※(2000)実測(2020)
樹高26m26m
幹周5.1m5.37m5.55m(地上1.1m)
推定樹齢400年以上300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 沼和田宝輪寺のカヤとクス(約650m)
●撮影年月日 2020年5月26日

200526山王堂日枝神社①

200526山王堂日枝神社④

石碑や祠がケヤキの両側に並んでいます。後方は利根川の土手。
200526山王堂日枝神社③

土手から。大きな樹冠。
200526山王堂日枝神社⑥


山王堂日枝神社
創建は建長年間(1596~1615)、御祭神は大山咋命(おおやまくいのみこと)。元禄15年(1702)京都吉田家より正一位大明神の神号を授けられました。明治43年(1910)の大洪水で本殿を破壊され拝殿を流失、同45年(1912)に再建されました。
200526山王堂日枝神社⑦

200526山王堂日枝神社⑧ 200526山王堂日枝神社⑨

住 所 埼玉県本庄市山王堂228-1
交 通 JR高崎線「本庄駅」北口より国際十王バス「伊勢崎駅」行き乗車
    「坂東橋南詰」下車約750m

日枝神社MAP

Posted on 2020/07/11 Sat. 05:52 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

宮鼻八幡神社の大ケヤキ 

迫力ある姿です。根は傷みが激しく、主幹部は空洞化し、アルミ製の帯で幹が解体しないようにか巻かれています。しかし樹勢は衰えておらず生命力の大きさを感じさせます。
長い長い年月、多くの災いや変動に遭って今の姿になっているけれど、土地の人々を見おろしそこに在り続けてきた存在に感慨深いものを感じます。

●埼玉県東松山市
●東松山市指定天然記念物
案内板(2007)※(2000)
樹高12m
幹周根周8m6.14m
推定樹齢700年以上300年以上
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●2020年5月25日

200525宮鼻八幡神社欅①

200525宮鼻八幡神社欅③

200525宮鼻八幡神社欅④

200525宮鼻八幡神社欅⑤



●撮影年月日 2012年11月8日
写真を撮っていたら、昔をよく知る高年の方が、昔の神社の賑わいや、かつては獅子舞が盛んだったこと、この大木が子ども達の遊び場になっていたことなど懐かしそうに話して下さいました。
121108埼玉 宮鼻八幡神社②

121108埼玉 宮鼻八幡神社⑤

121108埼玉 宮鼻八幡神社⑥


宮鼻八幡神社(天満天神社)
昔は宮鼻村の鎮守八幡社でしたが、八幡神社と改称され、愛宕社、山王社、稲荷神社を合祀しています。
宮鼻神社はかつては獅子舞が有名だったそうです。
121108埼玉 宮鼻八幡神社

住 所 東松山市宮鼻223-1
交 通 東武東上線「高坂」駅東口より約1.6km

八幡神社MAP

Posted on 2020/07/10 Fri. 04:29 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

萬松寺(ばんしょうじ)のシイ 

かつて落雷に遭い、枯死したかのような痛手を負ったものの、新しい枝が伸び生命力の強さを表していたシイでしたが、久しぶりに訪れたら何と更に黒焦げで、新しい世代の枝もすべて失われていました。唖然・・・

県の天然記念物指定になっているので、県教育委員会に伺いましたら、昨年(2019)の大晦日に火災に遭ったということです。一見枯れてしまったように見えても芽吹く可能性があるので、枯死の判断はある程度の時間をかけて慎重に行うとのことで、僅かな望みに賭け経過観察中だそうです。ぜひまた芽吹いて、天然記念物として残って欲しいものです。

●埼玉県東松山市
●埼玉県指定天然記念物
案内板(2000)※(2000)※※(2010)
樹高9m13m5.5m
幹周5.7m6.14m6.6m
推定樹齢450~500年300年以上
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース
※※埼玉県 『国・県指定等文化財一覧 県指定天然記念物』(H28)

●撮影年月日 2020年5月25日

200525萬松寺のシイ①

若枝が生えていた側の幹は、黒焦げになっていないので、奇跡の復活を果たして欲しいものです(緑の葉は着生植物)。
200525萬松寺のシイ②

小さな石の不動明王が変わらず安置されていました。
200525萬松寺のシイ③


●撮影年月日 2012年11月8日
121108埼玉 萬松寺の椎①

121108埼玉 萬松寺の椎⑤

121108埼玉 萬松寺の椎③


萬松寺
徳川家旗本渡辺氏を開基として、天正11年(1583)、三河国八名郡和田村(現愛知県豊橋市)に創立。その後、渡辺氏と供に寺も柏崎に移ってきたようです。萬松寺には開創以来植えられている松もあり、樹齢が400年以上といわれています。

121108埼玉 萬松寺の松

住 所 埼玉県東松山市柏崎341 萬松寺
交 通 東武東上線「東松山駅」東口川越観光自動車パークタウン五領線「パーク
    タウン五領」行き乗車終点下車約700m

萬松寺MAP

Posted on 2020/07/09 Thu. 05:47 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 8

粂森(くめもり)稲荷神社のタブノキ 

住宅地のなかにあるので目立ちませんが、細い道沿いに三の鳥居まである小さな粂森稲荷神社があります。小さいながらも木々は神社の体裁を保ち、小道を挟んで大きなタブノキが立っています。注連縄は巻かれていませんが、御神木級の堂々とした巨木です。

●埼玉県草加市
※(2000)実測(2020)
樹高23m
幹周3.18m3.4m
推定樹齢200~299年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 谷塚町のクスノキ(約650m)
●撮影年月日 2020年5月23日

200523粂森稲荷神社タブ①

200523粂森稲荷神社タブ⑦

200523粂森稲荷神社タブ②>


粂森稲荷神社
創建は不明です。御祭神は穀物・食物の神、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)です。
200523粂森稲荷神社タブ⑧

住 所 埼玉県草加市吉町5-7
交 通 東武伊勢崎線「谷塚駅」東口より約650m

粂森稲荷神社MAP

Posted on 2020/07/08 Wed. 05:50 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

