07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

出会った巨樹

木をメインに、風景写真や動物写真も時々載せてます

比志のエゾエノキ 

比志神社の北の集落地に入り、ゆるやかな坂を上がって行くと、道際にエゾエノキ登場です。周囲が畑なので遠くからでも目立ちます。
比志神社にいた時、野猿が集落の道に座っているのが見えました。この辺りは野猿が出没するそうで、この目立つ大木でも遊んでいるかもしれません。

●山梨県北杜市
●山梨県指定天然記念物
案内板(1994)※(1988)
樹高15m13m
幹周3.9m
推定樹齢
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 比志神社の大スギ(約300m)
●撮影年月日 2017年4月4日

170404比志のエゾエノキ①

170404比志のエゾエノキ②

右横には台座に乗った祠があり、左隣は複数の石造物が並びます。
170404比志のエゾエノキ⑥


170404比志のエゾエノキ④


住 所 山梨県北杜市須玉町比志1159
交 通 JR中央本線「韮崎駅」よりバス2番乗場「増富温泉郷」行き乗車
    「比志下」下車約550m

韮崎・増富温泉郷線バス情報

比志のエゾエノキMAP

スポンサーサイト

Posted on 2017/04/22 Sat. 06:12 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

比志神社の大スギ 

神社は高木の木々の中にあり道路からは見えませんが、オレンジ色っぽい鳥居がある参道が塩川と平行に続いているので分かります。
大スギは拝殿のすぐ横に並ぶようにして立っています。樹齢500~600年だそうですが、まっすぐに健康的に伸びた幹が印象的でした。

●山梨県北杜市
●山梨県指定天然記念物
案内板(1981)※(1988)
樹高33m35m
幹周8.18m6.9m
推定樹齢500~600年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 比志のエゾエノキ(約300m)
●撮影年月日 2017年4月4日

170404比志神社の大スギ①

170404比志神社の大スギ②

170404比志神社の大スギ③


比志神社
社伝によると、大宝元年(701)9月15日、鎮座の儀で比志の西北隅の御崎平に鎮座し、正長元年(1428)に現在地に遷座されました。大永8年(1528)に日向大和守是吉一族が本殿を改修しました。飛騨の匠の作といわれる本殿と棟札は、山梨県指定文化財になっています。
170404比志神社の大スギ

住 所 山梨県北杜市須玉町比志872   比志神社
交 通 JR中央本線「韮崎駅」よりバス2番乗場「増富温泉郷」行き乗車
    「比志下」下車約490m

韮崎・増富温泉郷線バス情報

比志神社MAP

Posted on 2017/04/19 Wed. 21:42 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

日影のトチノキ 

中生代に形成された砂岩上に立っています。巨樹に大変お詳しい高橋弘さんによると、全国でも最高ランクの保護方法をとられている巨樹だそうです。
トチノキのすぐそばには、折れて落ちた大きな幹が横たわっています。かつては地上2m辺りから幹が3本に分かれていたそうですが、平成18年(2006)に突然1本が折れてしまい、以前とは違う姿になってしまいました。それでも衰えることなくのびのびと育っています。

●山梨県北杜市
●山梨県指定天然記念物  山梨の巨樹・名木100選
案内板(1997)※※
樹高30m30m
幹周8.2m8.4m7.95m(1.5m)
推定樹齢450年
※『山梨の巨樹・名木100選』(㈳山梨県林業研究会編 2001)
※※山梨県HPより山梨の文化財リスト(天然記念物)

●周辺巨樹 日影のスギ(約300m)
●撮影年月日 2017年4月4日

170404日影のトチノキ①

170404日影のトチノキ②

平成18年(2006)に折れた幹がそのまま横たわっています。
170404日影のトチノキ⑤

根元には石の祠があります。北杜市HPの文化財紹介によると、このトチノキは日影集落と日向集落の境に立つ両集落の御神木で、山の神の祠を祀り住民の安全を祈ったのだそうです。
170404日影のトチノキ⑥


住 所 山梨県北杜市須玉町比志下平
交 通 JR中央本線「韮崎駅」よりバス2番乗場「増富温泉郷」行き乗車
    「日影」下車約500m(廃校喫茶フィトンチッドさん側の道を進むとトチノ
    キの案内表示があります)

韮崎・増富温泉郷線バス情報

日影のトチノキMAP

Posted on 2017/04/17 Mon. 19:40 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

日影のスギ 

天然記念物の指定はないですが、小さな冨士浅間神社に立派な大杉が鎮座しています。下部の枝が下に垂れながらもまた上向きになり、下にいる人を優しく守ってくれいるかのようでした。

●山梨県北杜市
※(1998)
樹高27m
幹周6.4m
推定樹齢
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 日影のトチノキ(約300m)
●撮影年月日 2017年4月4日

170404富士浅間神社大杉③

170404富士浅間神社大杉②

170404富士浅間神社大杉①

170404富士浅間神社大杉④


冨士浅間神社
創建は、天正元年(1573)。御祭神は木花咲耶姫命(このはなさくやひめ)です。昔は、正月14日夜に筒粥神事を行って農作物の豊凶を占ったということです。

