FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

出会った巨樹

巨樹・巨木・古木・・・ほとんど樹木です。命の大きさ、土地の歴史、人とのつながり・・・

野木神社の大イチョウ 

案内板によると、この大イチョウは、今から約1200年前(平安時代延暦年間)に征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷討伐に成功し、凱旋の途中、野木神社に参りその功を奏でました。その奉賽として、神社を笠懸野台手函(現在の野渡大手箱)から現在の「身隠の森」に移築し、記念にイチョウの木を奉植したものと伝えられています。

巨木が多く、高い木の上方に向けて大きいカメラを構えている人たちが10人位いましたが、木を撮っているわけではないようです。訪れる人達に気さくに声をかけてくださる住職さんに伺いましたら、フクロウが住んでいるとのことでした。

●栃木県下都賀郡野木町
●野木町指定文化財  とちぎ名木百選
案内板(1982)※(1988)
樹高13m
幹周 9.67m(株立5本 主幹7.3m)
推定樹齢1200年300年以上
※環境省 巨樹・巨木林データベース

●周辺巨樹 野木神社のケヤキ
●撮影年月日 2014年5月4日

140504栃木 野木神社銀杏①

140504栃木 野木神社銀杏③

乳根(気根)がいっぱいだからか、母親が乳が出て乳児が健全に育つように米ぬかと白布で作った模型の乳房で祈願する民間信仰もあります。
140504栃木 野木神社銀杏⑤

140504栃木 野木神社銀杏⑥

野木神社
野木町公式HPの「歴史探訪」より
「およそ1600年前、仁徳天皇の時代の建立。平安時代の征夷大将軍、坂上田村麻呂が延暦21年(802)にここに詣で、勝どきをあげたといわれています。田村麻呂は、蝦夷の反乱を抑えられたのは「神の助け」として、そのお礼に社殿を新築し、宮地を現在の場所に定めたのです。
鎌倉時代になると、源頼朝が社領として田地を寄付したり、源実朝が神馬を奉納するなど、源氏の信仰が厚かったようです。
江戸時代には、古河藩主の崇敬も厚く、現在の社殿は、文政2年(1819)に土井利厚によって再建されたものです。」

140504栃木 野木神社

住 所 栃木県下都賀郡野木町野木2404  野木神社
交 通 JR東北本線「古河駅」より約2.6km

野木神社MAP

スポンサーサイト



Posted on 2014/05/17 Sat. 21:22 [edit]

thread: 花・植物

janre 写真

栃木県  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamash.blog110.fc2.com/tb.php/241-82db69a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

県別巨樹