小松神社の大銀杏 

小松神社のイチョウは『羽生の昔がたり』に「乳房の銀杏」として語られています。遠い昔、小松殿といわれた平重盛の没後、小松一門が平家の滅亡を憂い東国に落ちのびる時、重盛の墓を掘り起こし、遺骨を高野山や重盛が建立した小松寺、平家と所縁のあるこの小松寺に移しました。葬った上に目印として植えたイチョウは巨木となり、お乳がよく出るよう信仰されたということです。

●埼玉県羽生市
※(1988)
樹高10m
幹周6.1m
推定樹齢300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 上岩瀬のシイノキ(約1.6㎞) 堂城稲荷神社のイチョウ(約2.2㎞)
      堂城稲荷神社の大エノキ(約2.2㎞) 御霊神社のエノキ(約2.3㎞) 
●撮影年月日 2020年5月15日

200515小松神社銀杏②

200515小松神社銀杏⑤

200515小松神社銀杏⑧

200515小松神社銀杏①


小松神社
景行天皇の代(55)日本武尊が東征の折り、この地に小祠を建立し、伊弉諾命(いざなぎのみこと)・伊弉冉命(いざなみのみこと)二柱を祀ったのが始まりと言われています。治承3年(1179)小松内府平重盛が没した後に、小松大明神(平重盛公)が祀られ、目印としてイチョウが植えられました。
200515小松神社

住 所 埼玉県羽生市小松280
交 通  東武伊勢崎線「羽生駅」西口より約1.8㎞

小松神社MAP

Posted on 2020/07/07 Tue. 05:38 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

堂城稲荷神社の大エノキ(伐採) 

2016年に訪れた時、かなり荒れた感じがあり、葉の茂る時期に再訪したいと思っていましたが、平成の時代と共に終焉を迎えたとの情報を頂き、葉を茂らす姿はかなわぬものとなってしまいました。

昔、すぐそばを流れる会の川(現在は用水路)は利根川の本流でした。度々水害に見舞われ、沼や沢ができて蛇が住むような場所だったそうで、このエノキには大蛇が住んでいた伝承がありました。

300年前、大エノキの洞に人食い大蛇と恐れられる蛇が住みつき、里人は困り果てていました。遂に或る家の主人が先祖伝来の太刀で大蛇退治をしました。大蛇の死骸はリヤカー3台分もありました。芝原に大蛇を弔い供養しましたが、主人の家では災難や不思議な事が絶えず、家のそばに蛇塚を作って死骸を移し祠を祀りました。大エノキは御神木として注連縄を飾り、洞には大蛇を水の神と称えて弁天様を祀りました。≪参考:『羽生昔がたり 第17巻』(羽生市役所秘書広報課)≫

●埼玉県羽生市
●周辺巨樹 堂城稲荷神社のイチョウ
      御霊神社のエノキ(約170m) 上岩瀬のシイノキ(約900m)
      小松神社の大銀杏(約2.2㎞)
●撮影年月日 2020年5月15日

幹が大分失われてしまい、幹周は約3m。鳥居の建立は平成30年(2018)1月。
200515堂城稲荷ムク①

根元のくぼみにも、お稲荷様が祀られています。
200515堂城稲荷ムク②

社殿より低くなってしまいましたが、今でも大事な御神木です。
200515堂城稲荷ムク③


●撮影年月日 2016年12月7日
棕櫚やスギ、藤棚に囲まれています。
161207堂城稲荷神社の榎①

161207堂城稲荷神社の榎②

根元の2ヶ所に祠が祀られ、ミニ稲荷がたくさん並んでいました。
161207堂城稲荷神社の榎⑦

161207堂城稲荷神社の榎⑧

社殿正面から。
161207堂城稲荷神社の榎⑪


堂城稲荷神社
昔起きた大蛇退治で胴切りになった大蛇を哀れんで「堂城(胴切)」の神号になったという伝承があります。
五穀豊穣、商売繁盛、社運隆盛のご利益があります。
200515堂城稲荷銀杏⑤

住 所 埼玉県羽生市上新郷  堂城稲荷神社
交 通 秩父鉄道「新郷駅」より約400m

堂城稲荷神社MAP

Posted on 2020/07/05 Sun. 20:37 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

堂城稲荷神社のイチョウ 

樹冠が球形のようなイチョウです。前回来た時は冬で、枝ぶりの良さが印象的でした。稲荷様の木の鳥居がずらっと並び、イチョウとセットで風情があります。

●埼玉県羽生市
●周辺巨樹 堂城稲荷神社の大エノキ
      御霊神社のエノキ(約170m) 上岩瀬のシイノキ(約900m)
      小松神社の大銀杏(約2.2㎞)
●撮影年月日 2020年5月15日

幹周3.8m。
200515堂城稲荷銀杏①

枝ぶりの良いサクラもあるので、開花の頃も来てみたいです。
200515堂城稲荷銀杏②

200515堂城稲荷銀杏③

200515堂城稲荷銀杏⑥


●撮影年月日 2016年12月7日
161207堂城稲荷神社銀杏①

正面から。鳥居左のシュロもイチョウに負けじと頑張って伸びているような。
161207堂城稲荷神社銀杏②

161207堂城稲荷神社銀杏③


堂城稲荷神社
昔起きた大蛇退治で胴切りになった大蛇を哀れんで「堂城(胴切)」の名になったといわれています。五穀豊穣、商売繁盛、社運隆盛のご利益があります。
200515堂城稲荷銀杏⑤

住 所 埼玉県羽生市上新郷  堂城稲荷神社
交 通 秩父鉄道「新郷駅」より約400m

堂城稲荷神社MAP

Posted on 2020/07/03 Fri. 05:37 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 6

上新郷シイノキ 

民家の敷地内にあります。門のところに案内板があります。
家の前の道路は、江戸時代の五街道につながる主要な街道で、日光へお参りするための日光脇往環と呼ばれてきました。この地は新郷宿で、シイノキのある家は、大名や幕府の役人などが宿泊する本陣を務めていたそうです。

●埼玉県羽生市
●羽生市指定天然記念物
案内板(1996)※(1988)
樹高18m18m
幹周根周7.15m5.44m(2本) 主幹2.84m
推定樹齢400年
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 勘兵衛松(約400m) 御霊神社のエノキ(約1.4km)
●撮影年月日 2020年5月15日

