FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

出会った巨樹

木をメインに、風景写真や動物写真も時々載せてます

元荒川のシダレヤナギ 

所属している巨樹の会の先輩が趣味の油絵で、元荒川沿いに立つシダレヤナギを何作も描かれていました。その作品群を見る機会があり印象深かったのでシダレヤナギに会いに行きました。川沿いに生える木の中でも特に存在感のある1本がこのシダレヤナギです。河川敷は畑に活用されていて、木のそばに近づくことはできませんでしたが、今まで線の細い女性的なヤナギのイメージが一変して面白かったです。

●埼玉県さいたま市岩槻区
●撮影年月日 2018年9月13日

180913元荒川シダレヤナギ①

180913元荒川シダレヤナギ③

対岸から
180913元荒川シダレヤナギ④

約250m離れたところにもシダレヤナギ。だいぶ葉が落ちてしまっていますがやはり存在感あり。
180913元荒川シダレヤナギ⑤

住 所 埼玉県さいたま市岩槻区本丸4-23
交 通 東武野田線「東岩槻駅」より約1.3km

シダレヤナギMAP

スポンサーサイト

Posted on 2018/09/16 Sun. 20:33 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

宝善寺のスダジイ 

千葉市の保存樹木「太い木・30傑」で一番太い木に選ばれたスダジイです。根張りがたくましく印象的で、どこまでが根でどこからが幹か分からないくらい。上部は密に生い茂って、樹勢があります。

●千葉県千葉市緑区
●千葉市保存樹木
※※(2000)
樹高18m
幹周6.15m6.1m
推定樹齢
※千葉市HP『千葉市の保存樹木「太い(ふとい)木・30傑」』
※※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年8月7日

180807宝善寺のスダジイ①

180807宝善寺のスダジイ②

180807宝善寺のスダジイ③

近くに立つ別のスダジイも立派。「太い木・30傑」の第10位(幹周5m)の保存樹木です。
180807宝善寺のスダジイ④

宝善寺
日蓮宗のお寺です。
180807宝善寺のスダジイ⑤

住 所 千葉県千葉市緑区平川町283  宝善寺
交 通 JR外房線「土気駅」より約3.8km

宝善寺MAP

Posted on 2018/08/28 Tue. 05:25 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

大沢の大椎 

高石家の立派な長屋門前に立つ風格ある古木のシイです。元は門前の両側に2本立っていたそうですが、昭和初期の台風で1本は根元から倒れてしまったそうです。根元は、大人5~6人が入れるくらいの大きなウロがあり、上部のウロには、みみずくなどが巣を作っているそうです。

●千葉県茂原市
●茂原市指定天然記念物
案内板(1990)※(1988)
樹高12m14m
幹周7m5.5m
推定樹齢500年300年以上
※環境庁編『日本の巨樹・巨木林 関東版(Ⅱ)1991』

●撮影年月日 2018年8月7日

180807高石家の大椎①

180807高石家の大椎②

180807高石家の大椎③

180807高石家の大椎④

住 所 千葉県茂原市大沢746
交 通 JR外房線「本納駅」より約5.1km

大沢の大椎MAP


Posted on 2018/08/25 Sat. 20:15 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

金剛地熊野神社の大銀杏 

秋には彼岸花で有名な熊野神社に立つ大イチョウです。昭和58年(1983)の案内板には、地上3mほどから太さ1m内外の幹が5本出て、気根も大きなものは太さ0.7m、長さ1.7mもあったそうで、巨樹の程がうかがえます。現在はそのような姿ではありませんが、幾重にも巻かれた注連縄に、地域の方々のイチョウへの畏敬の念が表れ御神木の風情を醸し出しています。

●千葉県市原市
●市原市指定天然記念物
案内板(1983)※(2000)
樹高20m20m
幹周8.8m8.8m
推定樹齢
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年8月7日

180807熊野神社イチョウ④

幹の地上2mくらいの所から、明らかに違う枝が・・・ツバキが自生しています。
180807熊野神社イチョウ②

180807熊野神社イチョウ③

180807熊野神社大イチョウ⑤


熊野神社
正暦3年(992)、この地に移り住んだ紀州熊野村出身の滝本権之助信広が、夢のお告げで社殿を建立し、熊野権現を祀ったのが始まりといわれています。御祭神は、伊邪那美命(いざなみのみこと)、速玉男命(はやたまおのみこと)、泉津事解男命(よもつことさかのおのみこと)です。
180807熊野神社の大イチョウ

住 所 千葉県市原市金剛地208
交 通 JR外房線「土気駅」南口よりバス「大椎町南」行き乗車
    「あすみが丘南」下車約2.5km

熊野神社MAP


Posted on 2018/08/23 Thu. 05:13 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

奈良本泉(ほんせん)寺のスダジイ群 

一般道から、本泉寺南側の道に入っていくと、約50mの間にスダジイの巨木が並んでいて壮観です。民家の庭の1本と本泉寺の境内側の6本が市指定天然記念物になっています。境内には公民館があり地域の拠り所にもなっているようです。

●千葉県市原市
●市原市指定天然記念物
案内板(1983)
樹高15~20m
幹周1.6~6.6m
推定樹齢

●撮影年月日 2018年8月7日

180807奈良本泉寺のスダ群①

180807奈良本泉寺のスダ群②

180807奈良本泉寺のスダ群③

180807奈良本泉寺のスダ群④

180807奈良本泉寺のスダ群⑤


本泉寺
日蓮宗のお寺です。近くの奈良公園に「奈良の大仏」と呼ばれる釈迦如来像が建立されています。
180807奈良本泉寺のスダジイ
 
住 所 千葉県市原市奈良184  本泉寺
交 通 JR外房線「土気駅」北口よりバス土気工業団地線「石油技術センター」行
    き乗車「浄水場入口」下車徒歩約4.1km

千葉中央バス情報

奈良本泉寺MAP

Posted on 2018/08/21 Tue. 19:34 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

千葉県  /  TB: 0  /  CM: 0

久盛(きゅうじょう)院のシラカシ 

お寺の入口に六地蔵と共に根張りが印象的なシラカシが立っています。コンクリでできた根かと思わせるような、コンクリに負けないゴツゴツ感がシラカシの意志を表しているように思えました。

●福島県福島市
●福島市保存樹
※(2010)
樹高30m
幹周4m
推定樹齢200年
※リーフレット『ふくしまの樹』(H22作成 福島市)

●撮影年月日 2018年7月4日

180704久盛院のシラカシ①

180704久盛院のシラカシ②

180704久盛院のシラカシ③


久盛(きゅうじょう)
真言宗 豊山派のお寺です。
180704久盛院のシラカシ④

住 所 福島県福島市南沢又字桜内5  久盛院
交 通 JR常磐線「泉駅」より約650m

久盛院MAP

Posted on 2018/08/12 Sun. 09:39 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

鹿島御子神社の大ケヤキ 

鹿島御子神社には、ケヤキの巨樹が2本あり「夫婦欅」と呼ばれています。樹齢伝承800~1000年とされていますが、双方衰えた部分もなく元気そうです。

●福島県南相馬市鹿島区
●南相馬市指定天然記念物  緑の文化財第426号
※※(2000)
樹高48m・40m48m・40m
幹周8m・6.7m8m・6.7m
推定樹齢500年
※『緑の文化財』(福島県総合緑化センター 1983)
※※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年7月4日

拝殿横と鳥居そばに並立しています。
180704鹿島御子神社の大欅①

拝殿向かって左のケヤキは、根がどっしりとしてきれいな曲線が印象的。
180704鹿島御子神社の大欅②

180704鹿島御子神社の大欅④


鳥居そばのケヤキの方が少し小さい。
180704鹿島御子神社の大欅⑦

そばには、足の神を祀り足の病平癒に御利益のある足尾神社と、土木建築の神とされる聖徳太子の碑。
180704鹿島御子神社の大欅8


鹿島御子神社
茨城県の鹿島神宮の御祭神「武甕槌大神」の御子神天足別命(あまたりわけのみこと)を祀っていることから『鹿島御子神社』の社名になっています。延喜式神名帳に記載されている由緒ある神社です。大同元年(806年)、200mほど南から現在とへ移ったそうで、元の地には鹿島御子神社旧蹟碑が立っています。
180704鹿島御子神社の大欅⑨

住 所 福島県南相馬市鹿島区鹿島字町199  鹿島御子神社
交 通 JR常磐線「鹿島駅」より約400m

鹿島御子神社MAP

Posted on 2018/08/10 Fri. 05:06 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

白幡(しらはた)のいちょう 

駒ヶ嶺の国道113号線沿い駒ヶ嶺字白薄に来ると「白幡のいちょう」の小さい案内板があり、通じる細い道があります。丘に来ると、農地の向こうに小さな赤い鳥居と大きなイチョウが見えました。
イチョウは、伊達政宗がこの地に侵攻した際に、持っていたイチョウの鞭を逆さに突き刺し根付いたという伝承があり「さかさいちょう」とも呼ばれています。

●福島県相馬郡新地町
●福島県指定天然記念物
案内柱※(2011)
樹高23m23m
幹周約12m12.5m
推定樹齢約230年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年7月4日

正面に白幡八幡神社があります。
180704新地白旗のイチョウ①

180704新地白旗のイチョウ②

180704新地白旗のイチョウ③

180704新地町白旗のイチョウ

180704新地町 白旗のイチョ


住 所 福島県相馬郡新地町駒ヶ嶺字白薄22  白幡八幡神社
交 通 JR常磐線「駒ヶ嶺駅」より約1.8km

白幡八幡神社MAP

Posted on 2018/08/04 Sat. 07:30 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