住 所 山梨県北杜市須玉町比志5984  冨士浅間神社
交 通 JR中央本線「韮崎駅」よりバス2番乗場「増富温泉郷」行き乗車
    「日影」下車約300m

韮崎・増富温泉郷線バス情報

冨士浅間神社MAP

Posted on 2017/04/14 Fri. 17:53 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

根古屋神社の大ケヤキ 

神社の両側に大石と共に大ケヤキが立っています。神社向かって左が田木、右が畑木と呼ばれています。名前の由来は、石の上面が平らで滑らかな石を田石、上面が傾いている石を畑石と呼ばれていたことから、ケヤキも同じように呼ぶようになったそうです。
また、2本は年によって芽ぶきに差があり、良い方の田や畑が豊作になるという言い伝えがあったそうです。

●山梨県北杜市
●国指定天然記念物  山梨の巨樹・名木100選
案内板
樹高田木23m  畑木21m田木16m  畑木16m
幹周田木10.1m  畑木11.9m田木10.1m  畑木12.0m
推定樹齢800年ほど
※『山梨の巨樹・名木100選』(㈳山梨県林業研究会編 2001)

170404根古屋神社の欅⑪

神社向かって左側の田木
170404根古屋神社の欅①

170404根古屋神社の欅④

神社向かって右側の畑木
170404根古屋神社の欅⑥

反対側は治療の跡が大きくあります。昭和後期に痛みが進行し枯死も危ぶまれたそうですが、樹木医の治療で復活を遂げています。
170404根古屋神社の欅⑧

170404根古屋神社の欅⑨


根古屋神社
甲斐の獅子吼城の守護神として祀られました。城の名前が変わっていますが、もとは「江草城」という名でした。落城の際、城内の怪物が吠えながら深い淵に飛び込んで岩になったという伝説から「獅子吼城」と呼ばれるようになりました。
170404根古屋神社の欅⑫

住 所 山梨県北杜市須玉町江草5336  根古屋神社
交 通 JR中央本線「韮崎駅」よりバス2番乗場「増富温泉郷」行き乗車
    「平」下車約530m

韮崎・増富温泉郷線情報

根古屋神社MAP

Posted on 2017/04/11 Tue. 21:55 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

山高神代ザクラ 

三春滝桜・梶尾谷薄墨桜と並ぶ日本三大桜の1本のエドヒガンです。訪れた日はちょうど開花宣言された日で咲き始め。蕾が思ったより濃い色でしたが、咲くと白くなるそうで、「シロヒガン」とも呼ばれているそうです。

環境の変化で、樹勢が急激に衰えたそうですが、南側にあった道路を迂回させたり、土の入れ替えや屋根つきのヤグラを撤去するなどして、4年をかけてサクラの回復への工事をしたそうです。

●山梨県北杜市
●国指定天然記念物  新日本名木百選
案内板※(2000)※※
樹高13m15m
幹周10.6m10.6m
推定樹齢2000年1500年
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース
※※『山梨の巨樹・名木100選』(㈳山梨県林業研究会編 2001)

●撮影年月日 2017年4月4日

170404山高神代桜③

170404山高神代ザクラ⑤


●撮影年月日 2016年9月27日
サクラの時期ではないので訪れる人も無いですが、天に向かって高く枝を伸ばしている姿は、やはり巨樹ならではのスケールの大きさを感じました。
160927山梨 山高神代桜①

木というより岩の洞窟のような。
160927山梨 山高神代桜④

160927山梨 山高神代桜⑤

写真を撮っている時は気がつかなかったのですが、写真をよく見ると、蛇の抜け殻のようなものが上部から垂れているように見えました。それが横に伸びた大枝をつたって、なんだか鎌首や目も見えてきました。
160927山梨 山高神代桜⑧

着生物や影のせいなのですが、これだけの歴史あるサクラですから、この木を守っている神の使いに思えてきます。
160927山梨 山高神代桜⑦


実相寺
永和元年(1375)、実相院日応上人が同村大津にあった真言宗の寺を譲り受け、日蓮宗に改宗して大津山実相寺と称しました。永禄4年(1561)には武田信玄が、武運長久を祈る永代祈願所として一条次郎忠頼の城址だった現在の地を寄進し、寺は移転しました。

境内には子桜が数多く植えられています。神代桜の子桜だけでなく、滝桜、淡墨桜、臥竜桜、小春日桜、身延山しだれ桜と有名な桜の子どもが並んでいます。
160927山梨 山高神代桜⑨

住 所 山梨県北杜市武川町山高2763
交 通 JR中央本線「日野春駅」より北杜市民バス横手・日野春線「西村入口」
    行き乗車「実相寺入口」下車約920m
    JR中央本線「韮崎駅」より北杜市民バス韮崎・下教来石線「下教来石」
    行き乗車「牧の原」下車約1.5km

北杜市民バス情報

実相寺MAP

Posted on 2017/04/09 Sun. 07:50 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

花鳥山の一本杉 

花鳥山は、日本武尊の伝説があり古戦場の跡地です。展望台があり、一本杉は、縄文時代前期の遺跡と神社と公園が一体化したようなところに立っています。 案内板によると、『甲斐國誌』(1816年)に「太さ五抱余リの杉樹があり、下に日本武ノ尊(やまとたけるのみこと)・浅間明神を祀る」とあるそうです。