200515上新郷シイ①

200515上新郷シイ②


「上新郷シイノキ」から南南東約650mに法性寺があります。徳川家康の鷹狩り伝説に、会の川の畔にあったエノキを残哲上人がこの寺に移したという話があるので、ご住職さんに伺いました。そういう話は聞いたことが無いということでした・・・
巨木ではないですが、曲がりくねったマツがありました。
200515法性寺マツ①

200515法性寺マツ②


住 所 埼玉県羽生市上新郷5937
交 通 秩父鉄道「新郷駅」より約1.2km

上新郷シイノキMAP

Posted on 2020/07/02 Thu. 06:13 [edit]

thread: 自然の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

勘兵衛松 

群馬県から昭和橋を渡って県道7号(日光脇往還)を南下したら、「勘兵衛松」と呼ばれる松並木に遭遇。立ち並ぶ松の中に他のマツとは明らかに風情の違う古木マツがありました。

この松並木は寛永5年(1628)上新郷村を治めていた忍城城主が、家臣の勘兵衛に命じて100本以上のの松が植えられ、松並木は「勘兵衛マツ」と呼ばれるようになりました。昭和56年(1981)の調査では9本が残っていたそうですが、現在、江戸時代からのマツはこの古木1本のみです。

●埼玉県羽生市
●埼玉県指定天然記念物
案内板(2018)
樹高約11.7m
幹周約2.4m
推定樹齢1628年植樹

●周辺巨樹 上新郷シイノキ(約400m) 粟島神社のクロマツ(約2.1㎞)
●撮影年月日 2020年5月15日

200515勘兵衛松①

200515勘兵衛松②

200515勘兵衛松③

住 所 埼玉県羽生市大字上新郷
交 通 秩父鉄道「新郷駅」下車約1.8㎞
    東武伊勢崎線・秩父鉄道「羽生駅」より羽生市あいあいバス「川俣新郷
    ルート」乗車「勘兵衛松」下車(月~金曜 本数少ない)

勘兵衛松MAP

Posted on 2020/07/01 Wed. 05:20 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 8

粟島神社のクロマツ 

利根川沿いの国道122号線に近くにある神社です。趣のある参道を進んでいくと、斜めにせり出したクロマツが出迎えてくれました。、かなりな角度で高く伸びているので支柱で支えられています.。

●群馬県邑楽郡明和町
●周辺巨樹  上州三嶋神社のアラカシ(約1.4㎞) 勘兵衛松(約2.1㎞)
●撮影年月日 2020年5月15日

樹高があるので一見太く見えませんが、幹周3.07mです。
200515三嶋神社黒松②

200515三嶋神社黒松③

200515三嶋神社黒松①


粟島神社
婦人病平癒、子授け、安産など女性の守り神として信仰される淡島信仰(淡嶋・粟島・粟嶋神社)の神社です。御祭神は少彦名命(すくなひこなのみこと)。享保年間(1716~1736)の火災で資料は焼失、創建等は不明です。明治5年(1872)に近隣の10の村の郷社になりました。境内・山林合わせて約1,960坪を有します。利根川沿いの神社なので、文政11年(1828)に川俣河岸渡船六人建立の水天宮があります。
200515三嶋神社黒松⑨

明治34年(1901)建立の狛犬は子だくさん。女性を守る神社の象徴のようです。
200515三嶋神社黒松④ 200515三嶋神社黒松⑤

社殿の彫刻が見事です。
200515三嶋神社黒松⑥

200515三嶋神社黒松⑦

住 所 群馬県邑楽郡明和町川俣
交 通 東武伊勢崎線「川俣駅」より約2.3㎞

粟島神社MAP

Posted on 2020/06/30 Tue. 06:10 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 4

上州 三嶋神社のアラカシ 

川俣駅から南下していくと上州三嶋神社の雑木林が見えてきました。いい風情です。雑木林の横を歩いていくと注連縄のついた御神木発見。アラカシです。アラカシの御神木に出会ったのは初めてです。社殿の西奥に位置しています。

● 群馬県邑楽郡明和町
●周辺巨樹 粟島神社のクロマツ(約1.4㎞)
●撮影年月日 2020年5月15日

アラカシは黒っぽいです。幹周2.9m。
200515上州三嶋神社②

神聖な柱のよう。
200515上州三嶋神社③

道路側から。
200515上州三嶋神社④

200515上州三嶋神社⑤

新枝に花が咲いていました。房のように垂れ下がっているのが雄花で、枝の先に丸っこくついているのが雌花のようです。2年かけて、どんぐりになります。
200515上州三嶋神社⑥


上州 三嶋神社
弘化3年(1846)の火災で社殿や記録を焼失したため、創建等不明です。伊豆の三嶋大社より勧請と伝えられています。御祭神は、大山祇命・赤城大明神(大己貴命・豊城入彦命)です。
利根川に近い地域は、古い水神や水神宮が多く残っています。三嶋神社も利根川の北に位置しているので、明和3年(1766)の水神宮や天保7年(1836)の九頭龍大神 が祀られています。
200515上州三嶋神社⑦

200515上州三嶋神社⑧ 200515上州三嶋神社⑨

住 所  群馬県邑楽郡明和町梅原261
交 通 東武伊勢崎線「川俣駅」より約1.4㎞

上州 三嶋神社MAP

Posted on 2020/06/28 Sun. 08:50 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

群馬県  /  TB: 0  /  CM: 0

浄山寺のイチョウ 

浄山寺の正面にイチョウが並んでいるのを眺めながら、イチョウのお寺と期待して山門をくぐりました。期待したように本堂向かって左奥に大きなイチョウがありました。

●埼玉県越谷市
●撮影年月日 2020年5月12日

2本並んでいますが、手前のイチョウの方が大きく幹周3.48m。
200512浄山寺銀杏①

200512浄山寺銀杏②

200512浄山寺銀杏③


浄山寺
曹洞宗 の寺院です。貞観2年(860)慈覚大師が創建、天正年間まで天台宗慈福寺でしたが、後に曹洞宗に改宗。鷹狩りに訪れた德川家康が寺領300石の御朱印状を与えようとしましたが、住職が過分であると断ったので、鼻紙に「3石」と記した朱印状を与えられ、浄山寺に改称したといわれています。御本尊の地蔵菩薩像は「片目地蔵」と呼ばれています。
200512浄山寺銀杏④