大悲山の大杉 

大悲山慈徳寺は、国指定史跡の薬師堂石仏と大スギが有名です。大同年間(806~810)に寺が創建された時に、スギも植えられたと伝えられています。古くから霊験あらたかな御神木として敬われています。根元は石段設置の時に埋められたそうですが、埋まっていても十分高く、威厳があり堂々たる姿は、どこから見てもほれぼれするものでした。

●福島県南相馬市小高区
●埼玉県指定天然記念物  緑の文化財第433号
案内板※※(2000)
樹高約45m45m45m
幹周8.6m7.8m7.8m
推定樹齢1100余年1000年
※『緑の文化財』(福島県総合緑化センター 1983)
※※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 大悲山の夫婦大杉
●撮影年月日 2018年7月3日

180703南相馬大悲山の大杉①

180703南相馬大悲山の大杉②

180703南相馬大悲山の大杉③

180703南相馬大悲山の大杉④

180703南相馬大悲山の大杉⑤

180703南相馬大悲山の大杉⑥


薬師堂石仏
大悲山の薬師堂・観音堂・阿弥陀堂の石仏の中で最も形が残っています。覆屋の薬師堂には、岩窟の壁面に4体の如来像と2体の菩薩像が、線刻で2体の菩薩像と飛天が彫られています。
180703南相馬大悲山の大杉⑧

住 所 福島県南相馬市小高区泉沢  慈徳寺
交 通 JR常磐線「桃内駅」より約1.8km

大悲山慈徳寺MAP

Posted on 2018/07/31 Tue. 04:43 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

大悲山(だいひざん)の夫婦大杉 

南相馬市小高区の国指定史跡「大悲山の石仏」は、平安時代前期のものとされる薬師堂石仏・阿弥陀堂石仏・観音堂石仏があります。その阿弥陀堂に二股に分かれた夫婦大杉が立っています。だいぶ衰えていますが、東側が男杉、西側が女杉とされています。

●福島県南相馬市小高区
案内板
樹高
幹周
推定樹齢1100余年

●撮影年月日 2018年7月3日

180703大悲山夫婦大杉①

180703大悲山夫婦大杉③

阿弥陀堂から「大悲山の大杉」の立つ薬師堂へ通じる小道があり、点在する石仏にみな綺麗な花が供えられているのが印象的でした。
180703大悲山夫婦大杉⑤

180703大悲山夫婦大杉⑦

180703大悲山夫婦大杉⑨


阿弥陀堂石仏
自然の岩壁に彫られた阿弥陀仏の磨崖仏です。現在は剥落が激しく、ほとんど分からない状態になっています。
180703大悲山夫婦大杉④

住 所 福島県南相馬市小高区泉沢
交 通 JR常磐線「桃内駅」より約1.8km

阿弥陀堂MAP(薬師堂の東約80m)

Posted on 2018/07/28 Sat. 07:12 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

行津(なめづ)の大杉 

大型車の行きかう道路沿いに石段に通じる参道があり、石段を登ると社殿のすぐ隣に立派な大杉が立っています。東日本大震災で、社殿は損傷しましたが、高台にあるため津波被害は境内には及びませんでした。
明応年間(1492~1501)に標葉氏が相馬氏に滅ぼされ、行津・下浦・上浦が行方郡に編入された頃に植えられたと推定されています。

●福島県南相馬市
●南相馬市指定天然記念物  緑の文化財第435号
案内板※※(2000)
樹高35m35m35m
幹周7.5m7.5m
推定樹齢約500年500年
※『緑の文化財』(福島県総合緑化センター 1983)
※※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年7月3日

180703南相馬行津の大スギ①

180703南相馬行津の大スギ⑥

近づきすぎて・・・
180703南相馬行津の大スギ④

貫通している・・・
180703南相馬行津の大スギ③

根の上に根・・・根元は面白い発見がいっぱい。
180703南相馬行津の大スギ⑤


星神社
由来は明らかではありませんが、昔、標葉小太郎隆範の領する標葉郡の鎮守として崇拝されたと伝えられています。
180703南相馬行津の大スギ⑧

住 所 南相馬市小高区行津字宮下58
交 通 JR常磐線「桃内駅」より約1.6km

星神社MAP


Posted on 2018/07/25 Wed. 20:37 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

泉の一葉マツ 

クロマツは、2本の葉が束状になって生える二葉ですが、このクロマツは、二葉に一葉も混じっている変わったマツです。弁慶が泉の長者屋敷を焼き払った時、このマツに腰かけて燃える屋敷を眺めたという伝承があり、「弁慶マツ」とも呼ばれています。

●福島県南相馬市
●福島県指定天然記念物 緑の文化財登録第422号
案内板※※(2000)
樹高約8m12m12m
幹周2.5m2.8m3.1m
推定樹齢400年
※『緑の文化財』(福島県総合緑化センター 1983)
※※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年7月3日

東日本大震災で、この一帯も津波の被害を受け約1.5mも冠水しましたが、マツは耐え抜きました。現在、一部の葉が枯れていますが、復興のシンボルとして地域の方々から大切にされています。
180703南相馬泉の一葉マツ①

180703南相馬泉の一葉マツ③

180703南相馬泉の一葉マツ⑤

風格のある古老マツを、若手マツが師匠と慕ってそばにいるような。
同じく津波に耐えた若手マツも、わずかに一葉が混じっているそうです。
180703南相馬泉の一葉マツ⑥

そばには花壇も。地域の方々のマツへの思いが伝わります。
180703南相馬泉の一葉マツ⑦


住 所 福島県南相馬市原町区泉字町池
交 通 JR常磐線「原ノ町駅」より約4km

泉の一葉マツMAP

Posted on 2018/07/21 Sat. 05:55 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

宝林寺のイチョウ 

幹がひこばえに覆い尽くされて、緑のオブジェのようなイチョウです。主幹の上部は失われているのですが、枝葉に覆われよく見ないと分かりません。
宝林寺は享保7年(1722)、明和7年(1770)、天保3年(1832)と何度も火災に遭ってきましたが、このイチョウは生きながらえてきました。

●福島県福島市
●福島県緑の文化財第48号
※※(2000)
樹高20m10m
幹周8.4m8.4m
推定樹齢350年
※『緑の文化財』(福島県総合緑化センター 1983)
※※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年7月3日

180703宝林寺のイチョウ①

180703宝林寺のイチョウ⑤

180703宝林寺のイチョウ③

ここだけ幹が見えています。
180703宝林寺のイチョウ④


宝林寺
永仁5(1297)年に開基、一遍上人の弟子三祖上人により開山されました。何度も火災に遭い、天保3年(1832)の火災の後に建てられた仮本堂が長年を経て荒廃し、昭和59年(1984)に檀徒の方々により再建されました。
180703宝林寺のイチョウ⑦

住 所 福島県福島市御倉町1-62  宝林寺
交 通 JR東北本線・奥羽本線・福島交通飯坂線「福島駅」より約1.4km

宝林寺MAP

Posted on 2018/07/17 Tue. 14:51 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

岩崎の大カツラ 

万松寺に向かう道のすぐ脇に立つ大カツラです。案内板によると、楠木正成(1294~1336)の甥によって植えられたという伝説があります。
これだけ大きく成長しているのに、水のある環境に見えません。が、地形に詳しい人のお話によると、この一帯は扇状地にあたるそうで、山の間から流れた川が平地に出たところで土砂が積もってできた土地だそう。豊富な地下水がカツラを育てたようです。

●新潟県南魚沼市
●新潟県指定天然記念物
案内板※(1988)
樹高40m40m
幹周11m11.5m
推定樹齢伝承500年
※環境庁編『日本の巨樹・巨木林  甲信越・北陸版1991』

●撮影年月日 2018年6月7日

180607岩崎の大カツラ③

180607岩崎の大カツラ①

180607岩崎の大カツラ②

道路と反対側の根元に石が並んでいました。
近づくと石を両側に並べて根元に向かう小道が作られていました。
180607岩崎の大カツラ④

その根元には古い庚申塔。庚申信仰は江戸時代に盛んでした。
180607岩崎の大カツラ⑤


万松寺
寛正元年(1460)に開かれたと伝わる曹洞宗のお寺です。上田観音札所第三十三番になっています。
180607岩崎の大カツラ⑥

住 所 新潟県南魚沼市岩崎457  万松寺 
交 通 JR上越線「六日町駅」より市民バス五十沢・大月コース「南魚沼市役所
    (駅より3分)」乗車「下新田入口」下車約1.3km
南魚沼市コミュニティバス情報

万松寺MAP

Posted on 2018/07/10 Tue. 22:41 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

新潟県  /  TB: 0  /  CM: 0

法音寺のカツラ 

南魚沼は湧水が点在しているので、水のあるところに育つカツラの巨樹が多いようです。法音寺から850mほど離れた藤原神社には、新潟県名水百選の「雷電様の水」が日に400トンの豊富な水が湧き出ています。
法音寺は、カツラ・ケヤキ・イチョウなどの巨木があり、鎮守の森が保存樹林となっています。

●新潟県南魚沼市
●六日町保存樹林第5号(ケヤキ・カツラ・イチョウほか 昭和51年)
※(1988)
樹高23m
幹周8m(主幹4.3m)
推定樹齢300年以上
※環境庁編『日本の巨樹・巨木林  甲信越・北陸版1991』

