02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

出会った巨樹

木をメインに、風景写真や動物写真も時々載せてます

椎尾山薬王院のスダジイ 

薬王院は標高200mの椎王山中にあり、境内と裏山斜面一帯約2.6ヘクタールはスダジイ、クスノキ、ケヤキを中心とした樹叢です。特にスダジイが多く、胸高直径30cm以上の高木が100本を超えています。見どころも多い由緒ある古いお寺なのですが、境内にもスダジイの巨木が何本もあり、木に向き合うだけで時間切れとなりました。

●茨城県桜川市
●茨城県指定天然記念物(スダジイ社叢)
境内内で一番大きい
樹高11m
幹周直径1.8m(幹周約5.7m)
推定樹齢485年
※『椎尾山薬王院のスダジイ樹叢に関する調査報告書』
             (真壁町教育委員会 1989)
●撮影年月日 2017年3月3日

三重塔のそばにある御神木のスダジイが一番直径があります。
170303薬王院のスダジイ①

170303薬王院のスダジイ②

隣の三重塔は高さ25m。ケヤキの一枚板が多く使われています。
170303薬王院のスダジイ③

仁王門⇔本殿の階段の途中に幹直径1.6m(幹周約5m)のスダジイ
170303薬王院のスダジイ⑤

仁王門そばの入口そばに立つスダジイは幹直径1.56m(幹周約4.9m)
170303薬王院のスダジイ⑥

170303薬王院のスダジイ⑦

仁王門⇔母屋の参道も巨木が並びます。
170303薬王院のスダジイ⑫

母屋そばのスダジイ。
170303薬王院のスダジイ⑪

そのそばにも注連縄に巻かれて御神木が鎮座。
170303薬王院のスダジイ⑧

空洞化した幹はお堂のように、可愛いお地蔵様や花が飾られていました。
170303薬王院のスダジイ⑩


薬王院は「真壁のひなまつり」に参加していて、池にお雛様が乗った小舟が浮かんでいて風情がありました。
母屋には古いお雛様も飾られていました。
170303桜川市 薬王院③


椎尾山薬王院
延暦元年(782)、最仙上人の開基。古くからの檀林寺院でした。天文19年(1550)の大火で残ったご本尊の薬師如来は、三重塔、スダジイ樹叢と共に県指定文化財になっています。

数度の大火に見舞われ、現在の本堂は延宝8年(1680)建立されました。市指定文化財です。
170303桜川市 薬王院⑦

延宝16年(1688)建立の仁王門も市指定文化財。
170303桜川市 薬王院⑧

仁王門に立つ雷神・風神
170303桜川市 薬王院⑥ 170303桜川市 薬王院⑤

住 所 茨城県桜川市真壁町椎尾3178
交 通 関東鉄道常総線「黒子駅」より約10.7km

椎尾山薬王院MAP

スポンサーサイト

Posted on 2017/03/26 Sun. 20:11 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

密弘寺のケヤキ 

町内で3番目に幹が太い木です。衰えが目立ちますが、どっしりとした存在感ある姿です。
真壁町は「真壁のひなまつり」が有名で、3月3日までの1か月、歴史の残る町がたくさんのお雛様に飾られます。密光院は開催地の中にあります。出向いた日は最終日の3月3日。お寺は静かでしたが、通りはにぎわっていました。

●茨城県桜川市
●真壁町指定天然記念物
樹高21m
幹周4.9m
推定樹齢250年
 ※『真壁町史料 植物編1』(真壁町史編さん委員会 1995)

●周辺巨樹 田村神社のムクノキ(約890m)
●撮影年月日 2017年3月3日

170303密光院のケヤキ①

170303密光院のケヤキ②

170303密光院のケヤキ④

170303密光院のケヤキ⑤


真壁のひなまつり
巨樹の命とお雛様の文化。どちらも時代を超えて生き続けてきました。

2階にもお雛様が飾られ、花咲爺さんが手を振っていました。
170303真壁町 ひな祭り①

風情のある江戸時代のお雛様
170303真壁町 ひな祭り③

江戸・明治・大正・昭和のお雛様が勢ぞろい
170303真壁町 ひな祭り④

狐の嫁入りとお雛様
170303真壁町 ひな祭り⑤

ものすごく上手だったひょっとこ踊り。踊っていたのは小学校低学年くらいの男の子でした。
170303真壁町 ひな祭り⑦


密弘寺
宝治元年(1247)に恵寿僧都が開山したと伝えられています。国の登録有形文化財の不動堂は天保11年(1840)再建されたものです。
170303密光院のケヤキ⑥

住 所 茨城県桜川市真壁町真壁183  密弘寺
交 通 JR水戸線「新治駅」より約8.8km
    (ひなまつり開催期間は、つくば方面から臨時バス有り)

密弘寺MAP

Posted on 2017/03/24 Fri. 19:49 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

田村神社のムクノキ 

ムクノキは、小さい社殿の真後ろに立っています。上部は失われていますが、どっしりした幹に長い歴史を生き抜いてきた感が伝わりました。

大きなケヤキがあるとの情報で出向いたのですが、神社の裏から入ってすぐにムクノキに遭遇。喜んでムクノキだけ撮って満足して帰ってきてしまいました・・・幹周7.7mの大ケヤキは、鳥居の近くにあったそうで・・・小学校寄りの入口から入ったので全く姿を見ることなくでした。

●茨城県桜川市
樹高21m
幹周4.9m
推定樹齢250年
 ※『真壁町史料 植物編1』(真壁町史編さん委員会 1995)

●周辺巨樹 密弘寺のケヤキ(約890m)
●撮影年月日 2017年3月3日
170303田村神社の椋①

170303田村神社の椋④

170303田村神社の椋⑤

170303田村神社の椋⑥


田村神社
創建は不明です。御祭神は、素盞嗚命(すさのおのみこと)、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、軻遇突智命(かぐつちのみこと)、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)です。
170303田村神社の椋⑦

住 所 茨城県桜川市真壁町田21 田村神社
交 通 JR水戸線「新治駅」より約9km
    (ひなまつり開催期間は、つくば方面から臨時バス有り)

田村神社MAP

Posted on 2017/03/22 Wed. 21:24 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

愛宕神社のクスノキ 

樹齢伝承500年といわれていて、老木をイメージして訪れましたが、幹が大きく分かれ、それぞれ勢いよく伸びていて若々しさを感じる木でした。

●千葉県南房総市
●千葉県の巨木・古木200選
案内板(2006)※(2000)
樹高16m17m
幹周4.65m6.8m(主幹3.37m)
推定樹齢約500年
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 釈迦寺の槇(約1.2km)
●撮影年月日 2017年2月22日

170222富浦 愛宕神社の楠①

170222富浦 愛宕神社の楠②

170222富浦 愛宕神社の楠③

170222富浦 愛宕神社の楠④

170222富浦 愛宕神社の楠⑤

何のためか不明ですが、梯子が取り付けてあるクスノキもありました。
170222富浦 愛宕神社


愛宕神社
創建は元亀3年(1572)、安房国大名の里見義頼が久留里愛宕神社を勧請したことによります。御祭神は、加具土命(かぐつちのみこと)、素盞嗚命(すさのおのみこと)、大日孁貴命(おおひるめむちのかみ)、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)です。
170222富浦 愛宕神社の楠⑥

国道127号から参道に入れます。
170222富浦 愛宕神社の楠⑦

住 所 千葉県南房総市富浦町原岡963 愛宕神社
交 通 JR内房線「富浦駅」より約300m

愛宕神社MAP

Posted on 2017/03/18 Sat. 08:01 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

丸郷神社の大杉と神池の御神木 

自然豊かな神社の神池の近くに、御神木の大杉が立っています。幹は上にまっすぐですが、樹皮の流れはねじれ、上部は枝が荒々しく伸び、長い生きざまが伝わってくるような巨木です。
案内板によると、寿永年間(1182~1185)、社殿建立の際、丸氏が一族の弥栄と周囲の村々の安穏・五穀豊穣を祈念して植えられたものといわれています。

神池にも大きくはないですが、御神木と呼びたくなるような木が立ち、とても印象的な光景。また趣ある社殿、凛とした空気感、何度も訪れたくなるようないい神社でした。

●千葉県館林市
●南房総市指定天然記念物
案内板(2007)※(2000)
樹高24.4m25m
幹周5.57m5.55m
推定樹齢800年
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2017年2月22日

170222丸郷神社大杉②jpg

170222丸郷神社大杉④

170222丸郷神社大杉⑤

170222丸郷神社大杉⑦


神池に立つ御神木
池を分断するように木に通じる細い道状のものがありますが、紙垂の下がった縄で立ち入り禁止になっています。
170222丸郷神社の神池②

170222丸郷神社の神池④

何の木か特定できませんが、明るめの葉の常緑樹。
170222丸郷神社の神池③

170222丸郷神社の神池①


丸郷神社
創建は養老年間(717~724)で、「元諏訪大明神」と号しました。丸氏滅亡後は里見氏の領地となり、丸の郷の大社として祀られましたが、明治2年(1869)に社号を改め「丸郷神社」となりました。

立派な拝殿です。
170222丸郷神社の神池⑦

他の建物も何か存在感がありました。
170222丸郷神社の神池⑧

170222丸郷神社の神池⑨

参道が長く鳥居が3基あります。いずれも立派な注連縄がつけられています。
一の鳥居
170222丸郷神社の神池⑩

二の鳥居
170222丸郷神社の神池⑪

三の鳥居
170222丸郷神社の神池⑫


住 所 千葉県南房総市丸本郷352 丸郷神社
交 通 JR内房線「館山駅」より館山日東バス丸線「川谷」行き乗車「珠師ヶ谷
    口」下車約1.2km

館山日東バス情報

丸郷神社MAP

Posted on 2017/03/15 Wed. 13:23 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

手力雄(たじからお)神社のスギ 

スギが多く、参道の大杉は、鎌倉時代と江戸時代に氏子により植えられたものだそうです。御神木スギは社殿の左手前にひと際高い柱のように鎮座して、歴史を感じさせる社殿と合っていました。
境内には、ヒマラヤスギ、ゲッケイジュ、ナギの天皇家三代の御即位記念樹もあります。

●千葉県館山市
●館山市指定天然記念物
※(2000)※※(2005)
樹高35m25m
幹周4.57m4.61m
推定樹齢伝承400年
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース
※※『ふるさとの巨樹・巨木に会いに行こう!』(NPO法人 樹の命を守る会)