杉は2本の合体木で、片方が太くなっています。2本あって片方が大きいと「夫婦」という形容がつく木がけっこうあるのですが、この木をいろんな角度から見ていると2本の関わりが「夫婦」というより、何気に「相棒」「真友」のように感じました。

●山梨県笛吹市
●八代町指定天然記念物  御坂町指定天然記念物
案内板その他実測
樹高30m
幹周6m
推定樹齢300年




●樹高約40m  幹周約8.3m  樹齢推定300年
●撮影年月日 2016年11月4日

161104花鳥山一本杉①

161104花鳥山一本杉⑥

161104花鳥山一本杉⑧

161104花鳥山一本杉⑨

161104花鳥山一本杉⑩

杉のすぐそばに祠が並んでします。
161104花鳥山一本杉⑫

浅間神社の目の前は駐車場があり、良い眺め。リニアが一直線に伸びています。
161104花鳥山一本杉⑬

3km程離れたところにある「八代ふるさと公園」は、数基の古墳があり眺めの良いところです。
161104花鳥山一本杉 八代


住 所 山梨県笛吹市八代町武居  浅間神社
交 通 JR中央本線「石和温泉駅」下車 市営芦川バス「鴬宿」行き乗車
    「門林下」下車約1.2km

笛吹市営芦川バス情報

花鳥山一本杉MAP


Posted on 2016/12/10 Sat. 14:47 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

宇佐美家のケヤキ 

前回山梨を訪れた時、帰りの市営バスの窓からこれまた大きい幹が見えました。バスから降りてしまったら帰りがかなり遅くなるので、運転手さんに場所情報だけ伺って再訪しました。

静かな住宅地ですが、大きい木があちらこちらに立っています。その中で抜群に大きいケヤキです。姿かたちも良いです。個人のお宅の敷地内なので根元の方の撮影はできませんでしたが、根元もかなり立派そうでした。

●山梨県笛吹市
●樹高約25m  幹周約7.1m  樹齢推定600年以上
●周辺巨樹  智光寺のカヤ(約2km)
       宗源寺のヒダリマキガヤ(約2.2km) 
●撮影年月日 2016年11月4日

161104小黒坂のケヤキ①

161104小黒坂のケヤキ②

161104小黒坂のケヤキ③

161104小黒坂のケヤキ⑤

住 所 山梨市笛吹市小黒坂606
交 通 JR中央本線「甲府駅」南口3番乗場よりバス御所循環(中道橋)または
    JR中央本線「石和温泉駅」より約10分バス停「石和八幡宮」より
    御所循環(石和)乗車「石橋」下車約1.6km

本数少ないですが、石橋(石橋交差点南)・小黒坂(小黒坂公民館前)を通るバスもあります。 境川巡回バス情報

小黒坂のケヤキMAP

Posted on 2016/12/06 Tue. 10:54 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

宗源(そうげん)寺のヒダリマキガヤ 

先月「智光寺のカヤ」に行った帰りに乗った市営バスの親切な運転手さんがヒダリマキガヤのことを教えてくださり、笛吹市を再訪しました。

普通のカヤの実は丸いのですが、ヒダリマキガヤの実は細長くて両端が少し尖っっているのが特徴です。残念ながら時期的に見ることはできませんでしたが、本堂前の一の枝を長く伸ばしたマツやカヤの東方にある幹周5mの杉など他の樹種も見応えがあり楽しめました。  

●山梨県笛吹市
●山梨県指定天然記念物
●樹高約21.5m  幹周約4.4m  樹齢推定400年
●周辺巨樹  智光寺のカヤ(約1.1km)
       小黒坂のケヤキ(約2.2km)
●撮影年月日 2016年11月4日

161104宗源寺左巻カヤ①

161104宗源寺左巻カヤ②

161104宗源寺左巻カヤ③


お堂の前では、松がとても長く枝を伸ばしていました。
161104宗源寺左巻カヤ④

161104宗源寺左巻カヤ⑤


道路際には、左側のカヤよりはるかに高いスギも鎮座しています。幹周約5m
161104宗源寺左巻カヤ⑥

根元はかなり窮屈そうです。
161104宗源寺左巻カヤ⑧

カヤのそばは何もないのですが、スギは違って根元には祠が。1宇は「金刀比羅神社」とありました。。
161104宗源寺左巻カヤ⑨

またスギの左奥には小さいお地蔵さんが並んでいて、その手前両側をシュロが守るように立っていたのも印象的でした。
161104宗源寺左巻カヤ⑪


宗源(そうげん)
曹洞宗のお寺です。
161104宗源寺左巻カヤ⑩

住 所 山梨県笛吹市境川町藤垈4771   宗源寺
交 通 JR中央本線「甲府駅」南口3番乗場よりバス御所循環(中道橋)または
    JR中央本線「石和温泉駅」より約10分バス停「石和八幡宮」より
    御所循環(石和)乗車「石橋」下車約2km

本数少ないですが、石橋(石橋交差点南)・宗源寺(原公民館前)を通るバスもあります。 境川巡回バス情報

宗源寺MAP

Posted on 2016/12/03 Sat. 05:50 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