●撮影年月日 2018年6月7日

山門の左にカツラ。そのまた左のケヤキは、樹高25m・幹周4.6m・樹齢推定300年以上
180607法音寺の欅・桂①

180607法音寺の欅・桂②

少し離れて立つ別のカツラ。近くには行けませんでした。
樹高20m・幹周6.5m・樹齢推定300年以上。
180607法音寺の欅・桂④


法音寺
天平7年(735)、藤原麻呂(藤原不比等の四男)が聖武天皇の勅命で建立したといわれる真言宗智山派のお寺です。越後八十八ヶ所霊場の第八十三番札所。阿弥陀如来像や宝物が30年に1度開帳されます。
180607法音寺の欅・桂⑤

住 所 新潟県南魚沼市藤原690乙
交 通 JR上越線「六日町駅」より市民バス城内コース「南魚沼市役所(駅より3分)」乗車
    「法音寺」下車
南魚沼市コミュニティバス情報

法音寺MAP

Posted on 2018/07/08 Sun. 20:23 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

新潟県  /  TB: 0  /  CM: 0

大家の大けやき 

季節の地元食材を使った食事処「欅苑」の敷地内右手に立つ大ケヤキです。昔、大ケヤキの所有者の南雲家は地域一帯の庄屋で、屋号を「大家」といったことから「大家のケヤキ」の名がついています。

●新潟県南魚沼市
●六日町保存樹木第8号(昭和51年)
案内板※(2000)
樹高22.9m23m
幹周8.7m9.2m
推定樹齢1500年余り
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年6月7日

180607南魚沼大家のケヤキ①

180607南魚沼大家のケヤキ②

小さな祠には、熊野信仰の霊場、那智山青岸渡寺の御札が奉られていました。
180607南魚沼大家のケヤキ③

180607南魚沼大家のケヤキ④


欅苑
明治3年(1870)に建てられた萱葺きの田舎造りの家で営業している、季節の田舎料理の食事処です。店の名前は、敷地内の樹齢推定1500年のケヤキから名づけられました。別棟で宿泊もできます。
180607南魚沼大家のケヤキ⑤

住 所 新潟県南魚沼市 長森24
交 通 JR上越線「五日町駅」より約2.9km

欅苑MAP

Posted on 2018/06/30 Sat. 20:31 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

新潟県  /  TB: 0  /  CM: 0

薬照寺のカツラ 

お寺の前に立つスギにも目を惹かれましたが、門をくぐって石段を上っていくと右手の斜面に見事なカツラが立っていました。カツラは水の豊富な所に生えるのに、なぜこんな所に?という疑問が・・・境内まで上がると本堂の前には横長の池があり、カツラの右側の段差のあるところは大きな石をを積み上げた滝のようなものもありました。ここは水が豊富なお寺だったんです。
安永9年(1780)の火災で寺もカツラも焼失し、現在のカツラは萌芽枝が成長した二代目ということです。

●新潟県南魚沼市
●新潟県指定天然記念物
案内柱※(1988)
樹高30m
幹周13.5m
推定樹齢2000年300年以上
※環境庁編『日本の巨樹・巨木林  甲信越・北陸版1991』

●撮影年月日 2018年6月7日

180607薬照寺大カツラ①

180607薬照寺大カツラ②

カツラの傍らには供養塔。
180607薬照寺大カツラ③

180607薬照寺大カツラ⑤


薬照寺
寛徳2年(1045)に創建された真言宗智山派の寺院です。御本尊は薬師如来。越後四国八十八箇所霊場第八十八番札所、越後薬師札所一番札所、魚沼観音札所二十二番札所となっています。宝物殿には有名絵画・中国の古鏡・陶磁器等が多数展示されています。
昭和20年(1945)ビルマ国(現ミャンマー国)崩壊後、元ビルマ国首相バー・モウが亡命した寺としても有名で、数か月潜伏した後に自ら連合国の占領軍に出頭しました。
180607薬照寺大カツラ⑥

住 所 新潟県南魚沼市君沢851  薬照寺
交 通 JR上越線「大沢駅」より約1.8km

薬照寺MAP

Posted on 2018/06/26 Tue. 09:38 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

新潟県  /  TB: 0  /  CM: 0

塩貝の大カヤ 

平安時代の天元年間(978~983)に植えられたと推定されている大カヤです。個人の敷地内にありますが、一般に開放されています。地中からの命のエネルギーが幹をぐんぐん上昇して放射状に飛んでいってるような、目を見張る巨樹です。が、戦後までは同間隔に同じようなカヤが3本も並んでたそうです。残念ながら建築材として2本が伐採されました。

●福島県双葉郡楢葉町
●福島県指定天然記念物  福島県緑の文化財第448号
案内板(1990)※(1988)
樹高25m24m
幹周8.3m7.7m
推定樹齢約1000年300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年5月20日

180520楢葉町 塩貝大カヤ①

180520楢葉町 塩貝大カヤ②

180520楢葉町 塩貝大カヤ③

180520楢葉町 塩貝大カヤ④

住 所 福島県双葉郡楢葉町上繁岡字塩貝25
交 通 JR常磐線「竜田駅」より約5km

塩貝の大カヤMAP

Posted on 2018/06/23 Sat. 10:51 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

広徳院の大イチョウ 

「法樹山」と大きく書かれた山門をくぐると、すぐ左手に大イチョウが立っています。根元よりも幹の上部が太くたくましいマッチョ的な大イチョウです。平安時代末期の武将、藤原秀衡の妹、徳姫が記念樹として植えたとも伝えられています。
広徳院は過去に三度も野火で全焼しましたが、このイチョウは生き残りました。イチョウの周囲にはモミジも数本生えていて、紅葉の時期には素敵な景観になるでしょう。

●福島県双葉郡楢葉町
●楢葉町指定天然記念物  福島県緑の文化財第447号
案内板(1983)
樹高29m27m
幹周6.1m5.6m
推定樹齢850年800年
 ※『緑の文化財』(福島県総合緑化センター 1983)

●周辺巨樹 清隆寺のシダレザクラ(約1.85km)
●撮影年月日 2018年5月20日

180520広徳院大イチョウ⑨

180520広徳院大イチョウ②

火災で焼けた跡が残っています。
180520広徳院大イチョウ⑤

たび重なる火事に負けず生き残り、樹勢は旺盛です。
180520広徳院大イチョウ①


広徳院
真言宗智山派の寺で、正式名称は「広徳院高済寺」。久安6年(1150)いわき市の薬王寺の末寺として宥光法師が開基したと伝えられています。奥州藤原氏第3代当主藤原秀衡の妹、徳姫(国宝の白水阿弥陀堂を1160年に建立)の祈願寺としても有名です。
180520広徳院山門②

山門の両脇には大下駄が。
180520広徳院山門①

住 所 福島県双葉郡楢葉町大字下小塙字風呂内18  広徳院
交 通 JR常磐線「木戸駅」より約1.7km

広徳院MAP


Posted on 2018/06/20 Wed. 12:32 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

清隆寺のシダレザクラ 

楢葉町は、平成23年(2011)の東日本大震災の原発事故・津波で被災、避難を余儀なくされましたが、平成27年(2015)に避難指示が解除され、町の再建・再構築が進められています。津波はJR常磐線木戸駅近くまで到達したそうですが、駅の西側の清隆寺は難を逃れました。
このサクラは江戸時代後期に植えられたとされるベニシダレです。明治3年(1870)に本堂が火災に遭いましたが、御本尊だけはサクラの下に運ばれ残ったということです。

●福島県双葉郡楢葉町
●楢葉町指定天然記念物
案内板(1999)
樹高8m
幹周2.2m
推定樹齢約200年

●周辺巨樹 広徳院の大イチョウ(約1.85km)
●撮影年月日 2018年5月20日

180520清隆寺シダレ①

180520清隆寺シダレ②

180520清隆寺シダレ③

180520清隆寺シダレ④

清隆寺
浄土宗の寺院です。御本尊は阿弥陀如来。中世の豪族、楢葉氏の菩提寺と伝えられています。
180520楢葉清隆寺のシダレザ

住 所 福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字上ノ台1  清隆寺
交 通 JR常磐線「木戸駅」より約550m

清隆寺MAP

Posted on 2018/06/16 Sat. 16:07 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

蒲生(かもう)のクス 

参道を行くと立派な巨樹のクスノキが立っていますが、その後方に、度肝を抜かれるといった存在感の大クスが鎮座しています。国の特別記念物になっている日本一太い木です。保安4年(1123)に蒲生八幡神社が建立される以前から、御神木として祀られていたということです。樹齢伝承1500年でありながら、枝張りも根張りも見事で、小山のような幹の下方も見事で、色々な植物が生えて一つの自然界を作っているような趣きです。

昭和60年(1985)の台風で枝が折れた後、樹勢が弱まり危機的状況にまでなったそうですが、平成8年(1996)から4年に渡って保護増殖が行われた結果、見事に復活しました。現在は樹木医による定期診断が年4回実施されています。

●鹿児島県姶良(あいら)市
●国指定特別天然記念物
最大のクス案内板※(2000)
樹高30m30m
幹周24.22m24m
推定樹齢1500年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 蒲生八幡神社のカヤ 蒲生八幡神社のクス
●撮影年月日 2018年5月15日

180515蒲生の大楠②

180515蒲生の大楠③

NHKのBS番組の取材班に遭遇。こういう機材で臨場感ある映像を撮るのかと感心。
180515蒲生の大楠④

180515蒲生の大楠⑤


●撮影年月日 2018年1月23日
180123蒲生の大クス①

180123蒲生の大クス③

幹の内部は直径4.5m(畳8畳分)、高さ16mの空洞があるそうです。
180123蒲生の大クス②

180123蒲生の大クス⑤


蒲生八幡神社
保安4年(1123)、蒲生院総領職の蒲生上総介舜清(かもうかずさのすけちかきよ)が、宇佐八幡宮を勧請して現在の地に建立しました。蒲生氏は島津氏との戦いに敗れて弘治3年(1557)に退去させられ、その後、島津義弘により社殿が再興されました。昭和60年(1985)の台風で社殿は大破し、現在の社殿はその後再建されたものです。
180123蒲生の大クス⑥

