FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

出会った巨樹

巨樹・巨木・古木・・・ほとんど樹木です。命の大きさ、土地の歴史、人とのつながり・・・

九重神社のスダジイ 

巨樹のスダジイ2本が御神木として大事にされています。御神木は囲いがしてあるので、幹周を測るのに神主さんに立ち会っていただいて、恐縮にも手伝ってもいただいて測らせていただきました。

スダジイの写真を撮っていると、御朱印をお願いする参拝客が絶え間なく来ていました。後で調べたら、九重神社の御朱印は、一般的な御朱印・季節ごとに変わる「御神木御朱印」・月ごとに変わる「スダじい御朱印」と、御神木がモチーフ使われている珍しい御朱印で人気があるようです。

●埼玉県川口市
●川口市保存樹木
※(2000)※※実測(2019)
樹高20m・17m
幹周6.5m(主幹2.43m)・4.47m8.43m(主幹4.33m)・5.44m
推定樹齢300年以上
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース
※※株立ち幹周は、複数の幹の合計値

●周辺巨樹 密蔵院のツゲ(約50m) 峯ヶ岡八幡神社の大銀杏(980m)
●撮影年月日 2019年12月20日

191220九重神社スダジイ①


手前のスダジイは幹の傾斜が大きいです。傾斜側が重くならないようにか、枝は反対側に流れるように生えています。
191220九重神社スダジイ②

191220九重神社スダジイ③

191220九重神社スダジイ④


奥のスダジイは3本の株立ちです。
191220九重神社スダジイ⑤

191220九重神社スダジイ⑦

191220九重神社スダジイ⑨


テーブルに大枝が。平成30年(2018)10月1日の台風で折れてしまったそうです。
191220九重神社スダジイ⑩


●撮影年月日 2004年11月3日
2004_1117_212642-2004_1117・托シ第怦荳ュ譌ャ蟾晏哨0026_convert_20120214154959


九重神社
大宮台地の先端部、久保山と呼ばれる丘に建つ神社です。享保年間(1716~1736)に隣接する密蔵院の中興第十六世法印栄尊が武蔵一宮神社を勧請したことが始まりと伝えられています。御祭神は素戔嗚尊(すさのをのみこと)。明治時代の神仏分離と合祀政策で村社になり、近隣の8つの村社他計32社が合祀されました。村社が九社重なった神社であることから九重神社と改称されました。
191220九重神社スダジイ⑫

住 所 埼玉県川口市大字安行原2042
交 通 東武スカイツリーライン「竹ノ塚駅」西口より東武バス「安行原久保循
    環」行き乗車「安行支所」下車約450m

九重神社MAP

スポンサーサイト



Posted on 2020/01/21 Tue. 08:05 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

県別巨樹