FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

出会った巨樹

木をメインに、風景写真や動物写真も時々載せてます

川越喜多院の五百羅漢 

表情が豊かなので、顔ばかりアップして撮っていますが、十二支それぞれの動物と一緒だったり、多様な仕草、色々なものを持っていたりと、人間味あふれている羅漢様です。

●埼玉県川越市
●川越市指定有形民族文化財
●撮影年月日 2018年11月10日

181110川越五百羅漢①

181110川越五百羅漢②

181110川越五百羅漢③

181110川越五百羅漢④

181110川越五百羅漢⑤

181110川越五百羅漢⑥

181110川越五百羅漢⑦

181110川越五百羅漢⑧

181110川越五百羅漢⑨

181110川越五百羅漢⑩
 

五百羅漢
川越北田島の学僧、志誠の発願により、天明2年(1782)に建立が始まりました。しかし、志誠が約4年をかけて文殊、普賢の二大士、十六羅漢を初め四十数体を完成させた後病で亡くなりました。修行僧たちが志誠の意志を継ぎ、浄財を募り建立を続け、文政8年(1825)に五百羅漢を完成させました。全部で538体が鎮座しています。

住 所 埼玉県川越市小仙波町1-20-1  喜多院
交 通 西部新宿線「本川越駅」より約1km  東武東上線「川越市駅」より約
    1.4km  東武東上線・JR川越線「川越駅」より約1.7km

川越喜多院五百羅漢MAP

スポンサーサイト

Posted on 2018/12/02 Sun. 08:37 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

南会津の石仏 

2016.5.25 福島県南会津郡南会津町木伏―大新田

古町の大イチョウから北野神社の大杉に向かう途中の石仏が印象的でした。
豪雪地域だから、石仏が寒くないように、と会津の方々の温かさが伝わってきました。写真を撮ったのは5月。季節に合わせて替えられているのでしょう。

「木伏の薬師堂」前にある存在感たっぷりの石仏。案内板によると、宝永5年4月にお堂が建立された時、御本尊の薬師如来を勧請、安永2年(1773)、堂内にお神明(シンメイ)様を祭ったとありますが、外の石仏のことは何も書かれていませんでした。
160525南会津町地蔵①

160525南会津町地蔵②


160525南会津町地蔵③

布団に入っているかのようです。手折りの飾り物もきれい。
160525南会津町地蔵④


160525南会津町地蔵⑤

石仏用に編まれた毛糸の帽子にお供え用のお皿。大切にされていることが伺えます。
160525南会津町地蔵⑥


Posted on 2016/07/18 Mon. 17:11 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

三越のライオン 

2013.4.20(土)東京都墨田区 三囲(みめぐり)神社
三囲(みめぐり)神社は、三越のライオン像が鎮座しています。三囲神社は、江戸時代より三井家・三井グループと縁が深く、ライオン像は、平成21年(2009)に東京池袋の三越が閉店した際、この神社に奉納されました。

130420東京都 三囲神社①

獅子狛犬とツーショット
130420東京都 三囲神社②

稲荷像も入れてスリーショット
130420東京都 三囲神社③

130420東京都 三囲神社④

風情のある石碑も多いです
130420東京都 三囲神社⑤

130420東京都 三囲神社⑥

130420東京都 三囲神社⑦

130420東京都 三囲神社⑧

130420東京都 三囲神社⑨

三囲(みめぐり)神社
昔この神社を建てる時、土の中から壷が出てきて、老翁の神像が入っていた。そこへどこからともなく白狐が現れて、像の周りを三度回って去ったので「三囲神社」という名になったという伝説があります。

住 所 墨田区向島2-5-17
交 通 東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」より徒歩10分
    都営浅草線「本所吾妻橋駅」より徒歩15分

三囲(みめぐり)神社MAP

Posted on 2013/05/01 Wed. 19:54 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

鷲(わし)神社本殿の彫刻 

本殿の四方が彫刻で埋め尽くされています。建造物の有形文化財になっている市内を代表する建築物です。彫刻師は、上州狸渕(むじなぶち)の後藤市造、後藤平治、後藤吉蔵、後藤寅蔵ということです。

