FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

出会った巨樹

巨樹・巨木・古木・・・ほとんど樹木です。命の大きさ、土地の歴史、人とのつながり・・・

牛久保のナギ 

ナギは温暖な地方に自生するので、暖帯の北限に近い豊川市に大木のナギがあることはまれなことのようです。黒褐色の幹肌やつややかな葉が印象的でした。
熊野神社の森に国指定のナギがあるということで訪れましたが、ナギのそばには稲荷社はあるものの、熊野神社らしきものありません。熊野神社はなんと線路の向こう側にありました。ナギのある側はかつては弁天池があったそうです。

●愛知県豊川市
●国指定天然記念物
案内板※(2000)
樹高20m
幹周3.5m3.52m
推定樹齢400年以上300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2017年11月9日

171109豊川市牛久保のナギ①

171109豊川市牛久保のナギ②

171109豊川市牛久保のナギ③

広葉樹の葉のように見えますが針葉樹です。葉は主脈がなく細い葉脈が平行に多数伸びているのでちぎれにくく「ベンケイナカセ」の別名もあります。
171109豊川市牛久保のナギ④

熊野神社
戦国時代に牛久保城を築いた牧野家に崇拝された神社です。御祭神は伊邪那美命(いざなみのみこと)、事解男命(ことさかのをのみこと)、速玉男命(はやたまおのみこと)。
171109豊川市牛久保のナギ⑤

寛政8年(1796)越後長岡城主の牧野備前守忠精お手植えの柏
171109豊川市牛久保のナギ⑥

住 所 愛知県豊川市下長山町西道貝津87
交 通 JR飯田線「牛久保駅」より約550m

牛久保のナギMAP

スポンサーサイト



Posted on 2017/12/23 Sat. 19:52 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

愛知県  /  TB: 0  /  CM: 0

玉林寺のクスノキ 

遠くからでもそれと分かります。境内に入るとすぐにクスノキの巨樹が迎えてくれました。枝の広がりは18mに及んでいて、風の強い日だったので、枝葉のざわめきが壮大な音楽のようでした。
延徳3年(1491)に玉林寺が創建される前からクスノキは立ち、樹齢600年以上と推定されていますが、小さな黒い実が辺り一面に落ちて元気さを表していました。

●愛知県豊川市
●豊川市指定天然記念物
案内板※(2000)
樹高20m
幹周約9m9.13m
推定樹齢650年以上300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 大和の大いちょう(約2.2km)
●撮影年月日 2017年11月9日

171109豊川市玉林寺のクス①

171109豊川市玉林寺のクス④

171109豊川市玉林寺のクス②

171109豊川市玉林寺のクス③


玉林寺
延徳3年(1491)僧の義三によって開かれたと伝えられています。もとは臨済宗でしたが、曹洞宗に改宗されました。
171109豊川市 玉林寺のクス

住 所 愛知県豊川市麻生田町松原26  玉林寺
交 通 JR飯田線「三河一宮駅」より約1.8km

玉林寺MAP

Posted on 2017/12/20 Wed. 09:42 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

愛知県  /  TB: 0  /  CM: 0

大和の大いちょう 

広々とした「大和ちびっこ広場」にとても大きなイチョウがのびのびと立っています。 案内板によると、大正12年(1923)4月1日に大和尋常高等小学校が竣工された記念にメス木が植樹され、翌年に植樹されたオス木がこのイチョウだそうです。
大和保育園のすぐ裏手にあり、園庭で遊んでいる園児たちの声を聞きながら、ベンチに座って大イチョウと青空を眺めていると、とても豊かな気持ちになります。紅葉の時期にはここで観光物産展も開かれているそうで、見事な紅葉が見られることでしょう。

●愛知県豊川市
案内板
樹高25m
幹周
推定樹齢1924年植樹

●撮影年月日 2017年11月9日

この方向から見ると「打ち出の小槌」にたとえられる形です。
171109大和の大イチョウ①

枝は水平に10m以上伸びています。
171109大和の大イチョウ②

171109大和の大イチョウ⑤

171109大和の大イチョウ③

住 所 愛知県豊川市豊津町割田53-1 (大和保育園裏)
交 通 JR飯田線「三河一宮駅」より約1.6km

大和の大イチョウMAP

Posted on 2017/12/17 Sun. 07:42 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

愛知県  /  TB: 0  /  CM: 0

六本杉 

鳳来寺本堂左手の東海自然歩道を奥の院に向かって進むと、途中大きな切り株が見え「六本杉」の案内板がかかっていました。案内板によると白鳳元年(661)、利修仙人が霊木7本の1本を切って薬師如来を刻み御本尊とし、残り6本を「六本杉」としたとのことです。