住 所 鹿児島県姶良郡蒲生町上久徳2259-1 蒲生八幡神社
交 通 日豊本線「帖佐駅」よりバス「楠田車庫」「鹿児島中央駅」行き乗車
    「八幡」下車約240m

蒲生八幡神社MAP

Posted on 2018/06/12 Tue. 20:56 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 0

千本楠 

大汝牟遅(おおなむち)神社から参道を100mほど行った東側に「千本楠」と呼ばれる十数株の大楠が立っています。が、まっすぐになど立っておらず、まるで巨大な恐竜や龍が様々な姿でいるかのようで圧巻です。
大楠は敷地の円周上にあたるところに生えているのですが、かつてその円内には根周り18mの巨大楠が存在したそうです。今ある楠は巨大楠の子どもたちとされているそうです。
巨大楠は大汝牟遅命が地にさした楠の枝が根付いて親木になったと伝えられています。明治43年(1910)に日英博覧会に出品されたその切株は、樹齢800年以上と推定されました。

●鹿児島県日置市
●日置市指定天然記念物
案内板(1994)※(2000・2007)
樹高22m
幹周5.07~9m
推定樹齢800年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース
(表は大汝牟遅神社境内御神木の千本楠は除いています)

●周辺巨樹 大汝牟遅神社の御神木(約100m)
●2018年5月14日

180514日置市千本楠③

180514日置市千本楠④

180514日置市千本楠⑤

180514日置市千本楠⑦

180514日置市千本楠⑨

180514日置市千本楠⑪


●撮影年月日 2018年1月22日
20180122日置市 千本楠⑪

20180122日置市 千本楠③

20180122日置市 千本楠⑩

20180122日置市 千本楠⑤

20180122日置市 千本楠⑦

20180122日置市 千本楠⑧

20180122日置市 千本楠⑨


住 所 鹿児島県日置市吹上町中原
交 通 指宿スカイライン谷山ICより車で約25分

千本楠MAP

Posted on 2018/06/10 Sun. 05:06 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 0

大汝牟遅(おおなむち)神社の御神木 

南薩摩一のクスノキで願掛け御神木として大切にされています。案内板があり、御神木をやさしく3回撫でながら願いごとを唱える、また体の悪いところもその手で撫でるよう書かれています。
境内から約100メートル離れたところに大楠の森のようなところがあり「千本楠」と呼ばれていますが、離れているこの御神木も千本楠の1本とされています。

●鹿児島県日置市
●日置市指定天然記念物(千本楠)
案内板※(2007)
樹高22m
幹周約14m11.15m
推定樹齢1000年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 千本楠(約100m)
●撮影年月日 2018年5月14日

180514大汝牟遅神社①

御神木は3m位埋まっていて、裏の道から見ると本当の高さが分かります。
180514大汝牟遅神社②

180514大汝牟遅神社の御神木


●撮影年月日 2018年1月22日
20180122大汝牟遅神社②/

20180122大汝牟遅神社④


大汝牟遅(おおなむち)神社
創建年代は不詳です。御祭神は大汝牟遅命(大巳貴神)、玉依姫命、応神天皇、神功皇后、仲哀天皇、仁徳天皇です。この地は瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が暫く宮居されたという伝説があります。
伊作島津氏十代忠良が、天文7年(1538)の出陣で勝利したことから奉納されるようになった流鏑馬は、県無形民俗文化財になっています。
20180122大汝牟遅神社⑥

住 所 鹿児島県日置市吹上町中原2263  大汝牟遅神社
交 通 指宿スカイライン谷山ICより車で約25分

大汝牟遅神社MAP

Posted on 2018/06/09 Sat. 05:46 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 2

指宿報国(いぶすきほうこく)神社のアコウ 

信楽寺(しんぎょうじ)の墓地内に指宿報国神社があり、そばに立派な注連縄がかけられたアコウの巨樹が立っています。「宮ヶ浜のアコウ」とも呼ばれています。
アコウは、紀州南部を北限とする常緑樹です。成長が旺盛で気根が蛇のように巻きついたり垂れ下がります。他の木にとりつき枯らすので「しめころしの木」と呼ぶところもあります。

●鹿児島県指宿市
●指宿市指定天然記念物
案内板※(2007)
樹高22m
幹周14.6m13.78m
推定樹齢約300年(2004調査)
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 中福良地区のクスノキ(約2km) 上西園のモイドン(約1.9km)
●撮影年月日 2018年5月14日

180514揖宿報国神社アコウ①

180514揖宿報国神社アコウ②

180514揖宿報国神社アコウ③


●撮影年月日 2018年1月22日
20180122指宿報国神社②

20180122指宿報国神社③

側脈が葉の縁近くでつながっていて面白いです。
20180122指宿報国神社⑤


すぐそばにも別のアコウの巨樹
樹高15m・幹周11m・樹齢200~299年(1988)
20180122信楽寺墓地①

20180122信楽寺墓地②

こちらのアコウの地面には、実がいっぱい落ちていました。
20180122信楽寺墓地③


指宿報国(いぶすきほうこく)神社
明治10年(1877)に起きた西南戦争による指宿村出身の戦没者43名の御霊を招魂塚に合祀し指宿報国社に遷座しました。御祭神は西南戦争とその後の日清・日露戦争・日支事変・大東亜戦争の戦没者の霊を御祭神としています。
昭和29年(1954)に「指宿報国神社」と改称されました。

住 所 鹿児島県指宿市西方4843-2  指宿報国神社
交 通 JR指宿枕崎線「宮ヶ浜駅」より約500m

指宿報国神社MAP

Posted on 2018/06/06 Wed. 19:26 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 2

霧島神宮の御神木 

霧島神宮前庭の右端に、御神木と呼ぶにふさわしい風格ある大杉が立っています。文明16年(1484)に霧島神宮が現在地に再興される前からあったとされています。
この杉は、南九州一帯の杉の祖先といわれているメアサ(霧島杉)という在来品種です。九州は古くからスギのさし木造林が行われていて、社寺などに植栽されていったとのことです。

●鹿児島県霧島市
案内板※(1988)
樹高38m33m
幹周7.2m7m
推定樹齢800年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年5月13日

180513霧島神宮の御神木⑤

180513霧島神宮の御神木⑧

左に垂直に伸びている小枝が見えます。
180513霧島神宮の御神木②

柵に付けられた解説板に「装束を着けた人が参拝している様に見える」とありました。確かにそのように見えてきます。
180513霧島神宮の御神木③

社務所裏手には、御神木の大スギとは趣の違うメアサ杉
180513霧島神宮の杉①


●撮影年月日 2018年1月21日
2018_0121霧島神宮御神木①

2018_0121霧島神宮御神木②

神宮の方のお話によると、奥にはヒノキやアスナロの巨樹もあるそうですが、危険なので案内なしでは行かれないそうです。
身近に見られる木では、社殿左手の方に枝が面白いメアサ杉
2018_0121霧島神宮御神木⑤

展望所そばの大モミは、樹高約26m・幹周約3.65m
2018_0121霧島神宮御神木⑦


霧島神宮
6世紀(欽明天皇)に高千穂峰山頂に元宮が作られたのが始まりとされています。霧島山の度々の噴火で、下の方へと移され、文明16年(1484)に現在地に鎮座しました。主祭神は瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)で、相殿神が6尊です。本殿・弊殿・拝殿・登廊下・勅使殿・附・境内社門守神社は、国重要文化財に指定されています。
180513霧島神宮の御神木⑨

住 所 鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
交 通 JR日豊本線「霧島神宮駅」よりバス「霧島いわさきホテル」行き乗車
    「霧島神宮前」下車

霧島神宮MAP

Posted on 2018/06/03 Sun. 22:09 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 0

国土安隠寺のクスノキ 

安穏寺の入口はどこかと道づたいに行くと、閉じられた山門があり、通り過ぎて先を行くと仁王門がありましたが、柵があり入れません。柵には案内板があり、クロマツ・クスノキ・ケヤキ・エノキ・スダジイなど多くの保存樹木があるとの説明が。さらに道を行くと中に入れました。
安穏寺には13本の保存樹木があり、その中で一番大きいのがクスノキです。本堂右手の鐘楼そばに大きく枝葉を広げて立っています。

●東京都足立区
●足立区保存樹木
※(1997)
樹高
幹周3.19m
推定樹齢
※『今めざめる大樹たち 足立の保存樹』
     (足立区の保存樹を守る会20周年記念事業誌 1997)

●撮影年月日 2018年5月4日

180504安隠寺のクスノキ①

180504安隠寺のクスノキ②

180504安隠寺のクスノキ③

墓地側に立つスダジイは幹周3.06m
180504安隠寺のスダジイ①

第三代将軍徳川家光公「御手植之松」は、國重文『五街道分間延絵図』にも描かれているそうです。幹周1.66m。
180504安隠寺のスダジイ④

駅から安穏寺へ向かう途中のクロマツも立派。樹齢約300年。
180504安穏寺そばのクロマツ

国土安穏寺
応永17年(1410)に日蓮宗の日通聖人により開山されました。開基は足立の領主の一人だった千葉満胤(みつたね)と伝えられています。慶安元年(1648)徳川家光より朱印状を賜りました。鷹狩りのために将軍が立ち寄る御膳所にもなり、鷹場の管理を嶋根村で行うことを定めた幕府の高札も町内に残されています。
180504安隠寺のスダジイ③