京ヶ島の夫婦スギ 

国道37号から草塩温泉に向かう橋を渡り、右に道なりに進むと、八幡日吉神社があり2本並ぶ大杉がそびえています。男杉は太く枝ぶりも荒々しいですが、女杉は男杉に比べると細く優しげです。

バス停そばの案内板に「京ヶ島の夫婦スギ」と並んで「しばり地蔵」の名が。そこも見ようと歩き回りましたが見つかりません。民家の並ぶ辺りに来たら、高年女性がどこに行くのかと訊ねてくださり、親切にそこまで案内してくださいました。「常昌院」というお寺にありました。おまけに近所に住まわれているその方は、リンゴや自宅にはえているウリをもいでおすそ分けして下さいました。山梨は親切な方に出会うことが多いです。

●山梨県南巨摩郡早川町
●山梨県指定天然記念物   山梨の巨樹・名木100選
●樹高約41m・39m  幹周約7.2m・6.8m  樹齢推定800年
●撮影年月日 2016年10月22日

手前が男杉、奥が女杉です。
161022京ヶ島の夫婦①

161022京ヶ島の夫婦②

すっと伸びた女杉
161022京ヶ島の夫婦④

上部が荒々しい男杉
161022京ヶ島の夫婦⑤

男杉のそばに石造物が祀られています。劣化していますが、2人が手をとり合っているように見えます。
161022京ヶ島の夫婦⑥

八幡日吉神社(八幡大神)
創建は不明ですが、大同年間に山城国から日吉大神を勧請したのが始まりと伝えられています。応永22年(1415)、八幡大神を合祀した記念大祭が行われたそうです。
161022京ヶ島の夫婦⑦

住 所 山梨県南巨摩郡早川町京ヶ島612  八幡日吉神社(八幡大神)
交 通 JR身延線「下部温泉駅」より早川町乗合バス「身延駅」行き乗車
    「草塩温泉」下車約500m 

早川町交通情報

八幡日吉神社(八幡大神)MAP

Posted on 2016/11/30 Wed. 05:28 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

湯島の大杉 

山梨県内で最大の巨木です。西山発電所の道路向かいの山王神社の階段を上がって行くと、右側の斜面に他の木々に比べて抜きんでて大きい大杉が現れました。

案内板によると、1200年前の天平勝宝年間、里人が紀州熊野から杉の苗2本を持ち帰ってここに植え、男杉、女杉と呼ばれてきたそうです。女杉は約100年ほど前、野宿者の失火により焼失してしまい、男杉だけが残ったということです。

●山梨県南巨摩郡早川町
●山梨県指定天然記念物   山梨の巨樹・名木100選
●樹高約44.5m  幹周約10.8m  樹齢推定1200年
●撮影年月日 2016年10月22日

161022湯島の大杉①

161022湯島の大杉②

161022湯島の大杉④

根元にはどでかい2個の巨岩。根の一部は巨岩にかぶっています。
161022湯島の大杉⑤

161022湯島の大杉⑥


山王神社
創立年代は不明です。御祭神は素盞嗚命(すさのおのみこと)。江戸時代の地誌『甲斐国志』に“湯島村山王権現”についての記述があり、山王神社のことと推察されているそうです。
161022湯島の大杉⑦

161022湯島の大杉⑧

住 所 山梨県南巨摩郡早川町湯島1048  山王神社
交 通 JR身延線「下部温泉駅」より早川町乗合バス「身延駅」行き乗車
    「下湯島」下車 西山発電所前
    (大杉は自由乗降区間にあるので、目的地を伝えるとバス停でなくとも降
    ろしてくれます)
早川町交通情報

山王神社MAP

Posted on 2016/11/26 Sat. 17:53 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

智光寺のカヤ 

階段上の脇に大きなカヤが立っているので、階段の下からでもすぐにそれと分かります。このカヤはとにかく根の張り方が広範囲に伸びているのが素晴らしい。木の勢いもあって姿も良いです。
カヤは、人の通るすぐそばの立ち位置で保護する柵などもないので、根が傷まないか心配な気もしたのですが、杞憂に思える位元気で、寺を守っているという意気込みが感じられるようなカヤでした。

●山梨県笛吹市
●山梨県指定天然記念物
●樹高約29m  幹周約5.5m  樹齢推定300年以上
●周辺巨樹  宗源寺のヒダリマキガヤ(約1.1km)
       小黒坂のケヤキ(約2km) 
●撮影年月日 2016年10月21日

161021笛吹市智光院のカヤ①

すぐそばに鐘楼堂がありますが、鐘はなく休憩場所になっています。
161021笛吹市智光院のカヤ②

161021笛吹市智光院のカヤ③

161021笛吹市智光院のカヤ④

161021笛吹市智光院のカヤ⑤

階段が根で持ち上げられています。
161021笛吹市智光院のカヤ⑥

カヤのそばの祠。祠の中にまた小さな木製祠があり、木札が祀られていました。
161021笛吹市智光院のカヤ⑨


智光寺
寛正1年(1460)創建の曹洞宗の寺院で、古い時代には真言宗だったと伝えられています。
山梨県指定有形文化財の「虚空蔵菩薩像」は建長6年(1254)の作です。
161021笛吹市智光院のカヤ⑦

