06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

出会った巨樹

木をメインに、風景写真や動物写真も時々載せてます

御天狗山のカラマツ 

天狗岩社の由緒の案内板の奥を進むと、赤い木の鳥居がポツリと立っています。その奥を上がっていくと左手に、枝が上を向いたり下を向いたりの逆さカラマツが立っていました。
『緑の文化財』によると、天和年間(1681~1684)に共有地の境界木として植えられたと伝わりますが、天狗山の宮様の鳥居として植えられたという伝承もあります。

●福島県南会津郡南会津町
●福島県緑の文化財第408号
案内板※※
樹高32m32m
幹周3.32m3.2m
推定樹齢300年以上300年
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース(2000年調査)
 ※※『緑の文化財』(福島県総合緑化センター 1983)

●周辺巨樹  井桁鹿島神社のトチノキ(約300m)
       井桁鹿島神社のハルニレ (約300m) 
       二荒山神社の夫婦サワラ(約700m)
●撮影年月日 2016年6月3日

160603御天狗山唐松⑤

160603御天狗山唐松①

160603御天狗山唐松②

160603御天狗山唐松③

160603御天狗山唐松④


天狗岩社
案内板によると、延宝4年(1676)2月、火災で経文が焼けてその一部が舞いあがり鳥首岩に留るという言い伝えがあります。その後享保15年(1731)10月、子々孫々無火災を願って、古峯神社(栃木県鹿沼市)の分霊を火伏の神として鳥首岩に祀り、岩の名を天狗岩と改名しました。江戸末期、祠の破損で維持不能になり廃社に。御神体と棟札は氏子が保管しましたが、昭和60年(1985)再建されました。

「井桁」バス停そばの井桁豆腐店さん右手奥に天狗岩社の案内板があります。カラマツはその奥を進みます。
160603御天狗山唐松

住 所 福島県南会津郡南会津町八総字御天狗山
交 通 会津鉄道・野岩鉄道「会津高原尾瀬口駅」より会津バス「尾瀬沼山峠」
    行き乗車「井桁」下車
会津バス時刻検索

御天狗山のカラマツ周辺MAP

スポンサーサイト

Posted on 2016/07/27 Wed. 19:04 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamash.blog110.fc2.com/tb.php/435-c6c06038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

県別巨樹