住 所 東京都足立区島根4-4-1  国土安穏寺
交 通 東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「西新井駅」より約800m

国土安穏寺MAP

Posted on 2018/05/27 Sun. 06:49 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

東京都  /  TB: 0  /  CM: 0

鹿島神社のケヤキ 

鹿島神社の参道に立ち並ぶ木の中で、ひと際大きく根張りが印象的なケヤキが立っています。境内そばでまっすぐ立つ大杉が社殿を見守る神柱なら、それとは対照的に曲線的で凹凸の大きいケヤキは、参道を見守る親方のようです。

●茨城県小美玉市(東茨城郡小川町)
●小美玉市指定天然記念物(小川町指定天然記念物)
案内板※(1988)
樹高15m41m
幹周11.6m5.4m
推定樹齢500年位
※環境庁編『日本の巨樹・巨木林 関東版(Ⅱ)1991』

●周辺巨樹 鹿島神社の大杉
●撮影年月日 2018年4月23日

180423鹿島神社ケヤキ①

180423鹿島神社ケヤキ④

180423鹿島神社ケヤキ⑤


鹿島神社
御祭神は武甕槌大神外二柱です。東海から園部川を遡ってきた鹿島の大神を久殿の森に祀ったのが始まりとされています。大同2年(802)に現在地に鎮座されました。天正末の兵火で消失した社殿を慶長17年(1612)に再建、三代将軍徳川家光から御朱印も賜りました。 小河(小川)の12郷の大鎮守として尊崇され、明治5年(1872)郷社となりました。
180423鹿島神社ケヤキ

住 所 小美玉市下馬場530  鹿島神社
交 通 JR常磐線「高浜駅」よりバス「鉾田駅行」乗車「小塙」下車すぐ

鹿島神社MAP

Posted on 2018/05/13 Sun. 06:18 [edit]

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

鹿島神社の大杉 

鹿島神社は小美玉市下馬場にありますが、大杉の脇に立つまだ新しい案内板には、小川町教育委員会の名で小川町指定天然記念物として大杉が紹介されています。小川町は平成18年(2006)年に東茨城郡美野里町と新治郡玉里村と合併して小美玉市になりました。大杉とともに町の歴史も大切にされています。

●茨城県小美玉市
●小美玉市指定天然記念物(小川町指定天然記念物)
案内板※(1988)
樹高約40m41m
幹周5.4m5.4m
推定樹齢約800年伝承800年
※環境庁編『日本の巨樹・巨木林 関東版(Ⅱ)1991』

●周辺巨樹 鹿島神社のケヤキ
●撮影年月日 2018年4月23日

180423鹿島神社の大杉①

180423鹿島神社の大杉②

180423鹿島神社の大杉③

大杉近くのタブノキ
180423鹿島神社のタブ


鹿島神社
御祭神は武甕槌大神外二柱です。東海から園部川を遡ってきた鹿島の大神を久殿の森に祀ったのが始まりとされています。大同2年(802)に現在地に鎮座されました。天正末の兵火で消失した社殿を慶長17年(1612)に再建、三代将軍徳川家光から御朱印も賜りました。 小河(小川)の12郷の大鎮守として尊崇され、明治5年(1872)郷社となりました。
180423鹿島神社の大杉⑥

住 所 小美玉市下馬場530  鹿島神社
交 通 JR常磐線「高浜駅」よりバス「鉾田駅行」乗車「小塙」下車すぐ

鹿島神社MAP

Posted on 2018/05/10 Thu. 08:48 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

茨城県  /  TB: 0  /  CM: 0

上発知のシダレザクラ 

「発知のヒガンザクラ」を北上すると、同じように高台の一本桜の「上発知のシダレザクラ」があります。根元近くに赤い前掛けのお地蔵様が立っているので、「発知の地蔵桜」とも呼ばれているそうです。年によっては、サクラの開花時に後方に見える武尊連峰に雪が残っている時もあります。

●群馬県沼田市
●沼田の名木百選
※(1995)
樹高17m
幹周3.8m
推定樹齢
※『沼田の名木百選』(群馬県沼田市 1995)

●周辺巨樹 発知のヒガンザクラ(約3km)
●撮影年月日 2018年4月17日

180417上発知のシダレ④

180417上発知のシダレ⑤

180417上発知のシダレ②


●撮影年月日 2017年4月25日
170425上発知シダレザクラ②

170425上発知シダレザクラ③

170425上発知シダレザクラ①


住 所  群馬県沼田市上発知町646
交 通 JR上越線「沼田駅」よりバス4番乗場「迦葉山」行き乗車「坂上」下車
    
関越交通バス情報

上発知のシダレザクラMAP

Posted on 2018/05/06 Sun. 23:38 [edit]

thread:

janre 写真

群馬県  /  TB: 0  /  CM: 0

発知のヒガンザクラ 

県道266号線から少し入った高台にある一本桜です。市内のヒガンザクラで一番幹周があります。苗代作りの頃に開花するので「発知の苗代桜」とも呼ばれているそうです。

●群馬県沼田市
●群馬県指定天然記念物  沼田の名木百選
案内柱(2005)※(2000)
樹高15m12m
幹周4.65m5.1m
推定樹齢300年以上
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 上発知のシダレザクラ(約3km)
●撮影年月日 2018年4月17日
180417発知のヒガンザク①ラ

180417発知のヒガンザク②ラ

180417発知のヒガンザクラ③


●撮影年月日 2017年4月25日
170425発知のヒガン①

170425発知のヒガンザクラ⑥

170425発知のヒガン③


住 所 群馬県沼田市中発地町1234
交 通 JR上越線「沼田駅」よりバス4番乗場「迦葉山」行き乗車「下沢橋」
    下車
    
関越交通バス情報

発知のヒガンザクラMAP

Posted on 2018/05/04 Fri. 09:55 [edit]

thread: 桜のある写真

janre 写真

群馬県  /  TB: 0  /  CM: 0

荘田(しょうだ)神社の大イチョウ 

訪れた時は新緑が出はじめだったので、細かい枝がびっしり生える様子がよく分かりました。別名「諏訪の乳イチョウ」ともいわれ、あちこちに乳根(気根)が出ています。天慶3年(940)、豪族の利根平八が荘田(井土上町)に館を建て、荘田神社を守神とした頃にイチョウが植えられたと伝えられています。
写真には映っていませんが、昭和34年(1959)の伊勢湾台風で大枝を失い、赤い鉄板が被せられています。

●群馬県沼田市
●群馬県指定天然記念物  沼田の名木百選
案内板(2016)※(2000)
樹高25.85m51m
幹周9.07m9.47m
推定樹齢伝承1000年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年4月17日

180417荘田神社大イチョウ①

群馬県のご当地かるた『沼田かるた』にもイチョウが登場しています。
【ち】「乳公孫樹 荘田の宮の 御神木」
180417荘田神社大イチョウ②

180417荘田神社大イチョウ③

180417荘田神社大イチョウ④

荘田(しょうだ)神社
詳細は不明です。「諏訪社」と呼ばれていた時代もあったようです。また南東200mくらい離れたところに「関口城」があったということです。
180417荘田神社大イチョウ⑤

住 所 群馬県沼田市井土上町923
交 通 JR上越線「沼田駅」よりバス「法師温泉行」「上毛高原駅行」乗車
    「恩田」下車約1km

荘田神社MAP

Posted on 2018/05/02 Wed. 04:57 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

群馬県  /  TB: 0  /  CM: 0

村主(すぐろ)八幡宮の大欅 

村主神社の鳥居のそばに、大きなこぶを持ち古木の風格たっぷりの根元と高く上へと伸びた姿が印象的なケヤキが立っています。
根元の案内石碑によると、永く御神木として尊重され、この樹下の下で、村主八幡・大宮八幡・小松八幡の三社が相寄って、三社祭り、流鏑馬が明治中期まで行われたとありました。神社の歴史を見守り続けてきたケヤキを大切に思う気持ちが込められた石碑です。

●群馬県利根郡みなかみ町
●群馬県指定天然記念物
案内石碑※(1988)
樹高80尺(約24.3m)30m
幹周22尺(約6.7m)7.01m
推定樹齢600年
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 上津の姥桜(約300m)
●撮影年月日 2018年4月17日

180417村主のケヤキ①

大きなコブがあります。
180417村主のケヤキ②

なぜか根元にも、コブと同じくらいの大きな丸い石。
180417村主のケヤキ③

社殿の階段の両側にも丸石・・・力比べに使われた力石だそうで、66kgと88kgあるそうです。
180417村主のケヤキ④



●撮影年月日 2017年4月24日
170425村主の大欅①

170425村主の大欅②

170425村主の大欅④

村主(すぐろ)八幡神社
案内板によると、鎌倉時代から鎮座し、江戸時代に村主八幡宮として祭祀されました。明治42年(1909)、神社27社を合祀して名胡桃の総鎮守となり八幡神社に改称されました。
江戸時代から明治まで流鏑馬が行われていました。江戸時代末期の文政8年(1285)から始まった太々神楽は、毎年4月3日の大祭に12座が奉納されています。
180417村主のケヤキ⑤

住 所 群馬県利根郡みなかみ町上津  村主八幡神社
交 通 JR上越新幹線「上毛高原駅」より約2.6m
    またはJR上越新幹線「上毛高原駅」・JR上越線「沼田駅」「後閑
    駅」よりバス猿ヶ京線「猿ヶ京」行き乗車「黒岩八景」下車約1.4km