●千葉県白井市
●白井市指定有形文化財
●本殿竣工 天保13年(1842)
●撮影年月日 2013年3月12日

130312千葉県 鷲神社本殿①

130312千葉県 鷲神社本殿②

130312千葉県 鷲神社本殿③

130312千葉県 鷲神社本殿④

130312千葉県 鷲神社本殿⑤

130312千葉県 鷲神社本殿⑥

130312千葉県 鷲神社本殿⑦

130312千葉県 鷲神社本殿⑧

130312千葉県 鷲神社本殿⑨

130312千葉県 鷲神社本殿⑩

130312千葉県 鷲神社本殿⑪

">130312千葉県 鷲神社本殿⑫

130312千葉県 鷲神社本殿⑬

130312千葉県 鷲神社本殿⑭

130312千葉県 鷲神社本殿⑯

(わし)神社
天日鷲命を祭神として、延宝5年(1677)に創建と伝えられています。現在の本殿は、天保13年(1842)に竣工され、総ケヤキの素木造りです。また石造鳥居は、宝暦9年(1759)に建立され、市内で2番目に古いものです。

130312千葉県 鷲神社

住 所 千葉県白井市木533
交 通  北総線「白井駅」下車 徒歩30分

白井市 鷲(わし)神社MAP

Posted on 2013/04/13 Sat. 19:00 [edit]

thread: 神社仏閣

janre 学問・文化・芸術

青柳久伊豆神社の狛犬 

面白い顔をした狛犬がいるというので見に行き、勇ましいと獣というより、人間らしい狛犬とご対面しました。

2012_0917_埼玉県 青柳久伊豆神社⑥

本堂左側の狛犬「吽形(うんぎょう)」
2012_0917_埼玉県 青柳久伊豆神社①

2012_0917_埼玉県 青柳久伊豆神社②

本堂右側の「阿形(あぎょう)」
2012_0917_埼玉県 青柳久伊豆神社③

2012_0917_埼玉県 青柳久伊豆神社④

低いので、背中も見えます。髪型と体のスマートさで女性っぽい。
2012_0917_埼玉県 青柳久伊豆神社⑤

青柳久伊豆神社
宝永2年(1705年)建立。

住 所 草加市青柳4-20-1
交 通 東武スカイツリーライン「新田駅」下車。東武バス「松原団地駅行き」または「新田駅東口(柿木循環)行き」乗車。「青上橋」下車後、葛西用水沿いに徒歩10分 

青柳久伊豆神社MAP

2012_0917_埼玉県 青柳久伊豆神社⑨

2012_0917_埼玉県 青柳久伊豆神社⑦  2012_0917_埼玉県 青柳久伊豆神社⑧

Posted on 2012/09/17 Mon. 21:08 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

甚左衛門堰(ジンザエモンゼキ) 

明治27年から昭和58年まで使用された二連アーチ型レンガ造水門。埼玉県指定有形文化財です。
綾瀬川が増水した時に伝右川への逆流を防ぐための施設ですが、平常時は伝右川を堰止めて、川の水位を高くして農業用水の取水を容易にするという利用もされていたようです。
水門ですが、親柱(塔)や欄干(面壁の延長)が造られ、橋のようなデザインです。塔を持つ水門としては、埼玉県で現存最古です。

2012_0908_095244-DSC03551.jpg

2012_0908_101917-DSC03594.jpg

2012_0908_103856-DSC03623.jpg

2012_0908_110856-DSC03672.jpg

2012_0908_105414-DSC03656.jpg

2012_0908_111501-DSC03682.jpg

2012_0908_103744-DSC03622.jpg

住 所 埼玉県草加市神明2丁目 札場河岸公園内
交 通 東武スカイツリーライン「草加駅」「松原団地駅」下車徒歩20~30分

甚左衛門堰MAP

Posted on 2012/09/08 Sat. 20:24 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

県別巨樹