住 所 埼玉県越谷市野島32
交 通 東武伊勢崎線「越谷駅」西口よりバス「岩槻駅東口」行き乗車「野島」
    下車約450m

浄山寺MAP

Posted on 2020/06/26 Fri. 05:43 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 6

増林(ましもり)香取神社のイチョウ 

古利根川沿いの道から神社の裏に入ることができ、裏道はケヤキとスギが並んでいて、参道に負けない良い風情です。イチョウは3m以上の幹周のものはありませんが、何か神社全体に良い気があるような感じです。

●埼玉県越谷市
●周辺巨樹 林泉寺駒止のマキ(約1㎞) 上赤岩香取神社のイチョウ(約1.1㎞)
●撮影年月日 2020年5月12日

イチョウは幹周2.82mですが、古木感があって乳根も何本も伸びています。
200512増林香取神社①

200512増林香取神社②


香取神社
創建は不明です。御祭神は経津主命(ふつぬしのみこと)。増林村の浅間神社が明治時代に村社となり、大正2年(1913)香取神社をはじめ村内の各社は合祀され、浅間神社は護郷神社に改称されました。昭和24年(1949)合祀から解かれました。
200512増林香取神社⑤

社殿は参道の正面でなく左側にあります。
200512増林香取神社③

狛犬は、慶応元年(1865)9月の作です。
200512増林香取神社⑦ 200512増林香取神社⑥

ケヤキとスギが並ぶ社殿裏手の道は、古利根川沿いの道に出ます。
200512増林香取神社④

住 所 埼玉県越谷市大字増林4232
交 通 東武伊勢崎線「越谷駅」東口よりバス「いきいき館」行き乗車「総合体育
    館前」下車約1.1㎞

香取神社MAP

Posted on 2020/06/24 Wed. 05:28 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 6

上赤岩香取神社のイチョウ 

江戸時代に桃を出荷していた「赤岩河岸)」や「赤岩渡し(昭和30年代初期まで続いた)」があった古利根川そばに鎮座する上赤岩香取神社です。この地の歴史と共に生きてきたイチョウの巨木が悠然と立っています。

●埼玉県北葛飾郡松伏町
●周辺巨樹 増林香取神社のイチョウ(約1.1㎞) 林泉寺駒止のマキ(約1.9㎞)
      向畑香取神社の巨木たち(約2.4㎞)
●撮影年月日 2020年5月12日

幹周3.56m。
200512上赤岩香取神社銀杏②

200512上赤岩香取神社銀杏④

柱のようなまっすぐな幹。
200512上赤岩香取神社銀杏③


上赤岩香取神社
創建は不明です。元は富士山信仰の浅間神社でしたが、神社合祀令で明治44年(1911)に香取神社はじめ12社を合祀して社号も香取神社になりました。御祭神は経津主命(ふつぬしのみこと)木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)です。
200512上赤岩香取神社銀杏⑤

住 所 埼玉県北葛飾郡松伏町上赤岩1533
交 通 JR武蔵野線「吉川駅」北口よりバス「エローラ」行き乗車「本村」下車
    約250m
    東武伊勢崎線「北越谷駅」東口よりバス「エローラ」行き乗車「上赤岩」
    下車約650m

上赤岩香取神社MAP

Posted on 2020/06/22 Mon. 06:45 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 4

向畑(むこうばたけ)香取神社の巨木たち 

「松伏」バス停で降り、古利根川にかかる堂面橋を渡って香取神社を目指しました。ケヤキの巨木のある鎮守の森です。風で新緑がザワザワ、サワサワと音楽のように境内を包んでいました。

堂面橋のある辺りは、江戸時代から昭和30年(1955)頃まで「堂面の渡し」があり、松伏地区への買出し利用者が多かったそうです。橋の要望が高まり、最初の堂面橋は自衛隊により木造で造られました。

●埼玉県越谷市
●周辺巨樹 聖徳寺のイチョウ(約550m) 上赤岩香取神社のイチョウ(約2.4㎞)
●撮影年月日 2020年5月12日

一番大きいケヤキ。幹周3.38m。大枝は剪定されてしまったようで、細い枝が大量に伸びて樹冠を形作っています。
200512向畑香取神社①

幹周2.56mのケヤキは、太い根から細い根が何本も伸びて、アメーバーのよう。
200512向畑香取神社③

イチョウ2本の根元が合体して、ひこばえイチョウも伸びています。将来の合体度が楽しみな。
200512向畑香取神社⑤

ムクノキ。
200512向畑香取神社⑦

200512向畑香取神社⑧



向畑香取神社
創建は不明です。川崎村から向畑分が分村した頃に村の鎮守として創建されたのではという説があります。ご祭神は経津主命(ふつぬしのみこと)。
かつては茅葺きの本殿でしたが、老朽化のため昭和46年(1971)に銅板葺きの本殿に建て替えられました。
200512向畑香取神社⑨

住 所 埼玉県越谷市向畑831
交 通 東武伊勢崎線「北越谷駅」東口よりバス「東埼玉テクノポリス南」
    「野田市駅」「松伏給食センター」行き乗車「松伏」下車約700m

向畑香取神社MAP

Posted on 2020/06/20 Sat. 05:34 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

村社香取神社の鎮守の森 

住宅街にある神社ですが、鎮守の森が大切にされています。クスノキが鳥居そばに対に立ち、御神木のケヤキは脇ににあります。社殿の裏に元御神木であったであろう切り株が大事に祀られているのが、とても印象的でした。
赤い社殿、対のように立つ巨木は、武里駅東口の大場下稲荷神社と同じで通じるものがあります。