現在残っているのは2本という情報でしたが、最初この切り株に匹敵するような太さの木に気付きませんでした。が、切り株の後方の急斜面にとても大きな幹が見えました。他の木に隠れて上部はよく見えませんでしたが、大御所登場という感じで、ここまで息を切らしながら登ってきた甲斐がありました。

●愛知県新城市
●周辺巨樹 傘杉
●撮影年月日 2017年10月24日

薬師如来を刻むために切られた大杉
171024鳳来寺 六本杉①

斜め後方に六本杉の1本と思える巨木。
171024鳳来寺 六本杉②

向かって右側から。上部は失われているような。
171024鳳来寺 六本杉③

それにしても根が凄い。
171024鳳来寺 六本杉⑥

向かって左側から。分かりにくい写真ですが、かなりな急斜面でした。
171024鳳来寺 六本杉④


鳳来寺
利修仙人によって開山、御本尊は薬師如来。大宝3年(703)に文武天皇から鳳来寺の名を賜り建立されたと伝えられています。
薬師如来は子授けに霊験あらたかといわれ、松平広忠夫妻が天下人となる男子を祈願し、徳川家康を授かったということです。
171024鳳来寺 六本杉⑤

住 所 愛知県新城市門谷鳳来寺1
交 通 JR飯田線「本長篠駅」よりバス新豊・田口新城線「田口」行き乗車
    「鳳来寺」下車 参道約1.2km+石段1,425段+東海自然歩道

鳳来寺MAP

Posted on 2017/11/27 Mon. 20:24 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

愛知県  /  TB: 0  /  CM: 0

傘杉 

約1.2kmの1参道から石段道になると鳳来寺の境内で、殺生禁断の神聖な場です。石段は九町(約1km)千四百余段あります。仁王門を過ぎて少し行くと傘杉登場です。鳳来寺山で最もすぐれた木で、傘の形をしていることからこの名が付いています。
昔、樵が傘杉に斧を入れると、切り口から血が吹き出し、切るのを断念したという伝説があります。

●愛知県新城市
●新日本銘木百選
案内板(1990)
樹高60m
幹周7.5m
推定樹齢800年

●周辺巨樹 鳳来寺ねずの樹(参道約700m+石段約300m)  六本杉
●撮影年月日 2017年10月24日

171024新城市 鳳来寺傘杉①

171024新城市 鳳来寺傘杉③

171024新城市 鳳来寺傘杉②

傘杉に近い仁王門は、徳川三代将軍家光により建てられました。国指定重要文化財です。
171024新城市 鳳来寺傘杉④


鳳来寺山
国指定名勝及び天然記念物です。標高695m、1500年前の火山の名残で、流紋岩、松脂岩、デイサイトなどから成ります。5月~7月には、コノハズクの「ブッポーソー」の鳴き声を聞くことができます。
171024新城市 鳳来寺傘杉⑤

住 所 愛知県新城市門谷上浦
交 通 JR飯田線「本長篠駅」よりバス新豊・田口新城線「田口」行き乗車
    「鳳来寺」下車約1.5km

傘杉MAP

Posted on 2017/11/24 Fri. 21:24 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

愛知県  /  TB: 0  /  CM: 0

鳳来寺ねずの樹 

鳳来寺山の約1.2kmの表参道の中ほど、旧門谷小学校への小道の角にネズの巨木が立っています。ネズはあまり大きくならないので、これだけのものは珍しいそうです。かなり白骨化していますが、それゆえの風情があります。生きている側から枝葉を伸ばして頑張っています。
案内板によると、樹高はかつては13mありましたが、平成8年に樹勢回復のため枯れ枝を切り詰めて現在の高さになったそうです。

●愛知県新城市
●愛知県指定天然記念物
案内板※(2000)
樹高9m13m
幹周3.52m3.52m
推定樹齢1400年300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 傘杉(参道約700m+石段約300m)
●撮影年月日 2017年10月24日

171024鳳来寺ねずの樹②

ネズの両側に文政10年(1827)の常夜灯が立っています。
171024鳳来寺ねずの樹⑥

171024鳳来寺ねずの樹③

171024鳳来寺ねずの樹⑤

遠くに開花してるしだれ桜?・・・と思ってしまいましたが、葉が落ちてしだれた枝の色でした。
171024鳳来寺ねずの樹⑧

すぐ近くの門谷小学校は、昭和45年(1970)に閉校しましたが、大正14年(1925)建築の校舎は残されています。
171024鳳来寺ねずの樹⑦


住 所 愛知県新城市門谷字下浦30-4
交 通 JR飯田線「本長篠駅」よりバス新豊・田口新城線「田口」行き乗車
    「鳳来寺」下車約550m

ねずの樹MAP(旧門谷小学校そば)

Posted on 2017/11/21 Tue. 04:58 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