●撮影年月日 2017年2月22日

170222手力雄神社のスギ①

170222手力雄神社のスギ③

伝承によると、明和4年(1767)に拝殿を造営した際、スギは2mくらい根元が埋められたということです。
170222手力雄神社のスギ④

170222手力雄神社のスギ⑤

170222手力雄神社のスギ⑦

170222手力雄神社のスギ⑧


手力雄(たじからお)神社
創建は奈良時代の養老2年(718)と伝えられていますが、初代神武天皇元年に忌部氏が祀ったのが始まりという伝承もあります。主祭神は天手力雄命。
170222手力雄神社のスギ⑥

本殿は県指定文化財になっています。屋根は桧皮葺ですが、元は柿葺です。中世末の地方的装飾と桃山時代の地紋彫などの装飾が入り混じり、また元禄地震で被った破損の修理・改修を宝永6年(1709)に行い、江戸時代中期の特色もあります。
170222手力雄神社のスギ

住 所 千葉県館山市大井1129 手力雄神社
交 通 JR内房線「九重駅」より約2.7km
    またはJR内房線「館山駅」より館山日東バス鴨川線「亀田病院」行き乗車
    「九重大井」下車約650m

館山日東バス情報    

手力雄神社MAP

Posted on 2017/03/12 Sun. 09:40 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

沖ノ島宇賀大明神社のタブノキ 

鷹の島公園から約1km離れたところに歩いて行ける無人島、沖ノ島があります。かつては500m沖合にありましたが、震災で地盤が上昇して浅瀬になり、砂が堆積し陸続きとなりました。
戦争遺跡や地層、多様な生物観察ができる島ですが神社もあり、祠の後ろに御神木のタブノキが鎮座しています。

●千葉県館山市
※(2005)
樹高13.6m
幹周3.26m
推定樹齢300年
 ※『ふるさとの巨樹・巨木に会いに行こう!』(NPO法人 樹の命を守る会)

●周辺巨樹 鷹ノ島のタブノキ(約1km)
●撮影年月日 2017年2月21日

170221宇賀大明神社タブ①

170221宇賀大明神社タブ②

170221宇賀大明神社タブ③

注連縄は2本に巻かれています。
170221宇賀大明神社タブ⑤

沖ノ島の正面から。中央から島の中に入れます。
170221宇賀大明神社タブ⑨

島の左側の海沿いから神社に行くこともできます。
170221宇賀大明神社タブ⑥

海沿いを行くと、鳥居が迎えてくれます。
170221宇賀大明神社タブ⑦

海はいいですね。自衛隊基地がそばなので、軍用ヘリがよく飛んでますが。
170221宇賀大明神社タブ⑩

宇賀大明神社
案内板によると、嘉保3年~康和元年(1096~1099)に安房守として赴任した源親元(みなもとのちかもと)が地域産業の発展を願って、嘉保3年(1096)、穀物神としてだけでなくあらゆる産業の神として倉稲塊命(うかのみたまのみこと)を歓請して、鷹ノ島の弁財天と共に建立しました。
170221宇賀大明神社タブ⑧

住 所 千葉県館山市富士見
交 通 JR内房線「館山駅」より館山日東バス市内線「館山航空隊」行き終点下車
    約1.5km
    または館山駅より約4.2km(駅にレンタサイクル有り)
館山日東バス情報

沖ノ島公園MAP


Posted on 2017/03/08 Wed. 19:51 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

鷹ノ島のタブノキ 

鷹ノ島公園に鷹之島弁天閣があり、周囲にタブノキが多く生えています。株だけになっている木が多いですが、一番大きい木が下を見下ろすように立っています。

鷹の島と近くの沖ノ島は名前の通り島でしたが、関東大震災で海底が上昇して浅瀬になりました。そして昭和2~5年にかけての航空自衛隊の基地建設工事で、鷹の島は埋め立てられ陸地となりました。

●千葉県館山市
※(2000)※※(2005)
樹高18m17m
幹周4.2m4.16m
推定樹齢
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース
※※『ふるさとの巨樹・巨木に会いに行こう!』(NPO法人 樹の命を守る会)

●周辺巨樹 沖ノ島宇賀大明神社のタブノキ(約1km)
●撮影年月日 2017年2月21日

170221鷹の島のタブノキ①

170221鷹の島のタブノキ③

170221鷹の島のタブノキ④

御神木のタブノキ
170221鷹の島のタブノキ⑤


鷹之島弁天閣
永長2年(1097)安房の国司、源親元(みなもとのちかもと)により建立されました。御祭神は市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)で、海上交通の平安を守護する神です。
170221鷹の島のタブノキ⑦

住 所 千葉県館山市富士見
交 通 JR内房線「館山駅」より館山日東バス市内線「館山航空隊」行き終点下車
    約500m
    または館山駅より約3.2km(駅にレンタサイクル有り)
館山日東バス情報

鷹ノ島公園MAP

Posted on 2017/03/06 Mon. 22:56 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

六軒町のサイカチの木 

平成24年(2014)に市指定天然記念物になったサイカチの古木です。個人宅の庭の木ですが、道路拡張工事の時にも残されたので、道に少しはみ出すように立っています。

元禄16年(1703)の元禄大地震で館山は大津波で大きな被害を受けましたが、すでに巨木だったこのサイカチの木に、多くの人が登って助かったという伝承がある木で、地域の人々に大事にされ親しまれています。案内板にはこの木をたたえる『サイカチの詩』が譜面付きで紹介されています。

●千葉県館山市
●館山市指定天然記念物
案内板(2016)※(2000)
樹高7.82m12m
幹周3.93m(1.2m)3.73m
推定樹齢
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 鶴谷八幡宮のイヌマキ(約1.2km)
●撮影年月日 2017年2月21日

170221六軒町サイカチ②

サイカチは2本あったそうですが、大正12年(1923)の関東大震災で1本は倒れてしまったそうです。
170221六軒町サイカチ⑥

幹の中は、落雷でできたとされる大きい空洞があります。
170221六軒町サイカチ③

住 所 千葉県館山市北条1754
交 通 JR内房線「館山駅」より約460m

六軒町のサイカチの木MAP

Posted on 2017/03/03 Fri. 04:45 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 2

日本寺の大蘇鉄とバクチノキ 

鋸山の日本寺の中腹エリアに、 源頼朝が日本寺で武運を祈願した際に手植えしたと伝えられている蘇鉄があります。 蘇鉄の周りは、漱石・子規 鋸山探勝碑、安房の俳人長谷川馬光の句碑、達磨石があり、すぐそばには梅の木が花を咲かせ、国指定重要文化財の日本寺鐘もあったりとなかなかにぎやか。

思いがけずバクチノキ(ビランジュ)にも出会い感動。南房総にはバクチノキがあると聞いたことはありましたが、まさか日本寺のそれも蘇鉄の近くに生えているとは思いませんで、一瞬目が点になりました。
神奈川県には大御所の早川のビランジュがあります。

●千葉県安房郡鋸南町
案内板
樹高
幹周
推定樹齢800年

●撮影年月日 2017年2月21日

170221日本寺の大蘇鉄①

170221日本寺の大蘇鉄③

170221日本寺の大蘇鉄②

根元には石仏が鎮座しています。
170221日本寺の大蘇鉄⑤

目の前に生えている梅とコラボ。
170221日本寺の大蘇鉄⑦


蘇鉄のすぐ近くのバクチノキ(ビランジュ)。幹周約2.1m(実測)
170221日本寺バクチノキ①

長い支え棒が立てかけられています。木を支えているわけではありません。
170221日本寺バクチノキ④

幹は空洞がありますが、いたって元気。赤茶と緑は良く映える。
170221日本寺バクチノキ②

後方にもバクチノキ。そこから階段を降りると細いバクチノキもありました。
170221日本寺バクチノキ③


大仏広場に近いトイレのそばには幹周約3.4m(実測)のクスノキ。
斜面下にはもっと太そうなのが生えていました。
170221千葉県 日本寺①/


鋸山 日本寺
神亀2年(725)6月8日、聖武天皇の勅詔と光明皇后のおことばを受けた高僧行基によってに開山されました。
初めの法相宗から天台宗、真言宗を経て、徳川三代将軍家光公の治世の時に曹洞禅宗となり、現在に至ります。

鋸山は石材の産地として採石が行われていました。百尺観音への道は遺跡のよう。
170221千葉県 日本寺②

6年をかけて彫られた百尺観音。
170221千葉県 日本寺③/

山頂展望台にある「地獄のぞき」
170221千葉県 日本寺④

日本最大の大仏の高さは31.05m。
170221千葉県 日本寺⑤

住 所 千葉県安房郡鋸南町鋸山
交 通 JR内房線「保田駅」より約2.1km
    またはJR内房線「浜金谷駅」より約700mの鋸山ロープウェイ乗車
    約4分で山頂

日本寺MAP

Posted on 2017/02/27 Mon. 21:41 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

倶梨迦羅不動尊のエノキ 

倶梨迦羅(くりから)不動尊という面白い名の神社があります。神社やエノキの北側はかなり低地になっていて「倶梨迦羅不動尊の池」と呼ばれる湧水の池や児童公園があります。

●千葉県船橋市
●船橋の名木10選
※※(2000)
樹高19.5m20m
幹周3.78m4.3m
推定樹齢
 ※『ふなばし巨木・名木マップ』(北総の森・巨樹古木研究会 2012)
※※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2017年2月8日

170208倶梨伽羅不動尊榎②

傍らにある祠は、吉橋大師講の第四十五番です。
170208倶梨伽羅不動尊榎③

170208倶梨伽羅不動尊榎⑤

中央に立つのがエノキ。階段の下には高いイチョウが2本。左側の幹周は約3.4m(自測)
170208倶梨伽羅不動尊榎⑥

下に降りると湧水の池。昔は池に祀られた倶利迦羅(黒龍のこと)の口から湧水が流れていたという伝えがあります。
170208倶梨伽羅不動尊榎⑧

倶梨迦羅不動尊
寛文9年(1669)、光明寺の良英和尚により、寺の境内一部である当地に建立されました。倶梨迦羅不動尊は、倶梨迦羅竜王と不動尊が一つになったものです。

住 所 千葉県船橋市飯山満町3丁目1524-1
交 通 新京成線「薬園台駅」より200m

倶梨伽羅不動尊MAP

Posted on 2017/02/24 Fri. 05:36 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

白山神社の大カシ 

小さい神社ですが、かつては巨木が多かったようで、大きな切株を眺めながら階段を上って行くと、社殿左手に大カシが鎮座していました。幹は大きく空洞化しています。が、裏に回ると、こちらが表の顔でもあるかのように風情がある幹でした。