本殿とは別なところにも社殿らしきものが。しかし階段はゆがみ雑草が通行止めの役割を果たしていて行ってはいけない状態でした。
161021笛吹市 智光院のカヤ

住 所 山梨県笛吹市境川町藤垈322  智光寺
交 通 JR中央本線「甲府駅」南口3番乗場よりバス御所循環(中道橋)または
    JR中央本線「石和温泉駅」より約10分バス停「石和八幡宮」より
    御所循環(石和)乗車「石橋」下車約2.4km

本数少ないですが、石橋(石橋交差点南)⇔智光寺(金刀比羅神社入口下)を通るバスもあります。 境川巡回バス情報

智光寺MAP

Posted on 2016/11/24 Thu. 21:26 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

魔王権現のヒノキ 

ヒノキの立つ敷地はフェンスで囲まれています。門扉を開けて敷地内に入ります。最初、入ってそのまままっすぐ道なりに歩いたら不正解で、敷地に入ったら左手の斜面を上がっていくと、やがて大物の巨樹が見えてきました。

「魔王権現」という祠等があるわけではなく、威厳をもって堂々と立つヒノキそのものが「魔王」であるような存在感でした。「権現」とは、もともと姿のないものがその本質を姿をもって現す、ということだそうです。写真を撮り終わっても立ち去りがたい木でした。

●山梨県山梨市
●山梨市指定天然記念物
●樹高約36m  幹周約5.7m  
●撮影年月日 2016年10月21日

161021魔王権現の檜①

161021魔王権現の檜③

161021魔王権現の檜⑤

太陽の光が幹に金色の帯を作っていました。
161021魔王権現の檜⑦

住 所 山梨市三富上柚木732
交 通 JR中央本線「山梨市」駅より山梨市営バス西沢渓谷線「山梨市駅」乗車
    「塩原」下車約850m

山梨市バス情報

「柚木窯」さんの建物の真裏の道路側に山に入る門扉があり、そこを開けて入ります。鳥獣害侵入防止のため通過後に必ず閉めるよう書いてあります。
161021魔王権現の檜⑧/

扉のそばにヒノキの小さい案内板もありますが、かすれて見えにくくなっています。
161021魔王権現の檜⑨

魔王権現のヒノキMAP(柚木窯さんの東の道路側に入口)

Posted on 2016/11/16 Wed. 06:48 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 2

上沢(じょうたく)寺のお葉つきさかさ銀杏 

葉の上に実がつく「お葉つき」で、枝が下にさがっている「さかさ」の珍しいイチョウです。
毒難に遭った霊場で身代りとなった白犬の供養のために、日蓮聖人がイチョウの枝を墓印に立てたのがこのイチョウであるという伝承があります。

樹勢の衰えのため平成13~16年にかけて、枯枝剪定、石積撤去、土壌改良、根糸保護工、避雷針、保護柵の回復措置をしました。

●山梨県南巨摩郡身延町
●国指定天然記念物
●樹高約38m  幹周約38m  樹齢伝承700年
●撮影年月日 2016年9月28日

160928上沢寺オハツキ①

160928上沢寺オハツキ②jpg

160928上沢寺オハツキ③

160928上沢寺オハツキ④

実が沢山ついていましたが、残念ながらオハツキの実は見つかりませんでした。
160928上沢寺オハツキ⑤


上沢(じょうたく)
元々は真言密教山伏の道場でしたが、文永11年(1274)、日蓮聖人が身延へ入山した際に道場にも立ち寄り、当時の住職法喜阿闍梨は日蓮聖人の威徳に感銘し、日蓮宗に改めたということです。

住 所 山梨県南巨摩郡身延町下山279
交 通 JR身延線「波高島駅」より約1.6km

上沢寺MAP

Posted on 2016/10/30 Sun. 05:35 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

三恵の大ケヤキ 

古い時代の落雷で主幹は失われて、外側の部分が見事に2つに分かれて2本の木のように見えます。主幹が残っていたらものすごい巨木です。主幹は無くとも枝葉は大きく広がって生い茂っています。
案内板には「子女20人は十分に入れる空洞を作っている」とあって、昔は空洞のあった幹が、2本に見えるくらい朽ちてしまったようです。

●山梨県南アルプス市
●国指定天然記念物
●樹高20m  幹周14.7m  樹齢推定伝承1000年
●撮影年月日 2016年9月27日

160927三恵の大ケヤキ①

160927三恵の大ケヤキ④

160927三恵の大ケヤキ②

160927三恵の大ケヤキ⑤

敷地内の片隅にいくつもの祠が祀られていました。昔、ここは神社があったそうで、その時の祠のようです。
160927三恵の大ケヤキ⑥

住 所 山梨県南アルプス市寺部1509
交 通 JR中央本線「甲府駅」より山梨交通バス 十五所経由「小笠原車庫行
    き」「鰍沢営業所行き」乗車「中条入口」下車約930m

三恵の大ケヤキMAP

Posted on 2016/10/23 Sun. 18:29 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