猿ヶ京線バス情報

村主八幡神社(八幡宮)MAP

Posted on 2018/04/29 Sun. 21:07 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

群馬県  /  TB: 0  /  CM: 0

西新井大師のクスノキ 

西新井大師には樹木が多くありますが、一番幹周がある木です。葉の量が少ないですが、古木の風格が出ているクスノキです。
参道入って左手の塩地蔵や六角観音堂の裏手にあるので、あまり知られることもないようですが、木の周囲は囲われて石造物が何基も立っています。

●東京都足立区
●足立区保存樹木
※(1997)
樹高
幹周3.05m
推定樹齢
※『今めざめる大樹たち 足立の保存樹』
     (足立区の保存樹を守る会20周年記念事業誌 1997)
●周辺巨樹 雷神社のスダジイ(約1km)
●撮影年月日 2018年4月4日

180404西新井大師クスノキ①

葉に元気がないのが気になりますが・・・
180404西新井大師クスノキ②

180404西新井大師クスノキ③


西新井大師
天長3年(826) 開創の真言宗豊山派のお寺です。「西新井大師」の名で呼ばれていますが、正式な寺名は總持寺(そうじじ)です。
空海(弘法大師)がこの地に立ち寄られた時、十一面観音像と空海自身の像を彫りました。観音像を御本尊とし、自身の像を枯れた井戸に置き21日間祈願をすると、井戸に水が湧きました。その水を流行り病にかかった人々に飲ませると病が治ったと伝えられています。その井戸が本堂の西側にあったことから「西新井」の地名となったといわれています。
180404西新井大師のクスノキ

住 所 東京都足立区西新井1-15-1  西新井大師
交 通 東武大師線「大師前駅」すぐ

西新井大師MAP

Posted on 2018/04/27 Fri. 06:12 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

東京都  /  TB: 0  /  CM: 0

雷(いかづち)神社のスダジイ 

大きな木ではありませんが、看板が立ち、スダジイの根の周りは草で囲われて、大事にされていることが伺われます。
案内板によると、享保の改革(1716~1745)の頃に雷神社が建立された時、境内中央に御神木としてスダジイを植樹し、郷人達の安泰五穀豊穣を祈願したと伝えられています。

●東京都足立区
●足立区保存樹木
※(1997)
樹高
幹周2.42m
推定樹齢
※『今めざめる大樹たち 足立の保存樹』
     (足立区の保存樹を守る会20周年記念事業誌 1997)
●周辺巨樹 西新井大師のクスノキ(約1km)
●撮影年月日 2018年4月4日

180404雷神社のスダジイ①

180404雷神社のスダジイ②

180404雷神社のスダジイ④



(いかづち)神社
聖徳3年(1713)の頃、たび重なる落雷や日照りなどの自然災害で村が荒廃しましたが、八代将軍徳川吉による享保の改革(1716~1745)で村は復興されました。村が再び荒廃しないようにとの願いで、大雷神(おおいかづちのかみ)を祀る雷神社が建立されました。
180404雷神社のスダジイ⑤

住 所 東京都足立区西新井2-27-1  雷神社
交 通 東武大師線「大師前駅」より約800m

雷神社MAP

Posted on 2018/04/27 Fri. 06:04 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

東京都  /  TB: 0  /  CM: 0

阿弥陀院のクスノキ 

幹周が3m以内なので巨木ではないですが、すらりと伸びた立ち姿に心惹かれるものがありました。
阿弥陀院には「百万遍」という江戸時代から続く行事があり、とても長い数珠を十数人で持ち上げて回しながら念仏を唱えます。中断していた時期もあったそうですが、クスノキは見下ろしながら集う人々を見守ってきたことでしょう。

●東京都足立区
●足立区保存樹木
※(1997)
樹高
幹周2.58m
推定樹齢
※『今めざめる大樹たち 足立の保存樹』
     (足立区の保存樹を守る会20周年記念事業誌 1997)

●撮影年月日 2018年4月4日

180404阿弥陀院のクスノキ

180404阿弥陀院のクスノキ①

180404阿弥陀院のクスノキ③


すぐ近くの押部八幡神社も、建物のすぐ脇に大きなクスノキが立っています。
180404押部八幡神社の楠


阿弥陀院
真言宗智山派の寺院で天明2年(1782)の創建。本尊の阿弥陀如来像は、恵心僧都の作と伝えられています。江戸時代から続いている(戦時中に中断し近年復活)「百万遍」は、直径4~5mの数珠を十数人で持って回す行事で、足立区無形民俗文化財に指定されています。
180404阿弥陀院のクスノ④

住 所 東京都足立区鹿浜7-19-7  阿弥陀院
交 通 日暮里・舎人ライナー「西新井大師西駅」より約1km

阿弥陀院MAP

Posted on 2018/04/24 Tue. 20:11 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

東京都  /  TB: 0  /  CM: 0

輪王殿駐車場のクスノキ 

上野の寛永寺の開山堂(両大師)北側の輪王殿第二会場駐車場に双幹のクスノキがシンボルのように立っています。向かって右の方が大きいので「夫婦クスノキ」とでも呼びたいところです。
江戸時代後期の寛永寺は、上野公園も含んだ総坪約36万坪の寺領を拝していました。クスノキのある区画は開山堂でしたが、現在は開山堂(両大師)と輪王殿になっています。

●東京都台東区
●台東区保護樹木

※(2010)
樹高16m
幹周3.67m・5.32m
推定樹齢
※台東区保護樹木等台帳

●周辺巨樹 大雄寺のクスノキ(約1km)
●撮影年月日 2018年3月28日

180328両大師のクスノキ①

180328両大師のクスノキ②

クスノキの向かって左に、さぞ大きな木だったと思われる切り株が2つ。
もし元気だったら、巨樹が並んで見ごたえがあったことでしょう。
180328両大師のクスノキ⑦


開山堂(両大師)
正保元年(1644)、寛永寺開山の慈眼大師(~1640)を現在地に祀って開山堂が建てられたのが始まりです。慈眼大師が崇敬する慈恵大師も併せて祀ったことから「両大師」の名がつきました。
現在のお堂は平成5年(1993)に再建されたものです。
180328両大師のクスノキ④

180328両大師のクスノキ⑥

住 所 東京都台東区上野公園14-5  開山堂(両大師)
交 通 JR山手線・京浜東北線「鴬谷駅」南口より約400m 「上野駅」公園口
    より約500m

開山堂(両大師)MAP

Posted on 2018/04/18 Wed. 16:20 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

東京都  /  TB: 0  /  CM: 0

金嶺寺(こんれいじ)のタブノキ 

金嶺寺の本堂左手の墓地に枝葉を茂らせたタブノキが立っています。近づくと、幹が大きく空洞化して、ほとんど皮だけになっています。お寺の方のお話によると、戦前に大きな雷が落ちたのだそうです。色々な角度からみていると、アート作品のように思えてきます。
墓地の中にあるので、お墓には十分気遣いを。

●東京都台東区
●台東区保護樹木

※(2010)
樹高20m
幹周5.05m
推定樹齢
※台東区保護樹木等台帳

●周辺巨樹 谷中のまたぎクス(感應寺へ約100m 妙雲寺へ約200m)
      大雄寺のクスノキ(約190m) 谷中のヒマラヤ杉(約200m)
      玉林寺のシイ(約400m)
●撮影年月日 2018年3月28日

180328金嶺寺のクスノキ①

180328金嶺寺のクスノキ③

180328金嶺寺のクスノキ②

180328金嶺寺のクスノキ④jpg

180328金嶺寺のクスノキ⑤


金嶺寺(こんれいじ)
天台宗のお寺です。慶長16年(1611)神田北寺町に創建され、慶安元年(1648)に現在地に移りました。
開山は寛永17年(1640)天海僧正。天海僧正は天台宗の発展に大きな貢献をしただけでなく、徳川家康、秀忠、家光の信頼を得て、幕府の政策にも関わりました。
180328金嶺寺のクスノキ⑥

住 所 東京都台東区谷中1-6-27 金嶺寺
交 通 東京メトロ千代田線「根津駅」より約800m
    JR山手線「日暮里駅」より約1km

金嶺寺MAP

Posted on 2018/04/13 Fri. 22:02 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

東京都  /  TB: 0  /  CM: 0

大雄寺(だいおうじ)のクスノキ 

東京都と台東区両方の保存樹指定の看板が立っているので、両方の指定を受けていると思ってしまいますが、東京都から台東区へ指定が移管されたものです。
墓地なのに暗さを感じないのは、クスノキの大きく広がった明るい緑があるからと思います。クスノキのそばには幕末維新の槍術家、高橋泥舟の墓があります。

●東京都台東区
●台東区保護樹木

※(2010)
樹高20m
幹周5.05m
推定樹齢
※台東区保護樹木等台帳

●周辺巨樹 谷中のまたぎクス(感應寺へ約90m 妙雲寺へ約100m)
      金嶺寺のタブノキ(約190m) 谷中のヒマラヤ杉(約390m)
      玉林寺のシイ(約490m) 輪王殿駐車場のクスノキ(約1km)
●撮影年月日 2018年2月25日

180225大雄寺のクスノキ①

180225大雄寺のクスノキ②

180225大雄寺のクスノキ③


大雄寺(だいおうじ)
慶長9年(1604年)日達により開山された日蓮宗のお寺です。天和8年(1688)神田土手下が寺領になり、安永元年(1772)に火災に遭い再建。元治元年(1864)の江戸の大火で現在地に移転されました。
180225台東区 大雄寺のクス