●埼玉県比企郡小川町
●小川町指定天然記念物
案内柱(1985)※(2000)
樹高20m25m
幹周5.3m5.3m
推定樹齢700年300年以上
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 八幡神社の大ケヤキ(約400m)
●撮影年月日 2017年1月28日

170128小川町白山神社大樫①

170128小川町白山神社大樫⑧

170128小川町白山神社大樫④

穴から向こうの景色が見えます。
170128小川町 白山神社大樫

直径約1.2mの切株が2株。他にも切株があります。かつては巨木に囲まれていたようです。
170128小川町白山神社大樫⑪


白山神社
創建は、健治2年(1276)に大梅寺の円了禅師が加賀国白山権現を勧請したと伝えられています。大梅寺の別当で白山神社に隣接して建てられている長昌寺が神社を管理していましたが、明治3年(1870)神仏分離政策で管理を離れました。
170128小川町白山神社大樫⑫


住 所 埼玉県比企郡小川町増尾31 白山神社
交 通 東武東上線・JR八高線「小川町駅」より約1.3km

白山神社MAP


Posted on 2017/02/20 Mon. 21:01 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

八幡(はちまん)神社の大ケヤキ 

杉に囲まれた境内に大きなケヤキが立っています。案内板によると、このケヤキが地下の水を吸い上げるため、この地の井戸はどんなに日照りでも水が涸れないといわれているそうです。

●埼玉県比企郡小川町
●小川町指定天然記念物
案内柱(1985)※(2000)
樹高30m30m
幹周4.5m4.9m
推定樹齢300年以上
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 白山神社の大カシ(約400m)
●撮影年月日 2017年1月28日

170128小川町八幡神社の欅①

170128小川町八幡神社の欅④

すぐそばに松尾芭蕉の句碑があります。
『春もやや けしきととのふ 月と梅』
(月はおぼろに霞み、梅は花をほころばせて、春もようやくその気配をととのえてきたようである)
170128小川町八幡神社の欅⑤


八幡神社
創建は、元弘3年(1333)。古くから神明社が祀られていましたが、鎌倉幕府最後の将軍、守那親王(もりくにしんのう)が鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮を境内に勧請したのが八幡神社の始まりであるといわれています。
行事や信仰は守那親王にちなむものが多く、例大祭は親王の命日の9月19日、親王が的場で馬術を習ったことから流鏑馬や馬くらべが行われていました。

170128小川町八幡神社欅⑧

狛犬だけでなくハトもいます。
170128小川町八幡神社の欅⑦

住 所 埼玉県比企郡小川町大塚427  八幡神社
交 通 東武東上線・JR八高線「小川町駅」より約1.3km

八幡神社MAP

Posted on 2017/02/17 Fri. 04:29 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

塩の大エノキ 

広々とした見通しのいい空間に、大エノキとお地蔵様が孤高の姿で立っていました。ほとんど人も通らないと思える場所ですが、エノキには新しい紙垂の下がった細い注連縄が巻かれ、お地蔵さんには小さいミカンがお供えしてありました。

●埼玉県熊谷市
※(2000)
樹高7m
幹周4.3m
推定樹齢
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2017年1月28日

170128熊谷市 塩の大榎①

170128熊谷市 塩の大榎③

170128熊谷市 塩の大榎⑤

お地蔵様は「いぼ地蔵」です。いぼがとれるよう泥の団子を供えてお願いし、治ったら御礼に米の団子を供えたといわれています。
170128熊谷市 塩の大榎⑥

170128熊谷市 塩の大榎⑦

T字路の正面に立っていて何だか道しるべのよう。右の道をまっすぐに進むと「地獄沼」という怖い名前の沼があります。
170128熊谷市 塩の大榎⑧

どれだけオドロオドロして怖い沼なのかと思ったら、水面はものすごくきれいに景色が映っていました。
170128熊谷市 塩の大榎⑨

170128熊谷市 塩の大榎⑩

住 所 埼玉県熊谷市塩
交 通 JR八高線・東武東上線「小川町駅」より国際十王バス「熊谷駅」行き乗車
    「吉田入口」下車約960m

塩の大エノキMAP

Posted on 2017/02/14 Tue. 22:03 [edit]

thread: 自然の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

供養塚上のスダジイ 

浄明寺の駐車場の道路向かいに塚の上に立つスダジイがありました。5本に株立ちしているので、遠くから見るとこんもりとした塊に見えます。根元には庚申塔がいくつも置かれていました。
この供養塚は、江戸時代後期に活躍した女流俳人「斉藤その女(じょ)」が生まれた名主の斉藤家と縁が深く、お盆やお彼岸には供養されてきた場所だそうです。近くの西光院には斉藤家の立派なお墓があり、市指定の文化財になっています。

●千葉県船橋市
樹高21.5m
幹周6.7m(5本株立ち)
推定樹齢
 ※『ふなばし巨木・名木マップ』(北総の森・巨樹古木研究会 2012)

●撮影年月日 2017年1月18日

170118供養塚のスダジイ①

寛政6年(1794)、文政7年(1824)の年号が見えました。
170118供養塚のスダジイ④

170118供養塚のスダジイ⑦


住 所 千葉県船橋市大穴北5-19付近
交 通 新京成線「三咲駅」より約2.6km

供養塚のスダジイMAP

Posted on 2017/02/13 Mon. 06:21 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

四谷見附公園のプラタナス 

迎賓館の近くに「四谷見附公園」があります。大正10年(1921)に公園として公開された時にはすでにあった木だということで、巨木の多い新宿の公園の中で最大のプラタナスです。和名は「モミジバスズカケノキ」です。

初めて見ましたが、日本樹木医会の「健康優良樹」のお墨付きの案内板があります。認定されている木は全国的にとても少なく、東京都ではこの木だけです。

●東京都新宿区
●みどりの新宿30選
樹高32m
幹周4.8m
推定樹齢
 ※『巨木学』(宮誠而 2015)

●周辺巨樹 新宿御苑の木々 新宿御苑のラクウショウ(約1.7km)
●撮影年月日 2017年1月18日

170118四谷見附公園1

円形劇場のような公園の中央にこの木が主人公のように立っています。近くの植え込みにはこんな文章が刻まれています。
「人生は舞台である 主役は、この木のように上手から登場し、下手へと消える。舞台には、ただ、喝采が残る。
人の活動は、文化である。そして、その軌跡は、歴史となる。」
170118四谷見附公園2

170118四谷見附公園プラタナ

日本樹木医会の「健康優良樹」案内板
170118四谷見附公園案内

中学校側にも斜めの大きなプラタナスが生えています。
170118四谷見附公園のプラタ


四谷見附公園
大正10年(1921)、「赤坂離宮前記念公園」として当時の東京市に委託管理・開園されましたが、後に新宿区の公園として「四谷見附公園」と改称されました
170118四谷見附公園⑧

住 所 東京都新宿区四谷1-12(区立四谷中学校南)
交 通 JR中央本線・東京メトロ丸の内線・南北線「四ツ谷駅」より約460m

四谷見附公園MAP

Posted on 2017/02/10 Fri. 06:17 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

東京都  /  TB: 0  /  CM: 0

榎の大木 

榎の大木は、佐倉西部自然公園(仮称)の上手繰川側の駐車場から入ってすぐの台地に立っています。周囲の木に比べ抜きんでて大きく、「主役」という感じの存在感です。

佐倉西部自然公園(仮称)は、里山・谷津の保全と再生、多様な生物の保全などを理念に佐倉市が買い上げた約35ヘクタールの地域で、里山自然公園を目指して整備中です。
(仮称)佐倉西部自然公園情報(佐倉市)

●千葉県佐倉市
実測(2016)
樹高
幹周4.8m
推定樹齢

●周辺巨樹 ちゃぶくばあさん(約900m)
●撮影年月日 2016年12月21日

161221佐倉市下志津大榎①

161221佐倉市下志津大榎②

161221佐倉市下志津大榎③

161221佐倉市下志津大榎④

住 所 千葉県佐倉市下志津
交 通 京成本線「ユカーリが丘駅」より約2.3km
 
榎の大木MAP(佐倉西高の東南)


Posted on 2017/02/08 Wed. 07:37 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

ちゃぶくばあさん 

巨木ではないのに古老の風格があるエノキで、小柄なお年寄り、まさにおばあちゃんという感じです。案内板によると、『風邪の神が宿る木』と呼ばれていて、昔はエノキに吊るしてある竹筒にお茶を入れてお参りすると風が治るという言い伝えがあったそうです。今でも竹筒や湯のみが供えられています。

●千葉県佐倉市
実測
樹高
幹周2.6m
推定樹齢

●周辺巨樹 下志津春日神社の樹林(約450m)
      榎の大木(約900m) 
●撮影年月日 2016年12月21日

161221ちゃぶくばあさん①

161221ちゃぶくばあさん②

161221ちゃぶくばあさん④


住 所 千葉県佐倉市下志津470付近
交 通 京成本線「ユーカリが丘駅」より約1.9km

ちゃぶくばあさんMAP

Posted on 2017/02/05 Sun. 14:04 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 2

下志津春日神社の樹林 

神社の規模は大きくないですが、目を引く木が多いです。ケヤキ、アカガシも良いですが、一番印象に残ったのはスダジイです。この神社の木として代表とされるスダジイは境内左手に立っているのですが、その木とは別に境内裏手にあるスダジイが根上がり凄くて、歩きそうなくらい根が上がっていました。
現在の境内木は江戸時代末期に植えられたものと推定されています。

近所に、伝承樹齢650年で根元から幹がV字に分かれた「報恩寺のシイ」があるのですが、一昨年倒れてしまったそうで根元から切断されており、往年の姿を見ることはできませんでした。

●千葉県佐倉市
●佐倉市指定保護樹林(アカガシ・スダシイ・ケヤキ)
案内板(1976)※(スダジイ)
樹高18m
幹周3.3m
推定樹齢150年200年
 ※佐倉市『名木・古木・樹林・草地等保存選定一覧表(公開用)』

●周辺巨樹 ちゃぶくばあさん(約450m)
●撮影年月日 2016年12月21日

社殿裏手のスダジイは、今にも歩きそう
161221下志津春日神社①

161221下志津春日神社②

幹の半分は失われ、内部は焼けた跡がありました
161221下志津春日神社③

代表のスダジイ
161221下志津春日神社④

161221下志津春日神社⑤

アカガシ
161221下志津春日神社⑥

161221下志津春日神社⑦

ケヤキ
入口右手のケヤキは、反り返っています
161221下志津春日神社⑧

入口左手のケヤキの根は、巨大な鳥の足のよう
161221下志津春日神社⑨

春日神社
貞和5年(1349)建立、文政8年(1823)再建。本殿は明治13年(1880)に立て替えられたと伝えられています。
境内社が多く、八坂神社、八百稲荷神社、子安神社、古峯神社、天満宮、戸隠神社が祀られています。
161221下志津春日神社⑩

