05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

出会った巨樹

木をメインに、風景写真や動物写真も時々載せてます

沼田城御殿桜 

沼田公園の西、沼田城址の石垣の上に御殿桜と呼ばれるヒガンザクラが立っています。沼田公園は桜の名所として有名で、その中の名木として、また沼田城の歴史を見守ってきた木として、公園のシンボル的な樹となっています。
案内板によると、慶長9年(1604)、城主の真田信幸が御殿桜のそばに3階建の隅櫓(水の手曲輪門)を築造しました。

●群馬県沼田市
●沼田の名木百選
案内柱※(1995)
樹高17m
幹周3.64m
推定樹齢400余年
※『沼田の名木百選』(群馬県沼田市 1995)

●周辺巨樹  沼田公園のケンポナシ
●撮影年月日 2017年4月25日

170425沼田城址御殿桜①

170425沼田城址御殿桜②

裏手に回ると、真田氏時代の石垣の上で鎌首を持つ生き物が敵を見張っているかのよう。
170425沼田城址御殿桜③

170425沼田城址御殿桜④


沼田城
沼田氏12代沼田万鬼斎顕泰が、天文元年(1532)4月に築城しました。37年後に沼田氏は滅びましたが、その後の沼田城は上杉謙信・北条氏政・武田勝頼・織田信長・真田昌幸・北条氏直に支配されました。天正18年(1590)真田信幸が城主となりましたが、 天和元年(1681)、5代城主信直の時に徳川幕府に沼田領を没収され、城郭も取り壊されました。

住 所 群馬県沼田市西倉内町594  沼田公園
交 通 JR上越線「沼田駅」より約1.2km

沼田城址公園 御殿桜MAP

スポンサーサイト

Posted on 2017/06/10 Sat. 06:01 [edit]

thread:

janre 写真

群馬県  /  TB: 0  /  CM: 0

県別巨樹