上吉田諏訪神社の大杉 

北口本宮冨士浅間神社境内には摂社の諏訪神社があり、拝殿のそばには2本の大杉があります。根の部分は損傷もありますが根上がりが大きいのが印象的です。
拝殿向かって左側の大杉は有名な「冨士太郎杉」よりも幹周が太く、引けをとらない存在感です。天然記念物指定がないのが不思議なくらい堂々としています。

●山梨県富士吉田市
●樹高41m  幹周9.4m  樹齢推定300年以上
●周辺巨樹  冨士太郎杉  冨士夫婦檜 
●撮影年月日 2016年9月6日

160906上吉田諏訪神社杉①

幹は根元近くから2本に分かれています。
160906上吉田諏訪神社杉②

160906上吉田諏訪神社杉③

160906上吉田諏訪神社杉④

拝殿の向かって右側にある大杉は、樹高36m 幹周5.4m
160906上吉田諏訪神社杉⑤


上吉田諏訪神社
北口本宮冨士浅間神社の境内西側に浅間神社の摂社として建立されています。元々は独立した神社で創建は鎌倉時代といわれ浅間神社より古い歴史を持ちます。明治時代に浅間神社の摂社となりましたが、一帯の森は「諏訪の森」と呼ばれています。今の社殿は昭和51年(1976)に再建されました。

住 所 山梨県富士吉田市上吉田5558  北口本宮冨士浅間神社
交 通 富士急行「富士吉田駅」から富士急バス「山中湖」方面行乗車
    「浅間神社前」で下車

上吉田諏訪神社(北口本宮冨士浅間神社内)MAP


Posted on 2016/10/15 Sat. 04:48 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

冨士夫婦檜 

パワースポットとも呼ばれる北口本宮冨士浅間神社には杉の巨木が多いですが、社殿向かって右に立つのはヒノキです。
このヒノキは2本が根元で1本になって、地上約12mで再び合体していることから「夫婦檜」の名があります。根張りが大きく「冨士太郎杉」のように漏斗を伏せたような形になっています。

●山梨県富士吉田市
●富士吉田市指定天然記念物
●樹高33m  幹周7.65m
●周辺巨樹  冨士太郎杉  上吉田諏訪神社の大杉
●撮影年月日 2016年9月6日

1本に見えますが・・・
160906北口本宮ヒノキ①

実は2本が合体しています。
160906北口本宮ヒノキ②

160906北口本宮ヒノキ③

160906北口本宮ヒノキ⑤


北口本宮冨士浅間神社
富士登山道の吉田口の起点に創建されました。主祭神は木花開耶姫(このはなさくやひめ)。
日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征した際、神社後方の丘で霊峰富士を拝され、富士はこの地より拝すべしと仰せられたことが始まりです。境内の右奥の富士登山参道吉田口を入り200m程進むと「大塚社(大塚丘)」があります。

日本最大の木造大鳥居が立っています。袖柱4本には国産ヒノキが使われています。この大鳥居は、江戸時代後期より60年に一度、大きな改修を行っています。
160906北口本宮ヒノキ⑥

住 所 山梨県富士吉田市上吉田5558  北口本宮冨士浅間神社
交 通 富士急行「富士吉田駅」から富士急バス「山中湖」方面行乗車
    「浅間神社前」で下車

北口本宮冨士浅間神社MAP


Posted on 2016/10/11 Tue. 08:48 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

冨士太郎杉 

北口本宮冨士浅間神社の境内には多くの巨木が立っています。一番といわれているのは、社殿向かって左の大杉で「冨士太郎杉」と呼ばれています。根がとても立派で漏斗を伏せたような形をしています。火山灰が堆積する土地のため土砂が流れ出して、根上がりになったものと推測されています。
とても立派な大杉なのですが、杉の裏に回ると、かなり補修されていました。傷を受けていても正面切って頑張っている横綱のような大杉です。

社殿の左手を奥に入って行くと市指定天然記念物の次郎杉があります。また「冨士夫婦檜」や「上吉田諏訪神社の大杉」などの巨木もあり、「諏訪ノ森」と呼ばれています。

●山梨県富士吉田市
●山梨県指定天然記念物
●樹高45m  幹周8.2m  樹齢推定300年以上
●周辺巨樹  冨士夫婦檜  上吉田諏訪神社の大杉
●撮影年月日 2016年9月6日

160906北口本宮冨士杉①

160906北口本宮冨士杉③

160906北口本宮冨士杉②


冨士次郎杉 本殿左手奥に立っています。 樹高30m 幹周7.8m
160906北口本宮冨士杉④


●撮影年月日 2005年10月9日
山梨県富士吉田市 浅間神社の大スギ②1

山梨県富士吉田市 浅間神社の大スギ⑤1


北口本宮冨士浅間神社
富士登山道の吉田口の起点に創建されました。主祭神は木花開耶姫(このはなさくやひめ)です。
由緒は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征した際、神社後方の丘で霊峰富士を拝されて、「北方に美しく広がる裾野をもつ富士は、この地より拝すべし」と仰せられたことが始まりです。
江戸時代、富士山を祀り富士詣を行う「富士講」が流行しました。富士講行者の村上光清が私財をなげうって神社を再興し、神社周辺は百件近くの宿坊が立ち並んだそうです。
160906北口本宮冨士杉⑤