住 所 佐倉市下志津823  春日神社
交 通 京成本線「ユーカリが丘駅」より約1.6km

春日神社MAP


Posted on 2017/02/04 Sat. 04:35 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 2

上岩瀬のシイノキ 

医王寺のどこかユーモラスな仁王様の門をくぐると、境内右手に枝葉が地面にまで届いている大きなシイノキがありました。主幹は空洞化していますが、他の幹が補うようにして大きく枝葉を広げていました。

●埼玉県羽生市
●羽生市指定天然記念物
案内板(2012)
樹高8m
幹周4.26m
推定樹齢400年

●周辺巨樹 御霊神社のエノキ(約850m)
      堂城稲荷神社のイチョウ 堂城稲荷神社の大エノキ(約900m)
●撮影年月日 2016年12月7日

161207上岩瀬のシイノキ①


161207上岩瀬のシイノキ②

161207上岩瀬のシイノキ③

161207上岩瀬のシイノキ⑤

161207上岩瀬のシイノキ⑥


医王寺
新義真言宗で、羽生正覚院の末寺です。永享11年(1439)、証範大和尚により開山されました。慶安2年(1649)、徳川三代将軍家光より薬師堂領23石の御朱印を賜わり、以後継続されました。
昭和31年(1956)原因不明の火災で全焼、昭和37年(1962)に檀徒によって再建されました。
161207上岩瀬のシイノキ⑦

161207上岩瀬のシイノキ⑧

161207上岩瀬のシイノキ⑨

住 所 埼玉県羽生市上岩瀬705  医王寺
交 通 秩父鉄道「新郷駅」より約1.1km

医王寺MAP

Posted on 2017/02/03 Fri. 07:48 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

堂城稲荷神社の大エノキ 

入口のイチョウに目を止めて神社に立ち寄ったのですが、小さい社殿の裏に大エノキがありました。枯れ死しているかのような荒れた感じがありますが死んでいません。
昔、すぐそばを流れる会の川(現在は用水路)は利根川の本流でした。度々水害に見舞われ、沼や沢ができて蛇が住むような場所だったそうで、このエノキに大蛇が住んでいた伝承もあります。本当に何か出てきそうな雰囲気でした。

●埼玉県羽生市
実測
樹高
幹周6.4m
推定樹齢

●周辺巨樹 堂城稲荷神社のイチョウ
      御霊神社のエノキ(約170m) 上岩瀬のシイノキ(約900m)
●撮影年月日 2016年12月7日

棕櫚やスギ、藤棚に囲まれています。
161207堂城稲荷神社の榎①

161207堂城稲荷神社の榎②

161207堂城稲荷神社の榎④

根元の2ヶ所には祠が祀られ、ミニ稲荷がたくさん並んでいました。
161207堂城稲荷神社の榎⑦

161207堂城稲荷神社の榎⑧

300年前、大エノキの洞に人食い大蛇と恐れられる蛇が住みつき、里人は困り果てていました。遂に或る家の主人が先祖伝来の太刀で大蛇退治をしました。大蛇の死骸はリヤカー3台分もありました。芝原に大蛇を弔い供養しましたが、主人の家では災難や不思議な事が絶えず、家のそばに蛇塚を作って死骸を移し祠を祀りました。大エノキは御神木として注連縄を飾り、洞には大蛇を水の神と称えて弁天様を祀りました。≪参考:『羽生昔がたり 第17巻』(羽生市役所秘書広報課)≫

堂城稲荷神社
昔起きた大蛇退治で胴切りになった大蛇を哀れんで「堂城(胴切)」の神号になったという伝承があります。
五穀豊穣、商売繁盛、社運隆盛のご利益があります。

161207堂城稲荷神社の榎⑪

住 所 埼玉県羽生市上新郷  堂城稲荷神社
交 通 秩父鉄道「新郷駅」より約400m

堂城稲荷神社MAP

Posted on 2017/02/01 Wed. 19:34 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

堂城稲荷神社のイチョウ 

「御霊神社のエノキ」を後にして道なりに歩いて行くと、枝の流れがきれいなイチョウが見えてきました。そばには石の鳥居とずらっと並んだ古びた木の鳥居・・・独特の風情のある神社です。
神社は小さいのですが、イチョウの他にシュロ、サクラ、エノキがそれぞれ存在を訴えるように立っていました。

●埼玉県羽生市
実測
樹高
幹周3.7m
推定樹齢

●周辺巨樹 堂城稲荷神社の大エノキ
      御霊神社のエノキ(約170m) 上岩瀬のシイノキ(約900m)
●撮影年月日 2016年12月7日

161207堂城稲荷神社銀杏①

正面から。周囲に高いものが無いので、とても目立ちます。鳥居左のシュロもイチョウに負けじと頑張って伸びているような。
161207堂城稲荷神社銀杏②

161207堂城稲荷神社銀杏③

鳥居の両側にはサクラが広く枝を広げています。サクラの季節は見事なようです。
161207堂城稲荷神社銀杏⑤


堂城稲荷神社
昔起きた大蛇退治で胴切りになった大蛇を哀れんで「堂城(胴切)」の名になったという伝承があります。
五穀豊穣、商売繁盛、社運隆盛のご利益があります。

新旧の鳥居が並んでいます。奉納した会社の札が掛けられています。
161207堂城稲荷神社銀杏⑥

社殿の真後ろに大蛇伝説のある大エノキが鎮座しています。
161207堂城稲荷神社銀杏④

住 所 埼玉県羽生市上新郷  堂城稲荷神社
交 通 秩父鉄道「新郷駅」より約400m

堂城稲荷神社MAP

Posted on 2017/01/31 Tue. 05:41 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

御霊神社のエノキ 

「新郷シイノキ」を見た後、南方用水路沿いを南下していくと紅葉している巨木が現れました。幹が3本ありますが根元はしっかり合体しているので、分かれたもののようです。周囲も高木が多く、道路沿いに回ると御霊神社がありました。エノキは神社の境内の裏手の隅に生えていたのでした。

●埼玉県羽生市 
●周辺巨樹 堂城稲荷神社のイチョウ  堂城稲荷神社の大エノキ(約170m) 
      上岩瀬のシイノキ(約850m) 上新郷シイノキ(約1.4km)
●撮影年月日 2016年11月23日

161207御霊神社のエノキ①

161207御霊神社のエノキ②

161207御霊神社のエノキ③

161207御霊神社のエノキ④


御霊神社
案内板によると、江戸時代以前、利根川(現在の会の川)が氾濫した時、伝染病に悩む村人が、京都から守り神として御霊神社を創建したと伝えられています。
161207羽生御霊神社のエノキ

住 所 埼玉県羽生市上岩瀬632
交 通 秩父鉄道「新郷駅」より約400m

御霊神社MAP

Posted on 2017/01/27 Fri. 21:07 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

上新郷シイノキ 

民家の敷地内にあります。門のところに案内板があり、解放されていたので少し立ち入らせていただきました。
家の前の道路は、江戸時代の五街道につながる主要な街道で、日光へお参りするための日光脇往環と呼ばれてきました。この地は新郷宿で、シイノキのある家は、大名や幕府の役人などが宿泊する本陣を務めていたそうです。

●埼玉県羽生市
●羽生市指定天然記念物
案内板(1996)※(1988)
樹高18m18m
幹周根周7.15m5.44m(2本) 主幹2.84m
推定樹齢400年
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 御霊神社のエノキ(約1.4km)
●撮影年月日 2017年12月7日

161207羽生上新郷シイノキ①

161207羽生上新郷シイノキ②

161207羽生上新郷シイノキ⑤

161207羽生上新郷シイノキ⑥


住 所 埼玉県羽生市上新郷5937
交 通 秩父鉄道「新郷駅」より約1.2km

上新郷シイノキMAP

Posted on 2017/01/25 Wed. 16:31 [edit]

thread: 自然の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

小見川沿いの大クスノキ 

小見川の土手上に遠くからでも分かるひと際大きい緑の塊が見えました。土手の上から生えているように見えますが、実際は堤防の下から生えています。個人の敷地に生えているので、下に降りてそばには行けませんが、のびのびと生きている巨木の姿は土手の上からでも十分楽しめました。

●茨城県龍ヶ崎市
樹高30m
幹周5.4m
推定樹齢350年
 ※『龍ヶ崎のお宝の木 巨樹・古木』(龍ヶ崎市 2013)

●周辺巨樹 鹿嶋神社のアカガシ(約1.6km)
●撮影年月日 2016年11月26日

道路上に立っているように見えますが、道路は土手です。土手の下から生えています。
161126龍ヶ崎小見川楠①

161126龍ヶ崎小見川楠②

土手が小さく見えます。
161126龍ヶ崎小見川楠③

161126龍ヶ崎小見川楠④

太陽が反射した小見川の景色もきれいでした。
161126龍ヶ崎小見川楠⑤

住 所 茨城県龍ヶ崎市川原代町
交 通 常磐線「佐貫駅」より約970m

小見川沿いの大クスノキMAP

Posted on 2017/01/23 Mon. 07:07 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

鹿嶋神社のアカガシ 

境内に並ぶ大きなケヤキを見ながら社殿左奥に入って行くと、背後を竹に囲まれるようにアカガシが立っていました。正面から見ると分かりませんが、裏に回ると1本の竹がアカガシを貫いています。貫かれたアカガシの姿も印象的ですが、貫いて伸び続けた竹の姿にも生きようとするたくましさを感じて印象的でした。

●茨城県龍ヶ崎市
樹高15m
幹周3.5m
推定樹齢300年
 ※『龍ヶ崎のお宝の木 巨樹・古木』(龍ヶ崎市 2013)

●周辺巨樹 小見川沿いの大クスノキ(約1.6km) 
      鬮神社のケヤキ・スダジイ(約2km)
●撮影年月日 2016年11月26日

161126龍ヶ崎市 鹿嶋神社①

161126龍ヶ崎市 鹿嶋神社②

161126龍ヶ崎市 鹿嶋神社③

161126龍ヶ崎市 鹿嶋神社④

鹿嶋神社
創建は天正3年(1575)、 御祭神は武甕槌命(タケミカヅチノミコト)、別称鹿島神です。
明治2年(1869)に再建され、壁画は江戸の彫刻師後藤家一派の作といわれる見事な彫刻が施されています。
161126龍ヶ崎市 鹿嶋神社⑥