●埼玉県春日部市
●周辺巨樹 大場下稲荷神社のイチョウ(約1.1㎞)
●撮影年月日 2020年5月9日

二の鳥居の両側にクスノキ。幹周は左約2.75m、右約2.45m。
200509大場香取神社①

場所的に土が踏まれやすく、根に圧がかかっているのか、葉のつきがあまりよくありません。
200509大場香取神社②

社殿向かって右手のケヤキが御神木。幹周約2.9m。
200509大場香取神社④

社殿左奥のクスは元気そうです。幹周約2.3m。
200509大場香取神社③

社殿の裏手の祠の中に切り株が見えました。
200509大場香取神社⑤

何の木か分かりませんが。伐採された御神木が祀られていました。注連縄で見えにくいですが、字が書いてあります。
200509大場香取神社⑥

写真では全部写っていませんが、「鎮守の森 恵み支える 御神木 大場の里 未来輝く、日が昇る」とありました。
200509大場香取神社⑩


村社香取神社
創建は不明ですが、天明8年(1788)11月に社殿を再建した時の棟札が残されています。御祭神は経津主命(ふつぬしのみこと)。明治6年(1873)村社になり、神社合祀令により明治43年(1910)稲荷社と雷電社を合祀しました。大正12年(1923)9月1日の関東大震災で本殿・拝殿とも倒壊しましたが、氏子一同の努力で明治14年(1925)6月には再建されました。
200509大場香取神社⑧

住 所 埼玉県春日部市大場799
交 通 東武伊勢崎線「武里駅」より約850m

村社香取神社MAP

Posted on 2020/06/18 Thu. 05:03 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

胡録神社のエノキとサクラ 

古利根川のそばにある神社です。細い道を歩いていると2つの樹冠が見えました。道の片側にエノキ、片側に胡録神社とソメイヨシノです。自然の中にひっそりある小さな神社ですが、自然や木に守られているというか、調和しているというか、ここに建立した地元の方々の心が伝わってくるというか・・・いい神社です。

●埼玉県南葛飾郡宮代町
●撮影年月日 2020年5月9日

エノキは合体しています。幹周2.91m。巨木ではないですが、神社の目印になっている立ち位置がいいです。
200509宮代胡録神社⑤

200509宮代胡録神社

鳥居の向こうにソメイヨシノ(幹周約2.27m)と神社。地味ですが何か良い空間です。
200509宮代胡録神社④

サクラの咲く頃に訪れてみたい。
200509宮代胡録神社⑦


約350m離れた宇宮神社には、幹周3.2mのイチョウがあります(川沿いの道からは神社に行かれません)。
200509宇宮神社②

200509宇宮神社①


胡録神社
創建は不明です。胡録神社の本社は東京都荒川区です。奉納されている石に「昭和二十七年五月吉日 胡録神社 氏子一同」と彫られています。
200509宮代胡録神社⑧

細い道は古利根川に抜けられます。
200509宮代胡録神社⑨

住 所 埼玉県南埼玉郡宮代町大字和戸816
交 通 東武伊勢崎線「和戸駅」より約1㎞

胡録神社MAP

Posted on 2020/06/16 Tue. 21:03 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

身代(このしろ)神社のイチョウとケヤキ 

身代神社は、古利根川の自然堤防上に位置し、神社の西側の身代池はかつての利根川の流路ともいわれています。身代神社の池寄りに立つイチョウとケヤキは、池の水脈の恩恵があるのでしょうか、枝葉を大量に伸ばして生き生きとしています。

●埼玉県宮代町
●撮影年月日 2020年5月8日

イチョウは、お日様に当たった新緑と幹肌がきれいでした。幹周3.4m。
200508身代神社イチョウ①

200508身代神社イチョウ③

ケヤキは、下の方から幹が分岐。幹周3.88m。
200508身代神社欅①

200508身代神社欅③

身代池側から見たケヤキ(左)とイチョウ(右)。
池の周囲は、水質保全と生態系保護のために葦で守られています。
200508身代神社イチョウ⑤

社殿東側のケヤキは幹周2.6mながら根の張りが立派です。
200508身代神社欅


身代神社
創建は仁治3年(1242)3月、御祭神は武速素佐能男命(たけはやすさのおのみこと)。旧須賀村の鎮守です。昭和30年(1955)百間村と須賀村が合併し、百間村の鎮守姫宮神社の「宮」と、須賀村の鎮守身代神社の「代」をとって「宮代町」の名前になりました周辺からは縄文~古墳時代の遺跡が発見されています。
200508身代神社①

イチョウとケヤキの間に庚申塔が沢山並んでいました。江戸時代後期に須賀村の人々が奉納したものだそうです。
200508身代神社②


住 所 埼玉県南埼玉郡宮代町学園台1-17
交 通 東武伊勢崎線・日光線「東武動物公園駅」より約1.5㎞
    または西口より町内循環バス(宮代町)「西原自然の森―ぐるる宮代」
    乗車「身代神社」下車

身代神社MAP

Posted on 2020/06/14 Sun. 20:30 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 4

旭神社のイチョウとタブノキ 

旭神社は、、金明第2ふれあい広場が隣にあり、外遊びをする人が多くいます。旭神社はヒノキが多いですが、神社裏手(川寄り)には樹齢のあるイチョウやスダジイがのびのびと立っています。

神社は、サクラの名所にもなっている綾瀬川沿いにあり、ウォーキングをする人も多いです。江戸時代の綾瀬川は舟運が盛んで、神社の近くには、規模が大きく繁盛した「半七河岸」があり賑わっていました。

●埼玉県草加市
●周辺巨樹 蒲生の一里塚のケヤキ(約1㎞)
●撮影年月日 2020年4月29日

幹周3.24mのイチョウ。低い位置の枝が無く、幹がまっすぐ伸びています。
200429旭神社①

タブノキものびのびとした感じ。
200429旭神社③

4月は、タブノキの芽が開いて花序が伸びます。
200429旭神社④


対岸(東武伊勢崎線高架の東)の蒲生久伊豆神社。マツ、ケヤキ、イチョウ、エノキなどが成長。
200429蒲生久伊豆神社②

神社の目印のように高くまっすぐ伸びたマツ。手前の御神木は幹周約2.5m。
200429蒲生久伊豆神社③


旭神社
寛永7年(1630)伊奈忠治による綾瀬川改修・開削で幾つもの新田が開かれ村々が成立し、その中の金右衛門新田の鎮守氷川社として創建したと伝えられています。御祭神は素盞嗚尊 (すさのおのみこと)。 明治22年(1889)に近隣の9村が合併して新田村が成立、明治40年(1907)神社合祀令で、村内の村社、無格社、各境内社の計36社を合祀し、「旭神社」に改称されました。
市指定有形文化財歴史資料 の「旭神社算額」は、数学者が奉納した絵馬で、県内で7番目に古い算額です。
200429旭神社⑥