住 所 東京都台東区谷中6-1-26  大雄寺
交 通 東京メトロ千代田線「根津駅」より約750m
    JR山手線「日暮里駅」より約850m

大雄寺MAP

Posted on 2018/04/05 Thu. 05:51 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

東京都  /  TB: 0  /  CM: 0

谷中のまたぎクス 

妙雲寺と隣の感應寺(かんのうじ)の二つのお寺をまたぐように、幹周7m以上のクスノキが立っています。
大正13年(1924)の『東京府蹟名勝天然記念物調査報告書 第二冊』には、東京府天然記念物「谷中感應寺の樟」として記載があります(幹周4.85m、樹高21.21m、樹齢約400年)。また台東区の保護樹木等台帳には、昭和57年に保護樹木に指定、所在地は妙雲寺として記載されています。

妙雲寺の方に伺いましたら、お寺が400年以上前にこの地に移転してきた時は、すでにクスノキは立っていたということです。ちょうど両寺の境にあるので、どちらの所有ということはないそうです。クスノキは両方のお寺の墓地の奥に立ち、お墓を見守っています。墓地に立ち入るので、見学の際はお寺の方に声をかけると良いでしょう。

●東京都台東区
●台東区保護樹木

※(2010)
樹高23m
幹周7.1m
推定樹齢
※台東区保護樹木等台帳

●周辺巨樹 大雄寺のクスノキ(感應寺より約90m 妙雲寺より約100m)
      金嶺寺のタブノキ(感應寺より約100m 妙雲寺より約200m)
      谷中のヒマラヤ杉(感應寺より約290m 妙雲寺より約400m)
      玉林寺のシイ(感應寺より約470m 妙雲寺より約580m)
●撮影年月日 2018年2月25日

180225妙雲寺クスノキ①

塀が幹の中心に来ています。
180225妙雲寺クスノキ②

塀が食い込んでいるように見えますが、長い年月の幹の成長で塀を包んできているようです。
幹には空洞があってコンクリートでふさいであります。
180225妙雲寺クスノキ③

180225妙雲寺クスノキ④

感應寺側から。妙雲寺側より穴はもっと大きくコンクリートブロックがいくつも入っています。戦後間もないころ、幹の空洞から出火して、幹の上方から炎が出るほどの火事になったそうです。
180225感応寺クスノキ①

そんな過去をものともせず、元気に枝葉を広げています。
180225感応寺クスノキ②


妙雲寺
元和5年(1619)、了雲院日登聖人により創建されました。加賀藩前田家の崇拝が厚く、江戸時代末期までは前田家家臣のみが檀徒になれました。虫歯除けに効くとされるお寺で、別名「むしば寺」と呼ばれています。

感應寺(かんのうじ)
弘法寺十世日感上人により開山、慶長元年(1596)に神田に創建されましたが、明暦の大火で現在地に移りました。 江戸末期の医師・儒学者の渋江抽斎の墓があります。

谷中の寺町は、明治時代の廃仏毀釈・寺社領上知令で寺の破壊や没収が行われた中、数と規模を維持しました。関東大震災や東京大空襲の被害も少なく、現在も寺院数と密度が都内で一番の寺町です。

住 所 東京都台東区谷中6-2-39 妙雲寺
交 通 JR山手線「日暮里駅」より約570m(妙雲寺)

妙雲寺MAP


Posted on 2018/04/02 Mon. 05:32 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

東京都  /  TB: 0  /  CM: 0

蒲生八幡神社のクスノキ 

「蒲生のクス」と同じ神社に立つので、存在感のある巨樹でありながら、あまり日の目を見ていないクスノキです。落語で言うなら「蒲生のクス」が真打ちで、このクスは二つ目。境内からクスノキ、参道、見下ろす景色の3点セットがとても良かったです。

●鹿児島県姶良(あいら)市
※(2000)
樹高30m
幹周7.42m
推定樹齢
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹  蒲生のクス  蒲生八幡神社のカヤ
●撮影年月日 2018年1月23日

180123蒲生八幡神社のクス①

180123蒲生八幡神社のクス②


蒲生八幡神社
保安4年(1123)、蒲生院総領職の蒲生上総介舜清(かもうかずさのすけちかきよ)が、宇佐八幡宮を勧請して現在の地に建立しました。蒲生氏は島津氏との戦いに敗れて弘治3年(1557)に退去させられ、その後、島津義弘により社殿が再興されました。昭和60年(1985)の台風で社殿は大破し、現在の社殿はその後再建されたものです。
180123蒲生の大クス⑥

住 所 鹿児島県姶良郡蒲生町上久徳2259-1 蒲生八幡神社
交 通 日豊本線「帖佐駅」よりバス「楠田車庫」「鹿児島中央駅」行き乗車
    「八幡」下車約240m

蒲生八幡神社MAP

Posted on 2018/03/27 Tue. 05:16 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 0

蒲生八幡神社のカヤ 

「蒲生のクス」で有名な蒲生八幡神社には、拝殿向かって右側に形の良いカヤが立っています。「蒲生のクス」のおかげであまり存在を意識されていませんが、盛り上げられた根元の土は石で囲われていて、大切にされていることが伺えます。

●鹿児島県姶良(あいら)市
※(2000)
樹高30m
幹周7.42m
推定樹齢
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 蒲生のクス 蒲生八幡神社のクス
●撮影年月日 2018年1月23日

180123蒲生八幡神社のカヤ①

180123蒲生八幡神社のカヤ②

180123蒲生八幡神社のカヤ④


蒲生八幡神社
保安4年(1123)、蒲生院総領職の蒲生上総介舜清(かもうかずさのすけちかきよ)が、宇佐八幡宮を勧請して現在の地に建立しました。蒲生氏は島津氏との戦いに敗れて弘治3年(1557)に退去させられ、その後、島津義弘により社殿が再興されました。昭和60年(1985)の台風で社殿は大破し、現在の社殿はその後再建されたものです。
180123蒲生の大クス⑥

住 所 鹿児島県姶良郡蒲生町上久徳2259-1 蒲生八幡神社
交 通 日豊本線「帖佐駅」よりバス「楠田車庫」「鹿児島中央駅」行き乗車
    「八幡」下車約240m

蒲生八幡神社MAP

Posted on 2018/03/26 Mon. 09:46 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 0

城山のクスノキ 

「城山」は南北朝時代(14世紀)の豪族上山氏の山城の跡です。一代で廃城になりましたが、鶴丸城の裏山にあったため、警護上の理由から明治時代になるまで立ち入り禁止になりました。おかげで自然が壊されず、樹齢約400年のクスなどの常緑広葉樹やシダ類など約600種余りの植物が密生し、野鳥や昆虫も多く生息しています。
一番大きいクスノキは展望台の東側の遊歩道沿いに立っています。

●鹿児島県鹿児島市
●国指定史跡・天然記念物(城山の約10.9ha)
最大のクス案内板
樹高23m
幹周13m
推定樹齢約800年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年1月23日

城山で最大のクスノキは、大きな空洞が特徴。
180123城山公園のクス②

180123城山公園のクス③


別のクスノキ。木に合わせて遊歩道を作っています。
180123城山公園のクス⑥

駐車場入口も見事なクスが。
180123城山公園のクス④


城山公園
南北朝時代の山城の跡で、西郷隆盛の終焉の地です。明治23年(1890)に鹿児島市で一番最初の公園として開設されました。曲がりくねった自然遊歩道は、昭和5年(1930)から在郷軍人会が自動車道として開発工事を進めたものでした。大きな反対運動がおこり、文化庁が調査を行った結果、天然記念物に指定され、道路は遊歩道として活用されることになりました。

住 所 鹿児島県鹿児島市城山町
交 通 JR鹿児島本線「鹿児島中央駅」東口よりカゴシマシティビュー乗車
    「城山」下車

カゴシマシティビュー情報

城山MAP

Posted on 2018/03/12 Mon. 05:31 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 0

枚聞(ひらきき)神社のクスノキ 

開聞岳の北麓に面した神社です。巨木・古木が多くありますが、その中でも一番の大きさを誇るクスノキが鳥居の向かって右側に立ち、参拝者を迎えています。上部の大枝はかなり切られていますが、元は相当な枝葉を伸ばしていたことでしょう。

●鹿児島県指宿市
案内板(2010)
樹高18~21m23m
幹周7.9~9.5m10.6m
推定樹齢800年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年1月22日

20180122枚聞神社クスノキ①

20180122枚聞神社クスノキ②


枚聞(ひらきき)神社
御祭神は枚聞神一座として、大日孁貴命(天照大御神)が主祭神のほか皇祖神も祀られています。創建は不明ですが、平安時代に編纂された『日本三大実録』に、貞観2年(860)開聞神の神階に「従四位」が加えられた記述があり、延長5年(927)の『延喜式神名帳』に式内社として枚聞神社が列せられています。

住 所 鹿児島県指宿市開聞町1366  枚聞神社
交 通 JR指宿枕崎線「開聞駅」より約950m

枚聞神社MAP

Posted on 2018/03/02 Fri. 04:49 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 0

揖宿(いぶすき)神社のクスノキ 

揖宿神社には、8本ものクスノキの巨樹が立っています。貞観16年 (874)の開聞岳の大噴火で開聞九杜大明神(現在の枚聞神社)が避難遷宮される際に開聞岳のクスノキ3本をこちらに植栽したと伝えられています。『揖宿神社沿革誌』によると、社山の楠は大森と称されて、今は断絶しましたが、毎年2月18日には山神祭があったそうです。