住 所 茨城県龍ケ崎市南中島町35
交 通 関東鉄道竜ヶ崎線「入地駅」より約1.4km
    JR常磐線「佐貫駅」より約1.7km

鹿嶋神社MAP

Posted on 2017/01/21 Sat. 06:39 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

鬮(くじ)神社のケヤキ・スダジイ 

金龍寺のムクノキからさほど遠くないのですが、木漏れ日の差すスギ林の細い道を行くのは別世界の感がありました。まもなく左にケヤキ、右にスダジイが鳥居のように立っている鬮(くじ)神社に着きました。神社自体は小さい祠があるだけなので巨木が無ければ見落としてしまうでしょう。小さい祠と木種の違う巨木の組み合わせが絵になる印象深い場所でした。

●茨城県龍ヶ崎市
ケヤキ※スダジイ※
樹高30m30m
幹周4m4.6m
推定樹齢300年300年
 ※『龍ヶ崎のお宝の木 巨樹・古木』(龍ヶ崎市 2013)

●周辺巨樹 金龍寺のムクノキ (約600m) 鹿嶋神社のアカガシ(約2km)
●撮影年月日 2016年11月26日

161126龍ヶ崎市くじ神社①

161126龍ヶ崎市くじ神社⑦

161126龍ヶ崎市くじ神社④

スダジイは大枝の損傷が惜しいです。
161126龍ヶ崎市くじ神社③

どっしり構えている感のケヤキ。
161126龍ヶ崎市くじ神社⑤

161126龍ヶ崎市くじ神社⑥

木漏れ日が差す道も気持ち良かったです。
161126龍ヶ崎市くじ神社⑩


(くじ)神社
この地域は、多くの屋敷神が祀られていたそうで、この祠も某家の氏神様で、クジ(運)の神様だったそうです。
伝承によると「昔、徴兵検査などのかけごとの願掛け参りに来た」「昔、佐倉惣五郎が隠れたという。そこには杓文字があって、これを借りてご飯をよそると「メシトル」といって風邪が治る」というような話があったそうです。

161126龍ヶ崎市くじ神社⑧

千羽鶴や杓文字が奉納されています。
161126龍ヶ崎市くじ神社⑪

住 所  茨城県龍ケ崎市若柴町
交 通 JR常磐線「佐貫駅」より約1.6km

鬮(くじ)神社MAP

Posted on 2017/01/19 Thu. 06:17 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

金龍寺のムクノキ 

参道に通じる小道から入ると消防団の建物があり、真横に立派な根張りのムクノキが立っていました。そばには観音寺跡の立て札、天保10年(1840)建立の弘法大師尊の祠、その後方には不動明王がありました。
すぐ近くには、正式に参道に入るための短い階段があり、枯れ死に近いムクノキがあrります。この木も元気だった頃、2本そびえ立ち大きな傘を広げた景観は見事だったことでしょう。

●茨城県龍ヶ崎市
樹高20m
幹周5.2m
推定樹齢300年
 ※『龍ヶ崎のお宝の木 巨樹・古木』(龍ヶ崎市 2013)

●周辺巨樹 鬮(くじ)神社のケヤキ・スダジイ(約600m)
●撮影年月日 2016年11月26日

161126龍ヶ崎市金龍寺の椋①

161126龍ヶ崎市金龍寺の椋②

161126龍ヶ崎市金龍寺の椋③

ムクノキのそばには観音寺跡の立て札があり、天保10年(1840)建立の弘法大師尊の祠とその後方には反対向きに不動明王がありました。
161126龍ヶ崎市金龍寺の椋④


参道近くには、三叉に分かれ真ん中の幹が左右の間から出ているという面白い姿の木。
161126龍ヶ崎市金龍寺の椋⑤


金龍寺
山号は太田山の曹洞宗の寺です。豪族新田氏の菩提寺です。元享元年(1321)、新田義貞の創建、天真禅師の開基と伝わりますが、孫により応永14年(1407)に上州新田郡(群馬県太田市)に建立されたのが始まりという説もあります。天正18年(1590)、子孫の由良国繁が太田金山城から牛久に国替えになり、寺も一緒に移りました。寛文6年(1666)、現在地に移されましたが、天保年間(1830~1843)に火災に遭い、再建されました。
161126龍ヶ崎市金龍寺の椋⑦

住 所 茨城県龍ケ崎市若柴町866
交 通 JR常磐線「佐貫駅」より約1.4km

金龍寺MAP

Posted on 2017/01/17 Tue. 14:41 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

二宮神社のイチョウ 

正面の鳥居をくぐって階段を下りると参道、その両側にはマツやスギの保存樹林があり。参道が終わりにまた階段があり上がった二の鳥居のそばにイチョウが参拝者を迎えるように立っていました。
市内で最も高いイチョウです。安政5年(1858)刊行の『成田参詣記』にある「三山明神社(二宮神社)」の挿絵にこの大きなイチョウが描かれています。

●千葉県船橋市
●船橋市指定天然記念物
案内板(2011計測)※(2000)
樹高25m20m
幹周4.71m5.3m
推定樹齢
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2016年11月23日

161123二宮神社銀杏①

161123二宮神社銀杏②

161123二宮神社銀杏③

形の良いクスノキと思って近づくと・・・
161123二宮神社銀杏④

途中から二股に分かれた幹と見事に広がった根っこです。
161123二宮神社銀杏⑤

参道は、谷を横断して進むように作られています。
161123二宮神社銀杏⑧


二宮神社
弘仁年間(810~823)、嵯峨天皇の御勅創によると伝えられています。延喜5年(905)の「延喜式神名帳」に記載されている「寒川神社」が元の呼称だったそうです。乾元2年(1302)の鐘には「二宮社」と刻まれています。
社殿は安永年間(1772~1781)に再建されました。屋根は大正時代に茅葺屋根から銅板葺の屋根にと変わりました。
161123二宮神社銀杏⑥

住 所 千葉県船橋市三山5丁目20-1
交 通 JR総武線「津田沼駅」よりバス北口4番「二宮神社」行き・3番「二宮
    神社前」行き乗車終点下車
    または京成本線「京成大久保駅」・新京成線「薬園台駅」より
    各約1.95km

二宮神社MAP

Posted on 2017/01/15 Sun. 12:01 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

上志津西福寺のカヤ 

西福寺境内西側に、巨木のイチョウ・ケヤキと離れて堂々としたカヤも元気に立っていました。幹には空洞がありますが、根が台地に広がりまっすぐ伸びた元気な姿で寺を見下ろしていました。

●千葉県佐倉市
●佐倉市指定保存樹(ケヤキ・カヤ・イチョウ)
案内板(1973)実測(2016)
樹高約26m
幹周約6m
推定樹齢350年350年
 ※佐倉市『名木・古木・樹林・草地等保存選定一覧表(公開用)』

●周辺巨樹 上志津西福寺のケヤキ  上志津西福寺の大イチョウ
      天御中主神社のケヤキ(約480m)
●撮影年月日 2016年11月23日 

161123上志津西福寺カヤ①

161123上志津西福寺カヤ②

161123上志津西福寺カヤ③

161123上志津西福寺カヤ④


西福寺
佐倉市井野のスダジイのある千手院の隠居寺として建立されました。
明治6年(1873)、井野小学校が開校の時には西福寺が校舎になりました。
161123上志津西福寺銀杏⑤

住 所 千葉県佐倉市上志津937
交 通 京成本線「志津駅」より約1.2km

上志津西福寺MAP

Posted on 2017/01/13 Fri. 19:37 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

上志津西福寺のケヤキ 

西福寺の前を通りかかった時、まず目に飛び込んだのが、このケヤキの根っこでした。イチョウ・カヤの巨木もそばに立ち、壮観な眺めです。住宅地を歩いていたのに、巨木が立ち並んだ場が突如現れて、なんだか別世界に紛れ込んでしまった感がありました。
未見ですが、西福寺の東のご近所のお宅にも樹齢推定300年の大ケヤキがあるそうです。

●千葉県佐倉市
●佐倉市指定保存樹(ケヤキ・カヤ・イチョウ)
案内板(1973)
樹高25m
幹周3.45m
推定樹齢350年350年
 ※佐倉市『名木・古木・樹林・草地等保存選定一覧表(公開用)』

●周辺巨樹  上志津西福寺の大イチョウ  上志津西福寺のカヤ
       天御中主神社のケヤキ(約480m)

●撮影年月日 2016年11月23日 

161123佐倉市西福寺の欅①

161123佐倉市西福寺の欅②

すぐそばには、空洞の多いカヤが立っています。
161123佐倉市西福寺の欅④

161123佐倉市西福寺の欅⑥


西福寺
真言宗豊山派。佐倉市井野の千手院の隠居寺として建立されました。千手院にはスダジイがあります。明治6年(1873)、井野小学校が開校では、西福寺が校舎になりました。
161123佐倉市西福寺の欅⑤

住 所 千葉県佐倉市上志津937
交 通 京成本線「志津駅」より約1.2km

上志津西福寺MAP

Posted on 2017/01/11 Wed. 09:30 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

上志津西福寺の大イチョウ 

予定外の巨木発見でした。西福寺の境内木は市の指定保存樹林になっていて、ケヤキ3本、大カヤ3本、イチョウ1本が巨木で、お宝がいっぱいのお寺です。一番目立つイチョウは、境内を金色の絨毯にしていました。

境内にご近所の女性がいらっしゃり、その方はこのイチョウを見ると癒されるのでたまに訪れるそうです。埼玉から来た私をとても喜んでくださいました。

●千葉県佐倉市
●佐倉市指定保存樹(ケヤキ・カヤ・イチョウ)
案内板(1973)実測(2016)
樹高約28m
幹周約5.1m
推定樹齢350年350年
 ※佐倉市『名木・古木・樹林・草地等保存選定一覧表(公開用)』

●周辺巨樹 上志津西福寺のケヤキ  上志津西福寺のカヤ
      天御中主神社のケヤキ(約480m)
●撮影年月日 2016年11月23日 

161123上志津西福寺銀杏①

161123上志津西福寺銀杏②

161123上志津西福寺銀杏③

161123上志津西福寺銀杏④


大ケヤキの天御中主神社からの帰り、市の文化資産認定の八幡神社に寄り道しようと、八幡神社近くにあるらしい西福寺を目標に歩き西福寺の前まで来ましたら、見通しの良い境内にどんとそびえる大ケヤキ、その奥には大イチョウ、離れて大カヤも鎮座していて唖然・・・八幡神社に行こうと思って良かった。