住 所 埼玉県草加市金明町1332
交 通 東武伊勢崎線「新田駅」西口より約800m

旭神社MAP

Posted on 2020/06/12 Fri. 06:42 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

中村家のイチョウ 

中村家の敷地内に大イチョウが3本並び、いずれも5m程の高さから数本に枝分かれして壮観です。いずれも雌木でギンナンを大量につけます。すぐそばのアパートの方にはちょっと迷惑なのかもしれません。

●埼玉県越谷市
●越谷市指定天然記念物
案内板(2002)実測(2020)
樹高各およそ20m
幹周4.67m 4.58m 4.06m4.74m(最大の木)
推定樹齢300年以上


●周辺巨樹 有瀧家のタブノキ(約1.3㎞) 大聖寺のタブノキ(約1.9㎞)
●撮影年月日 2020年4月21日

南側のイチョウが一番大きい。
200421中村家のイチョウ①

真ん中。
200421中村家のイチョウ②

北側。
200421中村家のイチョウ③

住 所 埼玉県越谷市東越谷1-13
交 通 東武伊勢崎線「越谷駅」東口より約1.1㎞

中村家のイチョウMAP

Posted on 2020/06/10 Wed. 20:19 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

西方日枝神社のケヤキ 

大相模久伊豆神社から元荒川に沿う奥州旧街道を西に進んでいくと、緑の塊が見えてきました。久伊豆神社から350m程離れた日枝神社の裏手です。裏からも境内に入れる入口がありました。ケヤキが多く植えられています。

●埼玉県越谷市
●周辺巨樹 大聖寺のタブノキ(約350m) 
      大相模久伊豆神社の巨木たち(約350m)
●撮影年月日 2020年4月21日

社殿向かって左のケヤキが一番大きい。幹周実測3.32m。
200421日枝神社欅①

社殿右のケヤキは幹周3.12m。その右手のすでに新緑のイチョウも存在感あり。幹周は測れませんでしたが、かなりな巨木。
200421日枝神社欅④

社殿右裏手に、枯れたツタに覆われたケヤキに注連縄がついていました。なぜこの木が御神木・・・?
200421日枝神社欅⑤

参道のケヤキ。
200421日枝神社欅②

近所の久伊豆神社と同じケヤキとマツの双樹がありました。
200421日枝神社欅⑥


西方日枝神社
創建は不明です。御祭神は、大山咋命、素盞嗚尊、菅原道真など十五柱。元は比叡山を信仰する山王社で六寺院を擁する大社でした。江戸時代、四寺が大相模大聖寺の塔頭に移され、一寺が廃寺になり、山王社は西方村の鎮守社とありました。明治時代の神社合祀令により、村の八幡神社、稲荷神社、愛宕社、天神社などを合祀しました。
200421日枝神社欅⑧

山信仰の神社には、狛猿が鎮座しています。
200421日枝神社欅⑨ 200421日枝神社欅⑩

住 所 埼玉県越谷市相模町6-481
交 通 東武スカイツリーライン「新越谷駅」・JR武蔵野線「南越谷駅」北口
    より朝日バス「吉川駅北口」行き乗車「大相模保育所入口」下車約400m

日枝神社MAP

Posted on 2020/06/08 Mon. 05:03 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

大相模久伊豆神社の巨木たち 

元荒川と奥州旧街道が走り早くから開けた地で、神社が三社並ぶように建つなかの一社です。鳥居の前に大きなイチョウが2本並び鎮守の森を醸し出しています。

●埼玉県越谷市
※(1988)実測(2020)
樹高各17m
幹周3.65m 3.26m3.7m 3.35m
推定樹齢200~299年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 西方日枝神社のケヤキ(約350m)
      大聖寺のタブノキ(約650m)
●撮影年月日 2020年4月21日

鳥居の前に2本の大イチョウ。
昭和61年(1986)の案内板に「太い注連縄がかけられて」とありましたが、現在は無いです。
200421大相模久伊豆神社①

注連縄が巻かれた御神木はこちらになっていました。ヒノキとエノキの双樹。木の共生に住民の豊饒と和平を祈願。
200421大相模久伊豆神社④

コブが多い荒々しいムクノキ。
200421大相模久伊豆神社⑦

根がたくましいマテバシイ。
200421大相模久伊豆神社⑩


大相模久伊豆神社
創建は不明ですが、平安時代後期から室町時代に武蔵国で勢力のあった武士団「武蔵七党」の与党一族の大相模次郎能高が、本拠としたこの地に氏神として勧請したと伝えられています。明治41年に稲荷社、八幡社、天神社、神明社などを合祀しました。御祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)など七柱。
200421大相模久伊豆神社⑬

200421大相模久伊豆神社⑭ 200421大相模久伊豆神社⑮

住 所 埼玉県越谷市大成町1-2159
交 通 東武スカイツリーライン「新越谷駅」・JR武蔵野線「南越谷駅」北口
    より朝日バス「吉川駅北口」行き乗車「大相模保育所入口」下車約350m

大相模久伊豆神社MAP

Posted on 2020/06/06 Sat. 08:02 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

彦成香取神社の巨木たち 

社殿向かって左側にムクノキ、タブノキ、ケヤキ、スダジイ等の巨木と境内社が並んでいて壮観です。巨木ではありませんが、サワラ、イチョウ、マキなど多様な木が植栽されています。神社関係の方とお話をしましたが、年をとられて境内の掃除等が大変になってきているそうです。巨木の伐採意見も多いそうです。

人口減少・高齢化少社会で神職や氏子の数が減り、収入減少、人出不足で神社運営の難しいところが増えているようです。地域の歴史や信仰の場、鎮守の森、巨樹・巨木が荒廃してしまうのは大きな損失・・・

