FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

出会った巨樹

木をメインに、風景写真や動物写真も時々載せてます

木曾のイチョウ 

明歴元年(1655)、宗像神社を堂峰山から現在地に遷宮した時に植えられたものと伝えられています。御祭神の市杵島姫命(いちきしまひめのかみ)が弁財天に付会したことから「弁天様の大イチョウ」とも呼ばれています。

古い木ですが、樹勢も良く葉をいっぱいに茂らせています。たまに巨樹と周囲の植物たちが調和をもって仲良く生きているのを強く感じる時がありますが、宗像神社のイチョウもそのような印象でした。

●福島県喜多方市
●福島県緑の文化財第364号
案内板
樹高28m28m
幹周6m5m
推定樹齢400年余400年
 ※『緑の文化財』(福島県総合緑化センター 1983)

●撮影年月日 2017年6月21日

170621山都木曾のイチョウ①

170621山都町木曾のイチョウ

170621山都木曾のイチョウ③

170621山都木曾のイチョウ④


宗像(むなかた)神社
天喜年間(1053~1058)源頼義・義家父子が奥州征伐の時、家臣の宗像某が筑前の国宗像郡宗像神社の分霊を奉じ堂峰山に勧請されました。天正年間(1573~1592)伊達正宗軍の会津攻めで神殿、社殿等ことごとく焼失し荒廃しました。寛永年間(1624~1644)木曾の郷頭斎藤孫右衛門清永が私財を投じて再建、明歴元年(1655)に堂峰山から現在地に遷宮されました。
170621山都木曾のイチョウ⑤

住 所 福島県喜多方市山都町木曾574
交 通 JR磐越西線「山都駅」より約1km

宗像神社MAP


スポンサーサイト

Posted on 2017/07/24 Mon. 05:27 [edit]

thread: 植物の写真

janre 写真

福島県  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamash.blog110.fc2.com/tb.php/568-ff4e895f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

県別巨樹