西福寺
佐倉市井野の千手院の隠居寺として建立されました。千手院はスダジイがあります。明治6年(1873)、井野小学校が開校では、西福寺が校舎になりました。
161123上志津西福寺銀杏⑤

住 所 千葉県佐倉市上志津937
交 通 京成本線「志津駅」より約1.2km

上志津西福寺MAP

Posted on 2017/01/08 Sun. 13:21 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 2

天御中主(あめのみなかぬし)神社のケヤキ 

大きな空洞があり、中は広範囲に焼けた跡が残っています。裏手から見上げると高い枝も炭化していて、炎が突き抜けたような大きな火難に遭ったのでしょう。それでも根がたくましく踏ん張っている様は見事です。かたわらの木が紅葉の色を添えていました。
寛永3年(1626)の神社の創建以来境内木として管理保存されています。
また、階段左下に立つ前方にL字に曲がって伸びたケヤキも見所ありです。

●千葉県佐倉市
●佐倉市保護樹林(ケヤキ・アカガシ・スダジイ)
案内板実測
樹高25m
幹周約6m
推定樹齢600年600年
 ※佐倉市『名木・古木・樹林・草地等保存選定一覧表(公開用)』

●周辺巨樹 上志津西福寺の大イチョウ  上志津西福寺のカヤ
      上志津西福寺のケヤキ(約480m) 
●撮影年月日 2016年11月23日

161123天御中主神社の欅①

161123天御中主神社の欅③

161123天御中主神社の欅⑤

高所の枝の内側も火災により炭化しています。
161123天御中主神社の欅⑥

階段左下のケヤキ
161123天御中主神社の欅⑨

161123天御中主神社の欅⑩

161123天御中主神社の欅⑪


天御中主(あめのみなかぬし)神社
寛永3年(1626)創建と伝わります。もとは北極星・北斗七星を神とする妙見菩薩が祀られていましたが、明治時代の神仏分離令で御祭神が天御中主神になりました。平成20年に佐倉市市民文化資産に選定されました。
神社を含む一帯は、志津城跡とされていて、中世には志津氏または千葉氏の館があったとされています。平成12年(2000)に、社殿の裏山から中世の大甕が出土され、中に人骨、古銭、カワラケなどが入っていました。
161123天御中主神社の欅⑧

住 所 千葉県佐倉市上志津962
交 通 京成本線「志津駅」より約1.2km

天御中主神社MAP


Posted on 2017/01/05 Thu. 08:25 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

臼井稲荷神社のケヤキ 

星神社からの帰り、来る時とは違う道を歩いていると「雷電公園」「稲荷神社」に通じる石段がありました。「雷電神社はよく聞くけど、公園か~」と何気に立ち寄る気になり石段を上がりましたら、なんとケヤキの巨樹が迎えてくれました。
たくましい枝に大きなこぶ、貫禄充分なケヤキです。予定外の出会いは本当に嬉しくなってしまいます。
江戸時代中期に、神社が建立された境内木として植えられたといわれています。

ちなみに「雷電公園」の名前の由来は、江戸時代の力士雷電が稲荷の祠や石段を寄進したからのようです。明治時代初期には展望台もある公園でしたが、大正時代初め頃には廃園となってしまい、現在は神社があるだけです。

●千葉県佐倉市
●佐倉市保護樹木(ケヤキ・スダジイ)
案内板(1974)
樹高20m
幹周約3.4m
推定樹齢300年300年
 ※佐倉市『名木・古木・樹林・草地等保存選定一覧表(公開用)』

●周辺巨樹  星神社のムクノキ(約700m)
●撮影年月日 2016年11月23日

161123臼井稲荷神社の欅①

161123臼井稲荷神社の欅②

根元は、稲荷神社や疱瘡神などの祠や石碑が祀られています。ヒサカキも供えられてるかのように植えられています。
161123臼井稲荷神社の欅③

裏手から見ると、幹の曲線がきれいです。
161123臼井稲荷神社の欅④

161123臼井稲荷神社の欅⑦


臼井稲荷神社
3つの小祠があり、向かって左から三峯・古峯神社、稲荷神社、子安神社です。
臼井環境整備委員会が建立した碑によると、境内の敷石は、もとは寛政年間(1789~1801)に雷電が寄進した石段でした。石段改修の時に敷石として保存されることになったそうです。
161123臼井稲荷神社の欅⑥

住 所  千葉県佐倉市臼井126  臼井稲荷神社
交 通  京成本線「京成臼井駅」より約600m

臼井稲荷神社MAP


Posted on 2017/01/02 Mon. 08:09 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

星神社のムクノキ 

周囲に高いもののない見通しの良い神社です。ポツポツと立つ紅葉のイチョウがきれいでした。ムクノキは参道を進んで境内の左手にひと際高く立っていました。ムクノキの根元には子安観音堂や出羽三山参りの記念碑が建てられ、神社の拠り所になっている木です。江戸時代中期に植えられたと推定されています。

●千葉県佐倉市
●佐倉市指定保存樹(ムクノキ・ヤブツバキ)
案内板(1989)実測
樹高16m
幹周4.9m
推定樹齢250年250年
 ※佐倉市『名木・古木・樹林・草地等保存選定一覧表(公開用)』

●周辺巨樹  臼井稲荷神社のケヤキ(約700m)
●撮影年月日  2016年11月23日

161123星神社のムクノキ①

161123星神社のムクノキ

根の間の記念碑は「羽黒大神」「月山大神」「湯殿大神」と彫られています。
161123星神社のムクノキ③

子安観音堂の中には、大正3年(1914)建立の子安様が祀られています。安産や幼子の成長を守護する観世音菩薩です。
161123星神社のムクノキ⑤

可愛い布と手編みの掛け物がされ大事にされています。掛け物で見えませんが、赤子を抱いているそうです。
161123星神社のムクノ⑦キ


星神社(臼井妙見社)
永久年間 (1113~1118年)、臼井城築城の際に、城内の鬼門の地に創建された社のひとつといわれています。妙見信仰は、北極星・北斗七星を神格化した信仰です、明治時代の神仏分離令で現在の星神社になり、天御中主命が 御祭神になりました。
161123星神社のムクノキ⑥

161123星神社のムクノキ⑧

住 所 千葉県佐倉市臼井田1080  星神社(臼井妙見社)
交 通 京成本線「京成臼井駅」より約1.3km

星神社(臼井妙見社)MAP


Posted on 2016/12/29 Thu. 06:47 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

真福寺の大銀杏 

境内の左手にあたる駐車場側から境内に入ったのですが、入るとすぐにド~ンと大きいイチョウでした。枝葉は大きく広がり上部も高く伸びて想像以上に大きくて良い木でした。
紅葉が始まりだした頃で、境内が広く黄金色になりつつありました。もう少し後に行ったら黄金色の絨毯だったことでしょう。

●茨城県龍ヶ崎市
案内板実測
樹高35m
幹周5.1m
推定樹齢300年
 ※『龍ヶ崎のお宝の木 巨樹・古木』(龍ヶ崎市 2013)

●撮影年月日 2016年11月12日

161112真福寺の大銀杏①

161112真福寺の大銀杏④

161112真福寺の大銀杏⑥


真福寺
通称「大塚の愛宕様」と呼ばれる火伏地蔵尊が祀られています。祭りの日に酒盛りをしていた家は火事になり、飲まなかった家は助かったという伝承があり、毎月24日は禁酒なのだそうです。
161112真福寺の大銀杏⑦

住 所 茨城県龍ヶ崎市大塚町2236
交 通 関東鉄道「竜ヶ崎駅」より龍ヶ崎市コミュニティバスBルート乗車「大塚」
    下車

龍ヶ崎市コミュニティバス情報

真福寺MAP

Posted on 2016/12/25 Sun. 07:57 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

佐沼の大クスノキ 

民家の敷地内の奥に立っているので、事前に龍ヶ崎に住む友人を介して立入の許可をお願いしました。
幹周が約6mもあるクスノキは、大谷石の蔵の横、作業場の屋根の間を突き抜けるように立っていました。家の主のような存在感でした。
隣の敷地は不動尊があり広々としていて、そこからも写真を撮ることができました。

●茨城県龍ヶ崎市
樹高30m
幹周6m
推定樹齢300年
 ※『龍ヶ崎のお宝の木 巨樹・古木』(龍ヶ崎市 2013)

●周辺巨樹  八坂神社のケヤキ(約2.8km)
●撮影年月日 2016年11月12日

161112佐沼の大クス①

161112佐沼の大クス②

不動尊側からよく見ることができます。
161112佐沼の大クス③

161112佐沼の大クス④

不動尊の敷地は広いですが、不動尊は小さく立っています。「第十五番」の札が掛けられていました。
161112佐沼の大クス⑥

住 所 茨城県龍ヶ崎市大徳町6045付近  不動尊
交 通 関東鉄道竜ヶ崎線「竜ヶ崎駅」より約3.4km
    (竜ヶ崎駅に無料レンタサイクルあり)

不動尊MAP


Posted on 2016/12/20 Tue. 21:07 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

八坂神社のケヤキ 

ケヤキは社殿向かって右奥の裏手に鎮座していました。天正5年(1577)、八坂神社が根町から上町に遷宮した際に植えられたと伝えられています。まっすぐ素直に立っている姿は、400年以上を生きてきた古木に思えませんでした。

11月中旬だったので、七五三参りで正装をしたご家族が何組かいました。境内はそれほど広くなかったので、そこにアウトドア~な私が子どもならぬ木に向き合ってバシャバシャ写真撮ってるのが、場違いというか何気に肩身狭いというかでした。

●茨城県龍ヶ崎市
●龍ヶ崎市指定天然記念物
案内板実測
樹高30m
幹周4.5m
推定樹齢400年
 ※『龍ヶ崎のお宝の木 巨樹・古木』(龍ヶ崎市 2013)

●周辺巨樹  愛宕神社のスダジイ(約1.3km)
       佐沼の大クスノキ(約2.8km)
●撮影年月日 2016年11月19日

161112 八坂神社の欅②

161112 八坂神社の欅①


鳥居のそばには2本の合体木のイチョウ
161112 八坂神社の欅⑤

隅で頑張ってるクスノキ
161112 八坂神社の欅⑥


八坂神社
文治2年(1186)、源頼朝の家臣下河辺政義公が、領地の竜ヶ崎市貝原塚の農民達を引き連れて、沼地だった根町を開拓して貝原塚八坂大神の分御霊を祀ったのが始まりとされています。天正5年(1577)、龍ヶ崎城主の土岐胤倫(たねとも)公は、さらに開拓を行い、八坂神社を根町から現在の上町に遷宮しました。
161112 八坂神社の欅