●鹿児島県指宿市
●鹿児島県指定天然記念物(揖宿神社の社叢)
※(2016)※(1988)
樹高24.5~34.8m24~31m
幹周6.2m~10m5.5~8.6m
推定樹齢700~800年
※『南薩の巨木・古木』(南薩地域振興局 2016)
※※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 中福良地区のクスノキ(約1.5km) 上西園のモイドン(約1.6km) 
●撮影年月日 2018年1月22日

20180122揖宿神社クスノキ①

20180122揖宿神社クスノキ②

一番大きいとされるクスノキ
20180122揖宿神社のクスノキ

20180122揖宿神社クスノキ⑥

20180122揖宿神社クスノキ④


駐車場にある大イチョウは樹高29m・幹周4.7m(1988 環境省)
20180122揖宿神社クスノキ⑧

道路向かいの「田の神依代(よりしろ)ムクノキ」は、樹高21.1m・幹周3.1m・樹齢推定300年
昭和28年まで続いていたお田植え祭では、田の神霊が現れる御神木とされていました。
20180122揖宿神社クスノキ③


揖宿神社
御祭神は大日孁貴命(天照大御神)で相殿9柱が合わせ祀られています。天智天皇御滞興の由緒ある地として、慶雲3年(706)に葛城宮が創建されました。貞観16年 (874)長主山(現在の開聞岳)の大噴火で開聞九杜大明神(現在の枚聞神社)が避難遷宮され、「開聞新宮九杜大明神」と称し、明治維新に「揖宿神社」に改称されました。
揖宿神社本殿・舞殿・勅使殿は指宿市指定有形文化財になっています。
20180122揖宿神社クスノキ⑨

住 所 鹿児島県指宿市東方733  揖宿神社
交 通 JR指宿枕崎線「二月田駅」より約700m

揖宿神社MAP

Posted on 2018/02/27 Tue. 06:29 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 0

上西園のモイドン 

「モイドン」の「モイ」は森の訛ったもの、「ドン」は「西郷どん」と同じ敬称です。鹿児島全体で約100、指宿だけでも約40のモイドンがあります。
「上西園のモイドン」は、神が宿っているとされるアコウ、山ン神(内神)、イナイドン(稲荷神)が同じ場所に祀られている集団民俗神の聖地とされています。薄暗さもあったかもしれませんが、アコウや敷地内の何かとても強い気に、軽い気持ちで立ち入ってはいけないものを感じました。

●鹿児島県指宿市
●指宿市指定有形民俗文化財(上西園のモイドンなど民俗神)
※(2016)※※(1988)
樹高22m10m
幹周7.3mm6.5m
推定樹齢230年300年以上
※『南薩の巨木・古木』(南薩地域振興局 2016)
※※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 中福良地区のクスノキ(約170m) 揖宿神社のクスノキ(約1.6km)
      指宿報国神社のアコウ(約1.9km)

20180122上西園のモイドン②

20180122上西園のモイドン①

20180122上西園のモイドン③

20180122上西園のモイドン④

山ン神(内神)
20180122上西園のモイドン⑤

20180122上西園のモイドン⑥


住 所 鹿児島県指宿市東方2310-1
交 通 JR指宿枕崎線「二月田駅」より約2km
    または「二月田駅」より徒歩約230m「北十町」バス停 池田・東方線
    「松ヶ窪」行き乗車「中福良」下車(火・木・土 本数少ない)

上西園のモイドンMAP

Posted on 2018/02/23 Fri. 06:37 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 0

中福良(なかふくら)地区のクスノキ 

見通しの良い十字路に形の良い大クスノキが立っています。すぐ脇は「中福良」バス停です。炎天下や雨の日も、こんな巨樹の下ならバスを待つのも苦にならないでしょう。
『南薩の巨木・古木』(南薩地域振興局 2016)によると、現在管理されている方の曽祖父が自宅の敷地に植えたそうです。現在は、農作業の仕分け作業や集いの場所になっているそうで、地元の方々を温かく見守り続けているクスノキです。

●鹿児島県指宿市
※(2016)※※(1988)
樹高22m10m
幹周7.3m6.5m
推定樹齢230年300年以上
※『南薩の巨木・古木』(南薩地域振興局 2016)
※※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 上西園のモイドン(約170m) 揖宿神社のクスノキ(約1.5km)
      指宿報国神社のアコウ(約2km)  

●撮影年月日 2018年1月22日

20180122中福良のクスノキ①

20180122中福良のクスノキ②

20180122中福良のクスノキ③

住 所 鹿児島県指宿市東方6840
交 通 JR指宿枕崎線「二月田駅」より約2km
    または「二月田駅」より徒歩約230m「北十町」バス停 池田・東方線
    「松ヶ窪」行き乗車「中福良」下車(火・木・土 本数少ない)

中福良地区のクスノキMAP

Posted on 2018/02/20 Tue. 23:01 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 0

仙厳園のヤクタネゴヨウ 

仙厳園には島津家29代忠義の御殿があります。その前庭に堂々と立つマツは、屋久島と種子島にだけ自生している「ヤクタネゴヨウ」という五葉松です。
マツクイ虫の被害などで激減してしまい、屋久島で約1,000~2,000本、種子島で約200 本と推定されていて、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種にあげられています。

●鹿児島県鹿児島市
仙厳園HP
樹高30m30m
幹周5.3m
推定樹齢350年以上100~199年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2018年1月22日

20180122ヤクタネゴヨウ①

20180122ヤクタネゴヨウ

20180122ヤクタネゴヨウ②


仙厳園
万治元年(1658)、薩摩藩主19代島津光久により造られた別邸です。錦江湾や桜島の雄大な景観を取り入れた雄大な大名庭園で、国指定名勝になっています。また、日本初の工業地帯の跡地で産業革命遺産として世界遺産登録され、温帯・亜熱帯の珍しい植物が植えられているなど、見どころの多い庭園です。   

20180122鹿児島市仙厳園①

20180122鹿児島市仙厳園②

住 所 鹿児島県鹿児島市吉野町磯9700-1  仙厳園
交 通 日豊本線「鹿児島駅」よりバス「楠田車庫」「試験場前車庫」「重久
    車庫」「姶良ニュータウン車庫前」行き乗車「仙厳園前」下車

仙厳園MAP

Posted on 2018/02/14 Wed. 14:02 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

鹿児島県  /  TB: 0  /  CM: 0

妙光寺のクスノキ 

八潮市の案内MAPに載っていたので訪れました。立派な山門とその上にモクモクと見える樹冠。期待を持って門をくぐりましたら、左手にすらりと伸びた大きなクスノキの御神木が迎えてくれました。
健康的に成長していて、お寺や地域の方々のクスノキを大切に思う心が伝わっているのだろうなと思わせてくれるような木でした。

●埼玉県八潮市
●八潮市保護樹木
※(2000)
樹高18m
幹周3.5m
推定樹齢
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 西福寺のタブノキ(約1.5km) 普門寺の多行松(約2.8km)
●撮影年月日 2018年1月10日

180110八潮市妙光寺のクス①

180110八潮市妙光寺のクス③/

180110八潮市妙光寺のクス②

妙光寺
文明3年(1471)日正が開山した日蓮宗の寺院です。福徳三年私年号曼荼羅と幸田一族の墓域は市指定有形文化財になっています。
180110八潮市 妙光寺のクス

住 所 埼玉県八潮市中央3-19-2  妙光寺
交 通 つくばXP「八潮駅」北口よりバス「草加駅東口」行き乗車「上馬場」
    下車約120m

妙光寺MAP

Posted on 2018/01/21 Sun. 07:20 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

普門寺の多行松(たぎょうしょう) 

多行松(たぎょうしょう)はアカマツの変種で、根元近くから幹が何本にも分かれていて傘のようになっています。江戸時代に植木の産地として知られた埼玉の安行地方で接ぎ木で作り出されたという説があります。

●埼玉県八潮市
表示板
樹高
幹周
推定樹齢350年
 
●周辺巨樹 妙光寺のクスノキ(2.8km)
●撮影年月日 2018年1月7日

180107八潮普門寺多行松①

180107八潮普門寺多行松④

180107八潮普門寺多行松⑥


普門寺
永禄年間(1558~1570)に大雲上人に開創された真言宗豊山派の寺です。御本尊は不動明王。明治初年の廃仏毀釈で金蔵院・正福院・明王寺を合寺しました。中川改修工事のため、昭和60年(1985)に現在地に移転されました。
180107八潮普門寺多行松⑤

住 所 埼玉県八潮市南川崎440  普門寺
交 通 つくばエクスプレス「八潮駅」より約1.8km

普門寺MAP

Posted on 2018/01/15 Mon. 06:27 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

倉沢のヒノキ 

倉沢橋から日原方面に80m位進むと「倉沢のヒノキ」に通じる階段があり、やがて山道となってどんどん登っていくと、舞台に立つ主役のような大きなヒノキが現れました。地元では「千年の大ヒノキ」とも呼ばれています。
薄曇りでのお日様が少し傾き始めた頃で、斜めから何ともやわらかい光がヒノキをつつみ引き立てていました。

●東京都西多摩郡奥多摩町
●東京都指定天然記念物
案内板(2011)※(2000)
樹高34m33m
幹周6.3m6.2m
推定樹齢300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2017年12月24日

171224奥多摩倉沢のヒノキ①

171224奥多摩倉沢のヒノキ③

地上5m位で9本の枝に分かれてまっすぐ伸びています。
171224奥多摩倉沢のヒノキ⑤


住 所 東京都西多摩郡奥多摩町日原567
交 通 JR青梅線「奥多摩駅」よりバス「東日原」行き乗車「倉沢」下車約500m

倉沢のヒノキMAP

Posted on 2018/01/10 Wed. 21:28 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

東京都  /  TB: 0  /  CM: 0

県別巨樹