FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

出会った巨樹

巨樹・巨木・古木・・・ほとんど樹木です。命の大きさ、土地の歴史、人とのつながり・・・

加蘇山の千本カツラ 

加蘇山神社本殿の脇から石裂山回遊登山コースに入れるはずが、途中まで行ったものの道が無くなり行けそうにありません。いったん神社を出て石段の前を通り過ぎると登山コースの道標がありました。進んでいくとかなりの倒木がありましたが、約20分位で竜ヶ滝休憩所に着き、そこから分岐点の道標に沿って進んでいくと霧の中から大きなカツラが見えてきました。
カツラは沢の中にあり、古くから縁むすびの神木として信仰されています。2本並んでいて2本とも主幹はすでに枯死していますが、下部は数本の幹が束状に立ち、中頃から分かれ枝が伸びて、全体として1本の大きな株を形成しています。

●栃木県鹿沼市
●栃木県指定天然記念物(2本)
案内板※(1988)※※
樹高23m   23m
幹周8m   6.1m9.58m(株立5本以上) 主幹6.76m8.93m(株立5本以上) 主幹6.25m
推定樹齢1000年
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース
※※『巨木学』(宮誠而 2015)

●周辺巨樹  加蘇山神社の大杉
●撮影年月日 2016年6月7日

160607加蘇山神社のカツラ

160607加蘇山神社のカツラ②

160607加蘇山神社のカツラ⑪

160607加蘇山神社のカツラ④

160607加蘇山神社のカツラ⑦

160607加蘇山神社のカツラ⑫

160607加蘇山神社のカツラ⑩

千本カツラを過ぎて奥に進むと、「中ノ宮」跡と岩の間に鎮座する「奥ノ宮」があります。ここまで来たら奥ノ宮まで行ってみようと登りだしましたが、険しい箇所が増え、おまけに雨の後なので滑ることといったら・・・かなり必死で登ることとなりました。

このすぐ上に東屋風の休憩所があります。
160607加蘇山神社中宮①

中ノ宮跡の休憩所。普通に登ればカツラからたぶん20分位の距離です。
160607加蘇山神社中宮②

160607加蘇山神社中宮③

中ノ宮跡から15分ほどで奥ノ宮へ行けるようなのですが、行者返しの岩、過去には岩場クサリ場で転落等の死傷事故、本格的登山やロッククライミング等の経験のない方は入山しないで、などの内容の警告看板あり。なんといっても濡れていて滑るので、このまま戻ろうかとも思ったのですが・・・やっぱ行きました。一歩一歩に気が抜けません。こんな参道は初めてです。岩場に長く垂れる鎖を眼の前に、登るのはまだいいとしても、マジで降りてこれるだろうか・・・結局、鎖の写真を撮るのも忘れて登りました。

その甲斐あって、道を塞ぐように崖っぷちに根を張る大スギに遭遇。霧の中に立つ姿は天まで届いているような。
160607加蘇山神社奥宮①

160607加蘇山神社奥宮②

160607加蘇山神社奥宮③

大スギを過ぎるとすぐに梯子。手すりや滑り止めが付いているのでこれは楽です。登りきれば奥ノ宮。
160607加蘇山神社奥宮④

ついに奥ノ宮。本当に洞窟の中に鎮座していました。
160607加蘇山神社奥宮⑤

重い気が漂っているようです。
160607加蘇山神社奥宮⑥

神社ではいつも「いい写真を撮らせてください」と願うのですが、今回ばかりは「怪我しないでまともに帰れますように」と願いました。
160607加蘇山神社奥宮⑦

160607加蘇山神社奥宮⑧

160607加蘇山神社奥宮⑨

住 所 栃木県鹿沼市上久我3440 加蘇山神社 
交 通 JR「鹿沼駅」・東武日光線「東武新鹿沼駅」からリーバス上久我線
    「石裂山」行き乗車 終点下車
鹿沼市リーバス

加蘇山神社MAP(神社から約30分)


スポンサーサイト



Posted on 2016/08/12 Fri. 20:19 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

栃木県  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamash.blog110.fc2.com/tb.php/450-03949541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

県別巨樹