住 所 茨城県龍ケ崎市4279  八坂神社
交 通 関東鉄道「竜ヶ崎駅」より約650m

八坂神社MAP


Posted on 2016/12/16 Fri. 21:49 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

愛宕神社のスダジイ 

愛宕神社は、小高い丘陵地にあり中学校に隣接しています。石段を上がると社殿向かって左手に、こんもりした形の良いスダジイが立っていました。土曜日だったので中学校は休みで静かでしたが、平日は、生徒たちの活力を命の糧にして元気でいるのではと思いました。

●茨城県龍ヶ崎市
案内板実測
樹高15m
幹周4.2m
推定樹齢400年
 ※『龍ヶ崎のお宝の木 巨樹・古木』(龍ヶ崎市 2013)

●周辺巨樹  八坂神社のケヤキ(約1.3km)
●撮影年月日 2016年11月19日

161112愛宕神社スダジイ①

161112愛宕神社スダジイ②

161112愛宕神社スダジイ⑤


別のスダジイも立派で、こちらは注連縄がかけられています。
161112愛宕神社スダジイ⑧

愛宕神社
御祭神は迦具土命です。寛永18年(1641)、伊達政宗の嫡子陸奥守忠宗によって創建されました。伊達家の領地だった竜ヶ崎を一望できる小山に愛宕神社を祀って、領民の安泰と火災、災難よけを祈願しました。
現在の社殿は、宝永5年(1708)に再建されました。総欅作りですぐれた彫刻が施されています。

また神社と隣の中学校を含んだ丘陵地は、前方後円墳を含んだ複数の古墳があったそうで、「愛宕山古墳」といわれています。
161112愛宕神社スダジイ⑪

住 所 茨城県龍ヶ崎市3776  愛宕神社
交 通 関東鉄道竜ヶ崎線「竜ヶ崎駅」より約800m

竜ヶ崎線のコロッケトレインは、つり革にコロッケ、ポスターもステッカーもコロッケ♪
161112愛宕神社スダジイ⑫

愛宕神社MAP


Posted on 2016/12/13 Tue. 19:44 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

花鳥山の一本杉 

花鳥山は、日本武尊の伝説があり古戦場の跡地です。展望台があり、一本杉は、縄文時代前期の遺跡と神社と公園が一体化したようなところに立っています。 案内板によると、『甲斐國誌』(1816年)に「太さ五抱余リの杉樹があり、下に日本武ノ尊(やまとたけるのみこと)・浅間明神を祀る」とあるそうです。

杉は2本の合体木で、片方が太くなっています。2本あって片方が大きいと「夫婦」という形容がつく木がけっこうあるのですが、この木をいろんな角度から見ていると2本の関わりが「夫婦」というより、何気に「相棒」「真友」のように感じました。

●山梨県笛吹市
●八代町指定天然記念物  御坂町指定天然記念物
案内板その他実測
樹高30m
幹周6m
推定樹齢300年




●樹高約40m  幹周約8.3m  樹齢推定300年
●撮影年月日 2016年11月4日

161104花鳥山一本杉①

161104花鳥山一本杉⑥

161104花鳥山一本杉⑧

161104花鳥山一本杉⑨

161104花鳥山一本杉⑩

杉のすぐそばに祠が並んでします。
161104花鳥山一本杉⑫

浅間神社の目の前は駐車場があり、良い眺め。リニアが一直線に伸びています。
161104花鳥山一本杉⑬

3km程離れたところにある「八代ふるさと公園」は、数基の古墳があり眺めの良いところです。
161104花鳥山一本杉 八代


住 所 山梨県笛吹市八代町武居  浅間神社
交 通 JR中央本線「石和温泉駅」下車 市営芦川バス「鴬宿」行き乗車
    「門林下」下車約1.2km

笛吹市営芦川バス情報

花鳥山一本杉MAP


Posted on 2016/12/10 Sat. 14:47 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

宇佐美家のケヤキ 

前回山梨を訪れた時、帰りの市営バスの窓からこれまた大きい幹が見えました。バスから降りてしまったら帰りがかなり遅くなるので、運転手さんに場所情報だけ伺って再訪しました。

静かな住宅地ですが、大きい木があちらこちらに立っています。その中で抜群に大きいケヤキです。姿かたちも良いです。個人のお宅の敷地内なので根元の方の撮影はできませんでしたが、根元もかなり立派そうでした。

●山梨県笛吹市
●樹高約25m  幹周約7.1m  樹齢推定600年以上
●周辺巨樹  智光寺のカヤ(約2km)
       宗源寺のヒダリマキガヤ(約2.2km) 
●撮影年月日 2016年11月4日

161104小黒坂のケヤキ①

161104小黒坂のケヤキ②

161104小黒坂のケヤキ③

161104小黒坂のケヤキ⑤

住 所 山梨市笛吹市小黒坂606
交 通 JR中央本線「甲府駅」南口3番乗場よりバス御所循環(中道橋)または
    JR中央本線「石和温泉駅」より約10分バス停「石和八幡宮」より
    御所循環(石和)乗車「石橋」下車約1.6km

本数少ないですが、石橋(石橋交差点南)・小黒坂(小黒坂公民館前)を通るバスもあります。 境川巡回バス情報

小黒坂のケヤキMAP

Posted on 2016/12/06 Tue. 10:54 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

宗源(そうげん)寺のヒダリマキガヤ 

先月「智光寺のカヤ」に行った帰りに乗った市営バスの親切な運転手さんがヒダリマキガヤのことを教えてくださり、笛吹市を再訪しました。

普通のカヤの実は丸いのですが、ヒダリマキガヤの実は細長くて両端が少し尖っっているのが特徴です。残念ながら時期的に見ることはできませんでしたが、本堂前の一の枝を長く伸ばしたマツやカヤの東方にある幹周5mの杉など他の樹種も見応えがあり楽しめました。  

●山梨県笛吹市
●山梨県指定天然記念物
●樹高約21.5m  幹周約4.4m  樹齢推定400年
●周辺巨樹  智光寺のカヤ(約1.1km)
       小黒坂のケヤキ(約2.2km)
●撮影年月日 2016年11月4日

161104宗源寺左巻カヤ①

161104宗源寺左巻カヤ②

161104宗源寺左巻カヤ③


お堂の前では、松がとても長く枝を伸ばしていました。
161104宗源寺左巻カヤ④

161104宗源寺左巻カヤ⑤


道路際には、左側のカヤよりはるかに高いスギも鎮座しています。幹周約5m
161104宗源寺左巻カヤ⑥

根元はかなり窮屈そうです。
161104宗源寺左巻カヤ⑧

カヤのそばは何もないのですが、スギは違って根元には祠が。1宇は「金刀比羅神社」とありました。。
161104宗源寺左巻カヤ⑨

またスギの左奥には小さいお地蔵さんが並んでいて、その手前両側をシュロが守るように立っていたのも印象的でした。
161104宗源寺左巻カヤ⑪


宗源(そうげん)
曹洞宗のお寺です。
161104宗源寺左巻カヤ⑩

住 所 山梨県笛吹市境川町藤垈4771   宗源寺
交 通 JR中央本線「甲府駅」南口3番乗場よりバス御所循環(中道橋)または
    JR中央本線「石和温泉駅」より約10分バス停「石和八幡宮」より
    御所循環(石和)乗車「石橋」下車約2km

本数少ないですが、石橋(石橋交差点南)・宗源寺(原公民館前)を通るバスもあります。 境川巡回バス情報

宗源寺MAP

Posted on 2016/12/03 Sat. 05:50 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

京ヶ島の夫婦スギ 

国道37号から草塩温泉に向かう橋を渡り、右に道なりに進むと、八幡日吉神社があり2本並ぶ大杉がそびえています。男杉は太く枝ぶりも荒々しいですが、女杉は男杉に比べると細く優しげです。

バス停そばの案内板に「京ヶ島の夫婦スギ」と並んで「しばり地蔵」の名が。そこも見ようと歩き回りましたが見つかりません。民家の並ぶ辺りに来たら、高年女性がどこに行くのかと訊ねてくださり、親切にそこまで案内してくださいました。「常昌院」というお寺にありました。おまけに近所に住まわれているその方は、リンゴや自宅にはえているウリをもいでおすそ分けして下さいました。山梨は親切な方に出会うことが多いです。

●山梨県南巨摩郡早川町
●山梨県指定天然記念物   山梨の巨樹・名木100選
●樹高約41m・39m  幹周約7.2m・6.8m  樹齢推定800年
●撮影年月日 2016年10月22日

手前が男杉、奥が女杉です。
161022京ヶ島の夫婦①

161022京ヶ島の夫婦②

すっと伸びた女杉
161022京ヶ島の夫婦④

上部が荒々しい男杉
161022京ヶ島の夫婦⑤

男杉のそばに石造物が祀られています。劣化していますが、2人が手をとり合っているように見えます。
161022京ヶ島の夫婦⑥

八幡日吉神社(八幡大神)
創建は不明ですが、大同年間に山城国から日吉大神を勧請したのが始まりと伝えられています。応永22年(1415)、八幡大神を合祀した記念大祭が行われたそうです。
161022京ヶ島の夫婦⑦

住 所 山梨県南巨摩郡早川町京ヶ島612  八幡日吉神社(八幡大神)
交 通 JR身延線「下部温泉駅」より早川町乗合バス「身延駅」行き乗車
    「草塩温泉」下車約500m 

早川町交通情報

八幡日吉神社(八幡大神)MAP

Posted on 2016/11/30 Wed. 05:28 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

湯島の大杉 

山梨県内で最大の巨木です。西山発電所の道路向かいの山王神社の階段を上がって行くと、右側の斜面に他の木々に比べて抜きんでて大きい大杉が現れました。

案内板によると、1200年前の天平勝宝年間、里人が紀州熊野から杉の苗2本を持ち帰ってここに植え、男杉、女杉と呼ばれてきたそうです。女杉は約100年ほど前、野宿者の失火により焼失してしまい、男杉だけが残ったということです。

●山梨県南巨摩郡早川町
●山梨県指定天然記念物   山梨の巨樹・名木100選
●樹高約44.5m  幹周約10.8m  樹齢推定1200年
●撮影年月日 2016年10月22日

161022湯島の大杉①

161022湯島の大杉②

161022湯島の大杉④

根元にはどでかい2個の巨岩。根の一部は巨岩にかぶっています。
161022湯島の大杉⑤

161022湯島の大杉⑥


山王神社
創立年代は不明です。御祭神は素盞嗚命(すさのおのみこと)。江戸時代の地誌『甲斐国志』に“湯島村山王権現”についての記述があり、山王神社のことと推察されているそうです。
161022湯島の大杉⑦