住 所 山梨県富士吉田市上吉田5558  北口本宮冨士浅間神社
交 通 富士急行「富士吉田駅」から富士急バス「山中湖」方面行乗車
    「浅間神社前」で下車

北口本宮冨士浅間神社MAP


Posted on 2016/10/08 Sat. 06:48 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

大室山のミズナラ 

貞観6年~8年(864~866)の貞観の大噴火の被害を受けなかった地帯は、3000年をかけて生育してきたブナ、ナラ、モミなどの広葉樹林になって、ブナの森として「山梨の森100選」に選ばれています。
ブナの森の大ブナの近くにはとても立派なミズナラもあり、板根が大きく張り出しているのが見事でした。

●山梨県南都留郡鳴沢村
●山梨の森100選
●樹高約21m  幹周約6.82m  樹齢推定300年
●周辺巨樹 大室山のブナ
●撮影年月日 2016年9月6日

160906大室山のミズナラ①

板根から細い根が這うようにいっぱい出ていました。
160906大室山のミズナラ③

板根と板根の間は人が入れるくらいです。
160906大室山のミズナラ⑤

160906大室山のミズナラ④


富士風穴
近くには山梨県指定天然記念物の「富士風穴」があります。
溶岩の内部はガス体を含んでいて高熱ですが、表面がさめて収縮する時の圧力で外皮の弱い部分が破れ、ガスや溶岩を吹き出した後の空洞です。
近くに行くとクーラーがあるかのように冷たい空気になりました。
160906大室山のミズナラ⑧

160906大室山のミズナラ⑨


住 所 山梨県南都留郡鳴沢村
交 通 富士急河口湖線「河口湖駅」より富士急静岡バス「新富士駅」行き乗車
    「紅葉台入口」下車71号線を進む 約4.5kmで精進口登山道。そこ
    から約1km

大室山ブナ林MAP(富士風穴に近い)

富士急静岡バスHP


Posted on 2016/10/04 Tue. 05:21 [edit]

thread: 自然の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

大室山のブナ 

青木ヶ原樹海は、貞観6年~8年(864~866)にかけて発生した富士山の大噴火で流れ出た溶岩の上にできた森で、荒々しい起伏と針葉樹の原生林です。精進口登山道に入りそのような中を進みました。やがて大室山のブナの森に到着。こちらは溶岩の被害を受けなかったので、なだらかな傾斜に広葉樹が広がり別世界のようでした。
そんなブナの森の中で抜きんでて大きいブナが立っていました。

●山梨県南都留郡鳴沢村
●山梨の森100選
●樹高約25m  幹周約4.53m  樹齢推定300年
●周辺巨樹 大室山のミズナラ
●撮影年月日 2016年9月6日

このような景色を見ながら歩いていきます。
160906大室山のミズナラ⑥

流れながら固まった溶岩
160906大室山のミズナラ⑩

ブナの森。ここも樹海であるとは思えない景色になりました。
160906大室山のミズナラ⑬

160906大室山のブナ①

160906大室山のブナ②

160906大室山のブナ③


住 所 山梨県南都留郡鳴沢村
交 通 富士急河口湖線「河口湖駅」より富士急静岡バス「新富士駅」行き乗車
    「紅葉台入口」下車71号線を進む 約4.5kmで精進口登山道。そこ
    から約1km

大室山ブナ林MAP(富士風穴に近い)

富士急静岡バスHP

Posted on 2016/09/29 Thu. 19:11 [edit]

thread: 自然の写真

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

忍草(しぼくさ)浅間神社の大ケヤキ 

イチイ群が有名な浅間神社ですが、社殿の裏には大ケヤキも立っています。イチイと同じように注連縄が巻かれて御神木として大事にされているようです。周囲は広範囲に立入禁止になっているので、ケヤキのそばには行けませんが、ドンとそびえる太い幹に神々しさを感じました。

●山梨県南都留郡忍野
●忍野村指定天然記念物
●樹高約37m  幹周約4.9m
●周辺巨樹 忍草浅間神社のイチイ群
●撮影年月日 2016年9月6日

160906忍草浅間神社の欅①

160906忍草浅間神社の欅②

160906忍草浅間神社の欅③

160906忍草浅間神社の欅④

160906忍草浅間神社の欅⑤


忍草(しぼくさ)浅間神社
創建は大同2年(807)です。正和4年(1315)仏師静存の作の三体の坐像(木花咲耶姫命・鷹飼・犬飼)は、ヒノキの一本造りの国指定重要文化財で、県内最古のご神像といわれています。
また、桧皮葺屋根・三間社流れ造りの本殿や棟札、運慶作と伝えられている金剛力士像、神輿と記録、大鳥居額、大ケヤキは村指定文化財となっています。
近くには世界文化遺産構成資産の「忍野八海」もあり、天然記念物・名水百選・県富岳百景選定地となっています。
160906忍草浅間神社の欅⑥

住 所 山梨県南都留郡忍野村忍草456
交 通  富士急大月線・河口湖線「富士山駅」より富士急バス「内野」行き乗車
    「忍野八海入口」下車すぐ

富士急バスHP

忍草浅間神社MAP

Posted on 2016/09/22 Thu. 17:35 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

