fc2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

出会った巨樹

巨樹・巨木・古木・・・ほとんど樹木です。命の大きさ、土地の歴史、人とのつながり・・・巨樹信仰そのものや、御神木の多い神社の原初にも興味を持ち始めました。縄文時代や遺跡のことなども少しづつ載せていきたいです。

明治神宮の御神木楠 

都心とは思えない豊かな自然の中に明治神宮があります。巨樹の多い参道を進んで境内に入ると、本殿の両側にこんもりと見える御神木の楠が鎮座していました。本殿左側に夫婦楠があるということしか知らなかったので、思いもよらずのお得感でした。

●東京都渋谷区
●撮影年月日 2015年11月4日

151104渋谷区明治神宮①

本殿の左手に「夫婦楠」と呼ばれる、注連縄で結ばれた2本の楠があります。明治神宮が鎮座された当初からあり、縁結びの御神木となっています。
151104渋谷区明治神宮②

151104渋谷区明治神宮③

151104渋谷区明治神宮④


本殿右手には、「祈願絵馬」に囲まれた御神木の楠が立っています。紙に願い事を書いたり、絵馬を眺めたりしている人たちを見守っているかのようでした。パワースポットとして夫婦楠が有名なようですが、この木も劣らず良い木に思えました。
151104渋谷区明治神宮⑤

151104渋谷区明治神宮⑦


木造明神鳥居として日本一の大きさの「二の鳥居」。台湾産の樹齢1500年のヒノキで、高さ12m、幅17.1m、柱の太さが直径1.2m、重さが13tあります。この鳥居は二代目で、一代目も樹齢1200年のヒノキでしたが、昭和41年(1966)に雷で破損したそうです。
151104渋谷区明治神宮⑧


明治神宮
広大な敷地は、江戸初期以来加藤家、井伊家の下屋敷の庭園でしたが、明治時代に宮内省の所轄となり、代々木御苑として明治天皇と昭憲皇太后が度々訪れました。明治神宮は、崩御された明治天皇と昭憲皇太后を祭神として大正9年(1920)に建立されました。初詣は日本一の参拝者数を誇っています。面積約8万3千㎡の御苑は、建立時に100年後の自然林を見据えて植樹された人工の森です。

住 所 東京都渋谷区代々木神園町1-1
交 通 JR山手線「原宿駅」「代々木駅」・小田急小田原線「参宮橋駅」
または東京メトロ副都心線「明治神宮前駅」「北参道駅」
または東京メトロ千代田線「明治神宮前駅」

明治神宮MAP

スポンサーサイト



Posted on 2015/12/10 Thu. 09:50 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

東京都  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamash.blog110.fc2.com/tb.php/363-1de305e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

県別・樹種別など 巨樹巨木