●埼玉県三郷市
●周辺巨樹 安養院の大銀杏(約700m)
●撮影年月日 2020年4月11日

ムクノキ
200419彦成香取神社③

その隣はタブノキ
200419彦成香取神社④

空洞のあるケヤキ
200419彦成香取神社⑥

社殿向かって左奥のスダジイ
200419彦成香取神社⑦

社殿向かって右裏手に、ツタがびっしりからまったムクノキ
200419彦成香取神社⑮

広場の隅のムクノキはゴミ置き場に・・・幹周3.4m
200419彦成香取神社19

巨木ではないですが、他にも色々な木があります。
参道のサワラ。
200419彦成香取神社⑫

上部が衰えているイチョウ。これだけ保存樹に指定されています。
200419彦成香取神社⑬

拝殿前のイヌマキがかなりな高さ。
200419彦成香取神社⑨



彦成香取神社の200m程西に中川が流れ、対岸は八潮市です。かつては「中川の渡し」「八條の渡し」があり、行き来は盛んだったようです。八潮側の神社に存在感あるクスノキがありました。

伏見稲荷神社
 荒れ果てて入れない小さい神社(彦成香取神社より約1.3㎞)
200419八潮 伏見稲荷神社ク

八條八幡神社 鎮守の森が守られています。幹周2.9m(彦成香取神社より約2.1㎞)
200419八條八幡神社楠①


彦成香取神社
御祭神は経津主之命。谷古宇家の先祖が草加からこちらへ移り住んだ際、下総国一宮香取神宮の分霊を奉斎したことが始まりとされています。慶長年間(1596~1615)の新田開発に伴って村の鎮守として崇拝されました。明治時代の神社合祀令で、彦成にあった5社を合祀しました。
200419彦成香取神社16

住 所 埼玉県三郷市彦成1-97
交 通 メートー観光バスJR武蔵野線「吉川駅南口」⇔「三郷駅西口」乗車
    「円明院北」下車約87m

彦成香取神社MAP

Posted on 2020/06/04 Thu. 06:19 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

鹿島神社のイチョウ 

埼玉県に鹿島神社は五社だけで、その内の一社です。境内に2本のイチョウがあり、1本は幹周4m越えです。
写真を撮っていたら、社殿の裏手から親子がやってきました。裏に道があるのかと行ってみたら、古利根川の畔でした。眺めの良いこと。気持ちよく帰ったのは言うまでもありません。

●埼玉県越谷市
●周辺巨樹 称名寺のイチョウ(約850m)
●撮影年月日 2020年4月11日

幹周実測約4.2m
200411鹿島神社の銀杏①

200411鹿島神社の銀杏③

200411鹿島神社の銀杏④

鹿島神社
御祭神は、茨城県鹿嶋市の鹿島神宮主神、武甕槌命(たけみかづちのみこと)です。目と鼻の先は古利根川で、境内社に嘉永4年(1851)の「水神宮」の石祠があります。古利根川は江戸時代までは舟運が盛んで、神社の近くには「平方の渡し」がありました。
200411鹿島神社の銀杏⑤

神社の裏は古利根川の畔。
200411鹿島神社の銀杏⑦

住 所 埼玉県越谷市大字平方489
交 通 東武伊勢崎線「武里駅」より約2.1㎞
 
鹿島神社MAP

Posted on 2020/05/31 Sun. 20:20 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

称名寺のイチョウ 

県道4号のダイソーの向かいに称名寺の入口があり、向かって行くと大きなイチョウが現れました。新緑が始まったばかりできれいな樹形が分かり、お寺の巨樹だけあって阿弥陀如来の光背のよう。幹もどっしり健康的です。

●埼玉県春日部市
●周辺巨樹 鹿島神社のイチョウ(約850m)
      大場下稲荷神社のイチョウ(約1.3㎞)
●撮影年月日 2020年4月11日

幹周実測4.89m
200411称名寺のイチョウ②

200411称名寺のイチョウ④

200411称名寺のイチョウ⑤

200411称名寺のイチョウ⑥

称名寺
浄土宗 の寺院です。御本尊は阿弥陀如来。一阿修得上人の開山と伝えられています。
200411称名寺のイチョウ⑦

住 所 埼玉県春日部市備後東5-2-33
交 通 東武伊勢崎線「武里駅」より約1.3㎞

称名寺MAP

Posted on 2020/05/29 Fri. 07:00 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

大場下稲荷神社のイチョウ 

武里駅東口を出てすぐに樹幹が目に留まり、行ってみると稲荷神社がありました。社殿の手前両側にイチョウとケヤキ、社殿裏にはスダジイの巨木が控えていました。駅そばの小さい神社ですが、3本の巨木が残って、境内もきれいに掃除されていることに心温かくなりました。

●埼玉県春日部市
●周辺巨樹 村社香取神社の鎮守の森(約1.1㎞) 称名寺のイチョウ(約1.3㎞)
●撮影年月日 2020年4月11日

イチョウの幹周を測ったら3.75m。
200411大場稲荷神社⑤

200411大場稲荷神社②

右の木はケヤキ。
200411大場稲荷神社③

社殿裏手にはスダジイ。注連縄がぶらさがっているので御神木のよう。
200411大場稲荷神社①


大場下稲荷神社
創建は不明です。御祭神は宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)。江戸時代は大場村下組で祀り、人々の信仰が厚かったため、小さい神社であっても明治時代の神社合祀令の対象にならず、8戸で祭祀を行ってきたということです。
高村光太郎の父、高村光雲(1852~1934)作の稲荷神像が安置されています。総代だった清水廣衛門が日光で高村光雲と同宿になったことが縁だそうです。
200411大場稲荷神社⑥

住 所 埼玉県春日部市大場455
交 通 東武伊勢崎線「武里駅」より約35m

大場下稲荷神社MAP

Posted on 2020/05/28 Thu. 06:26 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 4

牛島女体神社の巨木たち 

一の鳥居のそばに注連縄が巻かれた大きな切り株、二の鳥居を過ぎると強剪定されたものの新芽が噴出している生命力あるイチョウの御神木、社殿右手にはモッコクが囲む塚やスダジイがありました。祠や石造物は皆新しい紙垂やお供えがされて、境内の掃除も行き届いて、地元で大事にされているj神社です。

●埼玉県春日部市
●周辺巨樹 東八幡大けやき(約800m) 碇神社のイヌグス(約1.3㎞)
      八坂香取稲荷合社のイチョウ(約1.8㎞)
●撮影年月日 2020年4月11日