忍草(しぼくさ)浅間神社のイチイ群 

イチイは、山梨県では「ミネゾウ」、富士山麓では「ヘダ」とも呼ばれています。忍野村にはイチイが多く「村の木」にもなっています。家の周囲に防風・防火のため植栽されるものが多いそうですが、浅間神社の境内にはイチイが16本もあり、一か所にこれだけ多いのは珍しく県指定の天然記念物になっています。イチイは成長が遅いので巨木ではありませんが、樹齢は推定500年位で自生のものということです。

●山梨県南都留郡忍野村
●山梨県指定天然記念物
●樹高20~11m  幹周最大3.7~1.4m  樹齢推定500年
●周辺巨樹 忍草浅間神社の大ケヤキ
●撮影年月日 2016年9月6日

160906忍草浅間神社イチイ①

鳥居の向かって左にあるイチイが一番大きい。
160906忍草浅間神社イチイ②

社殿裏に立つイチイはそれほど大きくありませんが、幹の縦筋が綺麗でした。
160906忍草浅間神社イチイ③

この木は、左の大ケヤキと並ぶように立っています。この区間は縄が張られて立入禁止です。
160906忍草浅間神社イチイ⑥

あちらこちらに立つイチイは、みな注連縄が巻かれた御神木です。
160906忍草浅間神社イチイ⑦

160906忍草浅間神社イチイ⑧

160906忍草浅間神社イチイ⑨

どの注連縄も飾り結びになっているのが印象的。
160906忍草浅間神社イチイ⑫

160906忍草浅間神社イチイ⑪

幹に白いものが。よく見たらシロツバメエダシャクという蛾でした。
160906忍草浅間神社イチイ⑩


忍草(しぼくさ)浅間神社
創建は大同2年(807)です。正和4年(1315)仏師静存の作の三体の坐像(木花咲耶姫命・鷹飼・犬飼)は、ヒノキの一本造りの国指定重要文化財で、県内最古のご神像といわれています。
また、桧皮葺屋根・三間社流れ造りの本殿や棟札、運慶作と伝えられている金剛力士像、神輿と記録、大鳥居額、大ケヤキは村指定文化財となっています。
近くには世界文化遺産構成資産の「忍野八海」もあり、天然記念物・名水百選・県富岳百景選定地となっています。

住 所 山梨県南都留郡忍野村忍草456
交 通  富士急大月線・河口湖線「富士山駅」より富士急バス「内野」行き乗車
    「忍野八海入口」下車すぐ

富士急バスHP

忍草浅間神社MAP

Posted on 2016/09/19 Mon. 21:30 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

河口浅間神社の七本杉 

大鳥居をくぐると、これが七本杉?と思えるような根回り7m余の立派な杉並木の参道と、境内には天然記念物の七本杉始め百本余りの大木が多くある鎮守の杜。七本杉はみな樹高40mを超えて、根回りは最大30mあるものもあり、どれも立派な巨樹です。

●山梨県南都留郡富士河口湖町
●撮影年月日 2011年2月15日

参道杉
●町指定天然記念物
●樹高45m  幹周7m余り  樹齢推定800年
山梨県 河口浅間神社の大杉①2011.2_edited-1

山梨県 河口浅間神社の大杉②2011.2_edited-1

七本杉
●県指定天然記念物
●樹高最大47.5m  幹周最大8.65m
  根回り幹周最大30m  樹齢推定1200年
山梨県 河口浅間神社の大杉③2011.2_edited-1

山梨県 河口浅間神社の大杉④2011.2_edited-1

山梨県 河口浅間神社の大杉⑤2011.2_edited-1


河口浅間神社
貞観6年(864年)5月の富士山大噴火を鎮める為、翌年に富士山の神、浅間明神を河口の地に祀り、富士山噴火の鎮祭を行ったことが始まりといわれています。
毎年4月25日の「孫見祭り」では、7~12歳の少女による稚児の舞が奉納されます。

住 所 山梨県南都留郡富士河口湖町河口1
交 通 富士急行線「河口湖駅」より路線バス「甲府行き」または「大石プチペンション村行き」乗車。「河口局前」下車。

河口浅間神社MAP

Posted on 2012/04/14 Sat. 00:11 [edit]

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

軍刀利(ぐんだり)神社のカツラ 

この木の根本から冷たい清水が絶えることなく湧き出ているので、「水の木」とも呼ばれています。

●県指定天然記念物
●樹高33m  幹周り9.0m  樹齢推定500年以上 
●撮影年月日 2005年10月9日

山梨県上野原市 軍刀利神社のカツラ2

山梨県上野原市 軍刀利神社のカツラ3.②JPG

山梨県上野原市 軍刀利神社階段2_edited-1   山梨県上野原市 軍刀利神社境内2_edited-1

軍刀利(ぐんだり)神社
祭神は戦いの神、日本武尊(やまとたけるのみこと)です。戦争の際は戦勝祈願に、多くの人が参拝したといわれています。

住 所 山梨県上野原市棡原4135-4
交 通 JR中央線上野原駅から富士急山梨バス上野原-井戸終点井戸下車徒歩30分

軍刀利神社MAP

Posted on 2012/03/01 Thu. 23:06 [edit]

山梨県  /  TB: 0  /  CM: 0

県別巨樹