161022湯島の大杉⑧

住 所 山梨県南巨摩郡早川町湯島1048  山王神社
交 通 JR身延線「下部温泉駅」より早川町乗合バス「身延駅」行き乗車
    「下湯島」下車 西山発電所前
    (大杉は自由乗降区間にあるので、目的地を伝えるとバス停でなくとも降
    ろしてくれます)
早川町交通情報

山王神社MAP

Posted on 2016/11/26 Sat. 17:53 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

智光寺のカヤ 

階段上の脇に大きなカヤが立っているので、階段の下からでもすぐにそれと分かります。このカヤはとにかく根の張り方が広範囲に伸びているのが素晴らしい。木の勢いもあって姿も良いです。
カヤは、人の通るすぐそばの立ち位置で保護する柵などもないので、根が傷まないか心配な気もしたのですが、杞憂に思える位元気で、寺を守っているという意気込みが感じられるようなカヤでした。

●山梨県笛吹市
●山梨県指定天然記念物
●樹高約29m  幹周約5.5m  樹齢推定300年以上
●周辺巨樹  宗源寺のヒダリマキガヤ(約1.1km)
       小黒坂のケヤキ(約2km) 
●撮影年月日 2016年10月21日

161021笛吹市智光院のカヤ①

すぐそばに鐘楼堂がありますが、鐘はなく休憩場所になっています。
161021笛吹市智光院のカヤ②

161021笛吹市智光院のカヤ③

161021笛吹市智光院のカヤ④

161021笛吹市智光院のカヤ⑤

階段が根で持ち上げられています。
161021笛吹市智光院のカヤ⑥

カヤのそばの祠。祠の中にまた小さな木製祠があり、木札が祀られていました。
161021笛吹市智光院のカヤ⑨


智光寺
寛正1年(1460)創建の曹洞宗の寺院で、古い時代には真言宗だったと伝えられています。
山梨県指定有形文化財の「虚空蔵菩薩像」は建長6年(1254)の作です。
161021笛吹市智光院のカヤ⑦

本殿とは別なところにも社殿らしきものが。しかし階段はゆがみ雑草が通行止めの役割を果たしていて行ってはいけない状態でした。
161021笛吹市 智光院のカヤ

住 所 山梨県笛吹市境川町藤垈322  智光寺
交 通 JR中央本線「甲府駅」南口3番乗場よりバス御所循環(中道橋)または
    JR中央本線「石和温泉駅」より約10分バス停「石和八幡宮」より
    御所循環(石和)乗車「石橋」下車約2.4km

本数少ないですが、石橋(石橋交差点南)⇔智光寺(金刀比羅神社入口下)を通るバスもあります。 境川巡回バス情報

智光寺MAP

Posted on 2016/11/24 Thu. 21:26 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

明ヶ指(みょうがさす)のカツラ 

カツラは、荒川の支流の安谷川右岸に立っています。2006年にも訪れたのですが、その時はカツラに向かう道が分からず、夕方遅くなってやっと出会えました。今回は「全国巨樹・巨木林の会」の巨木巡りツアーに参加で、何の苦労もなくコースを歩きましたが、こんな道来たっけ???覚えがない・・・歩いた記憶はいい加減ですが、カツラは10年前と変わらぬ姿で迎えてくれました。

東京近郊ではもっとも美しいカツラだそうです。カツラの手前50mには「明ヶ指のたまご水」があり、イオウを含んだ湧水が出ています。

●埼玉県秩父市
●樹高30m  幹周り11.0m
●撮影年月日 2016年10月2日

161002明ヶ指のカツラ①

161002明ヶ指のカツラ②

161002明ヶ指のカツラ③


●撮影年月日 2006年2月12日
秩父市荒川日野 明ヶ指のカツラ②1

秩父市荒川日野 明ヶ指のカツラ③1

住 所 埼玉県秩父市荒川上田野
交 通 秩父鉄道「武州日野駅」より約2.5km
    安谷川沿い日野渓谷キャンプ場の奥。

明ヶ指のカツラMAP

Posted on 2016/11/20 Sun. 05:25 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 2

魔王権現のヒノキ 

ヒノキの立つ敷地はフェンスで囲まれています。門扉を開けて敷地内に入ります。最初、入ってそのまままっすぐ道なりに歩いたら不正解で、敷地に入ったら左手の斜面を上がっていくと、やがて大物の巨樹が見えてきました。

「魔王権現」という祠等があるわけではなく、威厳をもって堂々と立つヒノキそのものが「魔王」であるような存在感でした。「権現」とは、もともと姿のないものがその本質を姿をもって現す、ということだそうです。写真を撮り終わっても立ち去りがたい木でした。

●山梨県山梨市
●山梨市指定天然記念物
●樹高約36m  幹周約5.7m  
●撮影年月日 2016年10月21日

161021魔王権現の檜①

161021魔王権現の檜③

161021魔王権現の檜⑤

太陽の光が幹に金色の帯を作っていました。
161021魔王権現の檜⑦

住 所 山梨市三富上柚木732
交 通 JR中央本線「山梨市」駅より山梨市営バス西沢渓谷線「山梨市駅」乗車
    「塩原」下車約850m

山梨市バス情報

「柚木窯」さんの建物の真裏の道路側に山に入る門扉があり、そこを開けて入ります。鳥獣害侵入防止のため通過後に必ず閉めるよう書いてあります。
161021魔王権現の檜⑧/

扉のそばにヒノキの小さい案内板もありますが、かすれて見えにくくなっています。
161021魔王権現の檜⑨

魔王権現のヒノキMAP(柚木窯さんの東の道路側に入口)

Posted on 2016/11/16 Wed. 06:48 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 2

大徳院の一本スギ 

大徳院に伝わる延享3年(1746)の古絵図に一本スギの記載があるそうです。
スギは大徳院の門前の小高いところでシュロに囲まれるように立っていました。近くで見るとシュロだらけです。
古代メソポタミア地方では、生命力を象徴するシュロを神聖な木として崇拝していたそうで、シュロがスギの周囲に植えられているというのも、そういう意識で眺めると神聖なものに思えてきます。

●埼玉県秩父市
●小鹿野町指定天然記念物
●樹高約20m  幹周約4.5m  樹齢推定300年
●周辺巨樹  吉田小学校の大ケヤキ(約2.7km)
●撮影年月日 2016年10月2日

161002大徳院の一本スギ①

なんだかジャングルみたいです。
161002大徳院の一本スギ②

根元には石仏の入った祠と小さい灯籠がありました。
161002大徳院の一本スギ③


大徳院
曹洞宗の寺院です。明治7年(1874)に開校した春日野小学校の跡地です。
町指定有形文化財の「木造阿弥陀如来坐像」は、13世紀初めの作で大徳院の開基奈倉氏の持仏堂の本尊として造られたものと考えられています。同じく町の文化財で、天保2年(1831)以前の作、豪商の森伊兵衛夫妻の像もあります。

住 所 埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野212  大徳院
交 通 西武秩父線「西武秩父駅」・秩父鉄道「秩父駅」より西武観光バス小鹿野
    線「小鹿野車庫」「栗尾」行き乗車「泉田」下車約1.3km

西武観光バス情報

大徳院MAP

Posted on 2016/11/14 Mon. 21:54 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

吉田小学校の大ケヤキ 

吉田小学校のある場所は、秩父氏5代が住んだ館と八幡神社がありました。八幡神社は大正7年(1918)に「夫婦クヌギ」の吉田椋神社に合祀され、本殿も椋神社に移されました。
ケヤキは、館の外周斜面に部分に立っていましたが、明治時代末、小学校整地の際、幹を1.8m位埋めたといわれています。昭和32年(1957)の大火で枝にも火がうつりましたが、消し止められて大きな被害なく現在に至っています。

●埼玉県秩父市
●秩父市指定天然記念物
●樹高約20m  幹周約6m  樹齢推定800年
●周辺巨樹  吉田椋神社の夫婦クヌギ(約800m)
       大徳院の一本スギ(約2.7km)
●撮影年月日 2016年10月2日

161002吉田小学校の大欅②

161002吉田小学校の大欅④

161002吉田小学校の大欅⑤

161002吉田小学校の大欅⑥


住 所 埼玉県秩父市下吉田3833
交 通 西武秩父線「西武秩父駅」・秩父鉄道「秩父駅」より西武観光バス「吉田
    元気村」行き乗車「吉田上町」下車約300m

吉田小学校MAP

Posted on 2016/11/11 Fri. 04:54 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

吉田椋神社の夫婦クヌギ 

巨木ではないですが、遠くからでもよく見える2本のクヌギが並んで立っています。つかず離れずのちょうど良い距離で、夫婦円満のご利益があるそうです。
写真では分かりにくいのですが、2本の間には両神神社里宮が祀られています。ご祭神はこれも夫婦の伊弉諾命(いざなぎのみこと)・伊弉冉命(いざなみのみこと)の神様です。

●埼玉県秩父市
●樹齢推定100年
●周辺巨樹  吉田小学校の大ケヤキ(約800m)
●撮影年月日 2016年10月2日

161002椋神社の夫婦椚①

火筒を高く打ちあげる“龍勢まつり”が1週間後に開催されるそうで、神社の周りでは準備の真っ最中でした。
161002椋神社の夫婦椚④

クヌギの目の前にあるヤグラは、ロケット「龍勢」を打ち上げる時に太鼓を叩くためのものです。
161002椋神社の夫婦椚③

椋神社の狛犬はオオカミです。
161002椋神社の夫婦椚⑤


吉田椋神社
日本武尊が東征の際に創建したと伝わります。延長5年(927)にまとめられた『延喜式神名帳』に記載された延喜式内社です。明治15年(1882)に県社になり、大正2年(1913)に近隣の23の神社を、大正5年(1916)に八幡大神社を合祀しました。

吉田椋神社は明治17年(1884)11月、秩父事件で武装した農民3千人余りが集結した舞台となりました。明治政府によって暴動・暴徒とされましたが、長年の研究や運動によって史実が解明され、事件後100年に記念碑とブロンズ像が椋神社に建てられました。
161002椋神社の夫婦椚⑥

住 所 埼玉県秩父市下吉田7377 吉田椋神社
交 通 秩父鉄道「秩父駅」・西武秩父線「西武秩父駅」より西部観光バス
    秩父吉田線「吉田元気村」「吉田総合支所」行き乗車「龍勢会館」下車
    約1km

西部観光バス情報

椋神社MAP

Posted on 2016/11/08 Tue. 16:57 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

県別巨樹