FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

出会った巨樹

巨樹・巨木・古木・・・ほとんど樹木です。命の大きさ、土地の歴史、人とのつながり・・・

磐椅(いわはし)神社の鳥居杉  

案内板によれば、元久2年(1205)猪苗代城主三浦経連が磐椅神社に社領を寄進し、2年後に現在地に遷座しました。その時に鳥居の杉として2本植樹されたということです。西側の杉は幾度も落雷を受け、昭和33年(1958)の台風で地上約15mを残して倒壊、現在は残った幹も無く1本だけになりました。

●福島県耶麻郡猪苗代町
●猪苗代町指定天然記念物  福島県緑の文化財第341号
※(1983)
樹高36m
幹周6.7m
推定樹齢800年
※『みどりの文化財』(福島県総合緑化センター1983)

●周辺巨樹 磐椅神社の大鹿桜
      士津神社のハイマツ(約500m) 天司のケヤキ(約1.9㎞)
●撮影年月日 2019年10月30日

二股に分かれた所から、山ザクラの寄生木が出ています。毎年開花しているそうで、杉と桜のご縁から「えんむすび桜」と命名されています。
19-10-30磐椅神社鳥居杉①

19-10-30磐椅神社鳥居杉③

19-10-30磐椅神社鳥居杉④

「えんむすび桜」にあやかって、ご縁イコール五円玉がいっぱい結び付けられていました。
19-10-30磐椅神社鳥居杉⑤


磐椅(いわはし)神社
創建は弥生時代の応神天皇の御代、大山衹神(おおやまずみのかみ)と埴山姫命(はにやまひめのみこと)を磐椅山(磐梯山)の頂上に祀ったのが始まりとされていま。す奈良時代に現在地に遷座されました。延長5年(927)の「延喜式神名帳」に載る由緒ある神社です。
会津藩初代藩主の保科正之は、神社を深く崇敬し「我死せば磐椅神社の末社となりて永く奉仕せん」との遺言書を残し、末社として西方に土津大明神(土津神社)が造営されました。
19-10-30磐椅神社鳥居杉⑥

住 所 福島県耶麻郡猪苗代町字西峰6199  磐椅神社
交 通 JR磐越西線「猪苗代駅」より約3.4㎞

磐椅神社MAP

スポンサーサイト



Posted on 2019/12/03 Tue. 06:16 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

県別巨樹