FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

出会った巨樹

木をメインに、風景写真や動物写真も時々載せてます

宮鼻八幡神社の大ケヤキ 

迫力ある姿です。根は傷みが激しく、主幹部は空洞化し、アルミ製の帯で幹が解体しないようにか巻かれています。しかし樹勢は衰えておらず生命力の大きさを感じさせます。

写真を撮っていると、バイクに乗った初老の男性が境内に入ってきました。神社に用があるのかと思ったら、「教育委員会の人かい」と声をかけてくださり(木の案内板は教育委員会が作っているので関係者と思われた)木や写真の話などを色々と。
次には散歩途中の70代という女性が私のところに立ち寄られ、また色々とお話を。久しぶりに帰郷されたそうで、昔の神社の賑わいや、かつては獅子舞が盛んだったこと、この大木が子ども達の遊び場になっていたことなど懐かしそうに話して下さいました。

長い長い年月、多くの災いや変動に遭って今の姿になっているけれど、土地の人々を見おろしそこに在り続けてきた存在に感慨深いものを感じます。

●埼玉県東松山市
●東松山市指定天然記念物
案内板(2007)※(2000)
樹高12m
幹周根周8m6.14m
推定樹齢700年以上300年以上
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2012年11月8日

121108埼玉 宮鼻八幡神社②

121108埼玉 宮鼻八幡神社③

121108埼玉 宮鼻八幡神社④

121108埼玉 宮鼻八幡神社⑤

121108埼玉 宮鼻八幡神社⑥

121108埼玉 宮鼻八幡神社⑦

宮鼻八幡神社(天満天神社)
昔は宮鼻村の鎮守八幡社でしたが、八幡神社と改称され、愛宕社、山王社、稲荷神社を合祀しています。
宮鼻神社はかつては獅子舞が有名だったそうです。
「宮鼻八幡神社で獅子頭や「山のおくにさん」と呼ばれる1メートルほどの顔の赤い猿の人形(正式名:猿太彦之命)」を飾り、風雨柔順、五穀豊穣などを祈願します。
24年前までは、花見の舞、争覇の舞、誓盟の舞などの舞がある勇壮な獅子舞が行われていましたが、後継者不足等により現在、舞は中止しています。
山のおくにさんは山の神様で獅子舞行列の先頭に立ち、道案内をつとめていました。」(東松山市HPより)

121108埼玉 宮鼻八幡神社

121108岩鼻八幡神社2

住 所 東松山市宮鼻223-1
交 通 東武東上線「高坂」駅東口より約1.6km

宮鼻八幡神社(天満天神社)MAP

スポンサーサイト

Posted on 2012/12/19 Wed. 21:37 [edit]

thread: ★樹木★

janre 写真

埼玉県  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamash.blog110.fc2.com/tb.php/126-5413901d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

県別巨樹