大きな切り株は地表から約1.3mの切り口回りを測ったら4.41mでした。
ケヤキと思っていましたが、N様より情報をいただきました。春日部市保存樹木に指定されていたエゾエノキだそうです。
200411牛島女体神社①

200411牛島女体神社②


イチョウは注連縄が巻かれているので御神木ですが、葉を出せる枝が無い・・・
200411牛島女体神社④

最後の手段のように、いたるところから葉を出して生き延びようとする生命力はまさに神。
200411牛島女体神社⑤


左側の小山はモッコクに囲まれた仙元大神塚。右側の木はスダジイ。
200411牛島女体神社⑪

スダジイは、枯死老木、成木、若木そろっていました。
200411牛島女体神社⑨

ひ孫のような若いスダジイが初々しい。
200411牛島女体神社⑩


牛島女体神社
創建は不明ですが、元禄4年(1691)再建されました。御祭神は、かまど神の奥津彦命(おくつひこのみこと)、奥津比売命(おくつひめのみこと)。明治39年(1906)に神社合祀令で荒神社、天神社、稲荷社が合祀されました。昭和7年(1932)火災により社殿を全焼、昭和10年(1935)に再建されました。
200411牛島女体神社⑫

お賽銭箱の両側に狛犬。
200411牛島女体神社⑬

住 所 埼玉県春日部市牛島605
交 通 東武野田線「藤の牛島駅」より約1.2㎞
    東武伊勢崎線「春日部駅」より約2㎞

牛島女体神社MAP

Posted on 2020/05/26 Tue. 18:50 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

八坂香取稲荷合社のイチョウ 

八坂香取稲荷合社は5本のイチョウがあり、うち2本は3m越えの御神木です。残念なことに皆強剪定されてしまっています。前は葉が生い茂って紅葉が見事だったそうですが、3本並んだイチョウのそばにアパートが建てられた時に、5本とも強剪定されてしまったそうです。神社の真横は旧別当の仲蔵院で、常緑樹のヒマラヤスギや松が緑を補っているかのようです。神仏分離で神社と寺が分けられても、一つの空間のようにも思えました。

●埼玉県春日部市
●春日部市保護樹木
※(2000)実測(2020)
樹高18m 20m
幹周3.3m 3.1m3.5m 3.24m
推定樹齢100~199年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 最勝院のシイノキ(約550m) 碇神社のイヌグス(約700m) 
      梅田女體神社の巨木たち(約850m) 東八幡大けやき(約1.2㎞) 
      秋葉神社の夫婦松(約1.3㎞) 
      春日部八幡神社のイチョウ(約1.5㎞)
      牛島女体神社の巨木たち(約1.8㎞)  
●撮影年月日 2020年4月11日

鳥居側のイチョウが一番大きい。
200411八坂香取稲荷合社①

拝殿側のイチョウの根元に「御神馬」の石碑。なぜ馬?と思いましたが、同じ市内の鷲香取神社は、平安時代に下総国香取神宮の神馬がこの地に逃げてきたことが縁で創建されたことを思い出しました。
200411八坂香取稲荷合社④

社殿左側に立つ3本イチョウ。
200411八坂香取稲荷合社⑤

仲蔵院のマツが塀を超えて、神社を見守りたいかのように伸びています。
200411八坂香取稲荷合社⑦

仲蔵院入口のヒマラヤスギが、神社とお寺のシンボルのように立っています。
200411八坂香取稲荷合社⑨


八坂香取稲荷合社
御祭神は経津主神(ふつぬしのみこと)・素盞嗚命(すさのおのみこと)・豊受姫命(とようけひめのみこと)の三神です。
江戸時代以前、古利根川左岸は下総国に属し、永享元年(1429)に下総国一宮香取神宮を勧請したと伝えられています。永禄元年(1558)別当の仲蔵院住職秀宥により再建されました。八坂社は寛文11年(1671)、稲荷社は元禄14年(1701)に勧請され、明治時代の神仏分離で仲蔵院境内から独立し、明治36年(1903)上地林の境内編入に合わせ三社が合殿とされました。明治45年(1912)字樋籠(五丁田)の香取社と同境内社が合祀されました。
200411八坂香取稲荷合社⑥

住 所 埼玉県春日部市八丁目1
交 通 東武伊勢崎線「春日部駅」東口より約850m

八坂香取稲荷合社MAP

Posted on 2020/05/24 Sun. 20:43 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

保木野龍清寺のカヤ 

どういう原因からか斜めに生えている珍しいカヤです。飛び立とうとする龍神の姿から「飛龍之榧」の別名があります。
案内板によると、昔、修行僧の袋算は、龍神に乗る夢ばかり見て修行を疎かにしていました。師僧から修行の旅を命じられ、形見としてカヤの実を渡され旅立ちました。旅の7日目に荒れ果てた不動堂にたどり着き、ここに落ち着き堂を守りながら苦行を重ねていきました。蒔いた形見のカヤは大木になり大量の実をつけ、灯油や薬種になり、村人は潤い、村も栄え、不動堂も再建されたということです。年老いた袋算は、このカヤの姿に若い頃に夢見た龍神の姿を重ねて「飛龍の榧」と名付けたといわれています。

●埼玉県本庄市
●本庄市(児玉町)指定天然記念物
※(2000)
樹高
幹周3.5m
推定樹齢200~299年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2020年3月27日

200327龍清寺のカヤ①

200327龍清寺のカヤ②

200327龍清寺のカヤ③

200327龍清寺のカヤ④

200327龍清寺のカヤ⑤


龍清寺
真言宗豊山派の寺院。御本尊は薬師如来。約600年前の開山と伝えられ、応永年間(1394~1428)の石碑が残っています。宝永年間(1704~1711)自然災害で倒壊、正徳年間(1711~1716)中興の祖袋算和尚により再建されるも後に火災で焼失、文政13年(1830)檀信徒により再建されました。児玉33霊場27番札所です。
200327龍清寺のカヤ⑦

住 所 本庄市児玉町保木野387
交 通 JR八高線「丹荘駅」より約2.1㎞

龍清寺MAP

Posted on 2020/05/21 Thu. 20:45 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

県別巨樹