07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

出会った巨樹

木をメインに、風景写真や動物写真も時々載せてます

三夜沢赤城神社のたわら杉 

赤城神社の境内は、樹齢300年以上のスギを中心として、ヒノキやアスナロ等の巨木が多くあります。その中でも群を抜く3本のたわら杉です。
たわら杉は、たわらの形をしているわけではありません。案内板によると、平安時代の武将、藤原秀郷(俵藤太)が平将門について上野国府(元総社)に来る途中に赤城神社に立ち寄り献木したという伝説があることから、「たわら杉」と呼ばれているようです。

訪問日は御鎮祭(3/21~4/11)で、参道から境内に入る階段の手前に紙垂つきの縄が張られていて、拝殿の扉は閉められていました。案内板があり、社内でうるさくしたり汚したりの輩は立入禁止のお知らせ。静かにしていれば入っていいのか、それとも縄が張られてるから静かでもいけないのか・・・結局、脇の細い参道から出入りをして拝殿で参拝している人たちが何組かいらっしゃり、私もそのようにさせていただきましたが・・・いけないことだったら、大変ごめんなさい。

●群馬県前橋市
●群馬県指定天然記念物
①中門右手前 ②中門左手前 ③中門の外
案内板(2001)※(2000)
樹高①②③各60m①②③各40m
幹周①5.1m  ②6.1m  ③4.7m①5.14m  ②6.25m  ③4.8m
推定樹齢各1000年
 ※環境省 巨樹・巨木林データベース

●撮影年月日 2017年3月29日

3本の杉は、拝殿と本殿の間の中門の前に2本、柵の外側に1本が横並びしています。中門には入れないので、中門前の2本は柵の外から見ることしかできません。
170329たわら杉 赤城神社③

高く伸びる中門内の2本
170329たわら杉 赤城神社⑤

反対側から撮影した3本。
170329たわら杉 赤城神社①

中門内の2本。左側が一番大きなスギです。
170329たわら杉 赤城神社⑩

170329たわら杉 赤城神社⑪

中門外のスギは、幹と垂直に伸びた枝が印象的
170329たわら杉 赤城神社⑬


鳥居そばに立つサワラは、境内に自生するサワラの中で最大の木で案内板も立っています。樹高28m・幹周2.95m・樹齢推定250年
170329サワラ他①

そばには池があり、鯉が悠々と泳いでいます。
170329三夜沢赤城神社①


三夜沢赤城神社
創建は不明です。案内板によると、東國経営にあたった上毛野氏の創祀以来、國使、武将に崇拝され、承和6年(839)には朝廷から従五位下を贈られ、元慶4年(880)に従四位上にあげられました。 延喜式には名神大社に列せられ、長元9年(1028頃)に正一位を授けられました。
本殿、中門、惣門、古文書は、県指定重要文化財に指定されています。
170329三夜沢赤城神社⑦

住 所 群馬県前橋市三夜沢町114 三夜沢赤城神社
交 通 上毛電鉄上毛線の江木駅・大胡駅・粕川駅・膳駅など、デマンド「ふるさ
    とバス」(要電話予約)のバス停のある駅から「赤城神社」バス停へ

ふるさとバス情報

赤城神社MAP

スポンサーサイト

Posted on 2017/04/08 Sat. 05:52 [edit]

thread: 史跡・神社・仏閣

janre 写真

群馬県  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamash.blog110.fc2.com/tb.php/528-8322eb82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

県別巨樹