愛知県  /  TB: 0  /  CM: 0

村上社のクスノキ 

「楠町」という町名の由来にもなったクスノキが、住宅地の中で枝葉を広げて鎮座しています。神社の境内というよりクスノキの敷地という感じです。元は八幡神社もあったそうですが、クスノキを守るために移転したそうです。
伏せた大きなお椀のような幹から大枝が何本も出ている姿はどこかユニークです。

● 愛知県名古屋市
●名古屋市指定天然記念物
案内板※(2000)
樹高約20m20m
幹周約10.8m(1.5m)6.67m
推定樹齢約1000年
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2017年10月23日

171023村上社のクスノキ①

クスノキを祀る鳥居、灯篭、小祠と思いましたが、御祭神は村上天皇でした。
171023村上社のクスノキ⑤

171023村上社のクスノキ②

171023村上社のクスノキ④


村上社
創建は不明です。御祭神は村上天皇。

住 所 愛知県名古屋市南区楠町17  村上社
交 通 地下鉄桜通線「鶴里駅」より約500m
    名鉄名古屋本線「桜駅」より約750m

村上社MAP

Posted on 2017/11/18 Sat. 06:18 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

愛知県  /  TB: 0  /  CM: 0

熱田神宮の大楠 

熱田神宮はクスノキが多く、現在6本が市の保存樹になっています。しかし立ち入り禁止区域の中に生えているものもあり、総てを見るのは難しいです。
名古屋市緑政土木局緑地部緑地事業課の平成27年度の保護樹木資料によると、神宮内の最大のクスノキは樹高25m、幹周9.4mとのことですが、立ち入れない場所にあるようです。

●愛知県名古屋市
●名古屋市保存樹木
●撮影年月日 2017年10月23日

参道のそば(手水舎の北)という一番目立つ場所に立つ大楠は、樹齢伝承1000年で弘法大師のお手植えとも伝えられています。
保存樹指定(熱田)4号 樹高36m、幹周6.8m。
参道を歩く人々が見上げたり、お参りしたり、写真を撮ったりと注目の大楠です。
171023熱田神宮の大楠①

171023熱田神宮の大楠⑦

171023熱田神宮の大楠⑤

大楠には蛇が住んでいるそうで、根元に蛇が食べる卵をお供えしているようです。
171023熱田神宮の大楠⑥


大楠から本殿に向かって進んで右側の信長塀のそばに、保存樹指定(熱田)5号のクス 樹高32m、幹周5.8m。 
もう1本が塀の北側にあるそうですが、立ち入り禁止です。
171023熱田神宮の大楠⑧


本宮の北東にある清水社のそばのクスは、保存樹指定(熱田)3号 樹高36m、幹周8.3m。静かな場所に鎮座しています。
171023熱田神宮の大楠⑨

そのそばには枯死してしまったクス。
171023熱田神宮の大楠⑩


熱田神宮
創建は不明ですが、第12代天皇の景行天皇時代(紀元前13~紀元後130)には崇められていたと伝えられています。 三種の神器の一つ「草薙の剣」が熱田大神として祀られています。

本宮
171023熱田神宮の大楠⑪

清水社 社殿の後ろに清水が湧いています。
171023熱田神宮の大楠⑫

住 所 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1  熱田神宮
交 通 名鉄名古屋本線「神宮前駅」より約500m

熱田神宮MAP


Posted on 2017/11/15 Wed. 06:31 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

愛知県  /  TB: 0  /  CM: 0

大田の大樟 

降りた駅の名は「太田川」ですが、町の名は「大田」、流れる川も「大田川」です。その大田川沿いの道から細い参道を入っていくと鳥居があり、すぐ先に巨樹のクスノキが枝葉を広げています。「楠王大龍神」の石碑が立ち、幹の空洞に小さい祠が祀られています。
空洞化で幹が大きく分かれているので、多方向から面白く撮れ、曲線を描くような注連縄も風情を増していました。

●愛知県東海市
●東海市指定天然記念物  東海市保存樹木
案内板※(1988)
樹高約12m12m
幹周約10m9.45m
推定樹齢800年・1000年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2017年10月23日

171023愛知 大田の大樟

171023愛知 大田の大樟②

171023愛知 大田の大樟④

171023愛知 大田の大樟⑤


大宮神社
創建は不詳ですが、熱田神宮の御祭神を分霊し祀られています。元は「大宮明神」と称されていましたが、後に「日本武尊社」に改称され、明治45年(1912)に「大宮社」になりました。
171023愛知 大田の大樟⑥

樟のそばには、東海市指定文化財の「荒古組山車」が安置されている建物があります。山車は天明2年(1782)建造です。
171023愛知 大田の大樟⑦

住 所 愛知県東海市大田町上浜田138 大宮神社
交 通 名鉄常滑線「太田川駅」より約650m

大宮神社MAP

Posted on 2017/11/12 Sun. 12:27 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

愛知県  /  TB: 0  /  CM: 0

県別巨樹